2017年01月16日

Eternal Dusk その2

時間経っちゃいましたが、前回 http://youngparisian.seesaa.net/article/445262000.html の続き。


さて、展示会の開催です。初日のオ―プ二ングパーティはいけなかったのですが、ニ日目にトークで参加しました。


到着したらいきなり MORRISSEY がお出迎えです!

15578771_1572528636097524_8760069403590973154_n.jpg

あがる!!


そうそう、この写真自体にとてつもないマジックが封じ込められてるんですけど、実はこの日 私にもマジックが起きました。


ここに来る前に 「ジャンクショ−」 っていうアンティックなおもちゃとか雑貨市みたいなやつに行ってきたんですけど、最近の私はというと、そういうおもちゃとかには興味はあったりいいなと思ったりするものの もう買ったり集めたりはしてないんです。なので見るだけ見て楽しんで、そろそろ帰ろうかと思って出入口付近で振り返ったところ……なにやら缶バッヂがパラパラと。おもちゃとおなじくバッヂも最近はよっぽどのことがないと買ったりしないんですけど、ちらっとみたら、な、な、なんと これ!!!!

15541877_1573044142712640_2027232604760929737_n.jpg

ロミさんの写真 使ったやつじゃん!!!!


これね、THE SMITHS の 1st のインナー に使われてる写真ではありますけど、画像検索してすぐひっかるあれでもないし、MORRISSEY および THE SMITHS っていわれてパッっと思いつくような写真ではないんですよ。リアルタイムの初期ファンなら別ですけどね。つーわけで、運命を感じて即購入です。




さて、到着して会場をぐるりと回りましたが、もう大好きな写真ばっかり!!

15442226_1572594889424232_1330420320358628116_n.jpg
 

15578696_1572597476090640_9115259462802504801_n.jpg


どれもこれもが興味深かったなぁ。


さて、この日は私、トークセッションに参加。


スペシャルトークセッションに参加したのは、もちろん Romi さん、それから 久保憲司さんと CROSSBEAT の荒野政寿さんと私です。

荒野さんは一言でいえば 「ロックンロールの味方」 といってもいい方で、「え? CROSSBEAT がやってるメジャー誌にこんなのまでとりあげるの?」 っていうような偉業をこれまで多々やられてきた素晴らしい編集者です。いわばつっこみどころや、ケチのつけようがなし! ロックンロールへの愛情が隅々まで行きわたった御方です。


そしてロック・フォトグラファー、音楽ライタ―の久保憲司さん!
1980年代からイギリスに渡り、ニューウェーブやマンチェスター・ムーブメント、初期のレイヴを体験した人物で、その頃 ROMI さんと出会ったようで、同じ時期に同じロンドンの空気を吸ってた方です。

私は初対面でしたが、久保さんの著書 『ザ・ストーン・ローゼズ ロックを変えた1枚のアルバム』『ダンス・ドラッグ・ロックンロール 誰も知らなかった音楽史』 なんかは愛読しておりましたし、WEBマガジン 「久保憲司のロック・エンサイクロペディア」 もよく読ませていただいております。

ロミさんもよく 「ツネさんにケンちゃん あわせたーい」 って言ってくれてたので楽しみにしてたんですが、最高におもしろくて素敵な方でした。


そうそう、久保さんはこの MV に出てるんです


1 分 ちょっとのとこかな。



そんなメンツでのトークですから、これ話がおもしろくないわけなくて
当時の裏話を中心にめちゃめちゃもりあがりました。


この日、思った以上に多くの方がいらっしゃったんですが、トーク中に調査してみたところ圧倒的に多かったのが、THE SMITHS、MORRISSEY ファン。

皆さんめちゃくちゃ熱狂的!!!

そんな中で私もいろいろな方とお話させていただいたのですが、なかでもこのかいなってぃーさんのブログはホントに素敵だったんで、はっておきます。
http://blog.goo.ne.jp/kaina_honma0912/e/4d040c863745c5ffba0bc23331b646c4

当日の雰囲気がよくわかるんで読んでみてください。


続きます。


posted by TSUNEGLAM SAM at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

あけましておめでとう。

明けましておめでとうございます。

昨年はいろいろありましたが、バンド的には あの AA RECORDS から TAKACHO さんのデザインで、中村さんの録音で、7 インチをリリースできたことがなんといっても大きいです。


14291752_1457980437552345_5946369942034821348_n.jpg

しかも完売! ほんとになんというか、いいメモリアルになりました。

ライヴもレコ発をはじめ、企画などもいろいろ楽しくできました。


今年もつまんないことにとらわらず、澱んだ水や濁った空気に近寄らず、楽しく、かっこよくやっていこうとおもいます。




ってなわけで、本年 最初のライヴがきまりました。


2月4日(土)幡ヶ谷 CLUB HEAVY SICK
「LUX追悼ライブ ★Date with The Cramps★」
W/TOKYO CRAMPS, THE LEATHER GIRLS
and more


まだ詳しいこときまってないようですが、よかったら遊びにきてくださいね。

昨年もこのイベントには出演しましたが、その日から新体制となりました。というわけで、これでベースのハリーが HELP 加入して一年となりますね。
ホントに彼は我々をフレッシュな気持ちに蘇らせてくれて感謝してます。


というわけで、本年もよろしくおねがいいたします。

15390817_1565749130108808_7107671608596461297_n.jpg


ROMI さんの展覧会のことの続きはまた書きます。

posted by TSUNEGLAM SAM at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

KEIJI RONSON 予定と TSUNEGLAM SAM 予定

本日 12 月 28 日 幡ヶ谷 CLUB HEAVY SICK にて
WILD ROCKIN' HOOTENANNY! -Year end session party- なるパーティがおこなわれます。

メンツが凄い。

〈SESSION PLAYERS〉
・ROCKIN' ENOCKY(Jackie & The Cedrics)
・MICHAEL(The Great Mongoose)
・MOTOR-KEN(The Titans/Winstons)
・MIYAGI(Texaco Leatherman)
・FABIAN(The Minnesota Voodoo Men)
・PETE(The Minnesota Voodoo Men)
・NAOYA(Bobby's Bar)
・BILLY TRASH(Ed Woods)
・TETSUYA HAYAKAWA(The Oowees)
・CHOCCO(ルリイロ/キツエン)
・346(ニゴ/The Oowees)
・MARI(Black & Blue/キツエン)
・MIKA BAT(Theee Bat)
・RIE(Stompin' Riffraffs)
・KEI YOSHIDA(That's a NO NO!)
・NAONAO(Vivian Boys)
・HIDEKO(Demeniguis)
・NISHIOKA DIDDLEY(Childish Tones)
・AMEKU(Back From The Grave)
and more

〈DJ〉
・MARIO(Garage Rockin' Craze)
・CLARKE(Garage Rockin' Craze)

〈OPEN/START〉19:30
〈DOOR〉1,000yen(w/1D)

K.RON になんかおもしろそうだねー って言ったら、「忘年会みたいなもんすよ」 って言ってたんで、そんな感じかとおもいます。

私もいきます。




つづいて 私、TSUNEGLAM SAM

こないだお誘いいただいて参加したセッションバンド The Little Games におよばれいたしましてまた参加させていただきます。

前回のもよう。
http://youngparisian.seesaa.net/article/441705157.html


大晦日です!


2016.12.31 @ UFO CLUB
【キィキィ A GO GO!年末SPECIAL!!】
/LIVE; The Little Games, コステロズ, THE LEATHER GIRLS, Virgin Crab Band, THE ELEKING, The Marmites, キィキィ A GO GOズ
/DJ; 笹井トシオ(BLAST JAMS!!), 鈴木やすし, Bangie(The Steed Hooves)
/手品; タクト小林


よかったら遊びにきてね!

posted by TSUNEGLAM SAM at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eternal Dusk その1

ここで何度も書いてきました元 GUN CLUB の ROMI さんの写真の展覧会が開かれました。

Romi Mori Photo Exhibition「Eternal Dusk」
romimori1.jpg


まず、展示会に先がけて DOMMUNE に出演しました!

15542321_1013931245402206_8811571098685733058_n.jpg

出演はライターの山口智男さんと KiliKiliVilla のヨダタロウさん、そしてもちろん主役の ROMI MORI さんと 4 人でお話いたしました。



私はトークライヴ大好きおじさんなのでとてもうれしい機会でした。

DOMMUNE といえばあのグラフィックデザイナー、映像作家、VJ として有名な宇川直宏さんが運営してます。そして宇川さんといえばもう! ね! 私にとってはある種あこがれの人で・・・・(以下略)。そんなわけで宇川さんに会えるのも楽しみでした。

そしてライターの山口さんとお会いできるのもすごい楽しみにしてたんです。

というのも山口さんはこちらの本で
64071-3-478x680.jpg


GUN CLUB についてものすごい愛情にあふれる文章を書いてらっしゃるのです。これは必読!
この本は他にもFLAMIN' GROOVIES をはじめいろんなロックンロールバンドのことがみっちり掲載されてるので 是非ご覧くださいませ


んで、これ読んでいつかこの方にお会いしてみたい!っておもった次第です。


そしてヨダタロウさんも英国のロック〜ダンスカルチャーの流れを物凄く良く知ってらっしゃる方で、お話もとても楽しかったです。


あと、その日ヨダさんは DJ もやってらしたんですがこれまた最高の選曲でしたね。

CzuRpbYUkAAsNYJ.jpg


それからもちろん ROMI さん! この日も貴重なお話をたくさんしてくださいました。
ROMI さんのお話はいつきいても刺激的です。

そしてこの日は ROMI さん ライヴも!
15590654_10211468405255912_8298602880893748915_n.jpg

ROMI さんは今回 ベースではなくギターを担当! ROMI さんが生で演奏してるのは始めてみましたけど、めっちゃめちゃかっこよかったです!


あの独特の荒廃退廃な GUN CLUB ワールド、ムードを全部ひとりで背負ってるような感じで最高だったです


そしてパートナーは DAS BOOT などなどに在籍したハヤカワくん!

私がこうして ROMI さんと繋がったのも実はハヤカワくんありきだったりします。

ハヤカワくんは控えめな人なんでそういうことは自分で言わないと思いますが、重要人物ですよ、ほんとに!

15492320_10211435776480213_3642215062047206609_n.jpg

ハヤカワくんと私は結構趣味があったりして、いつかなんか一緒にやりたいなと常々話しているしだいです。




そんなわけで展示会の話に続きます。






次の番組に出演するゴールディさんと。
15442251_1569650106385377_4703194782855468508_n.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

wedance 観に行ったよ。

WEDANCE が来日!

韓国で 2 回観て 日本で 2 回観てるから 5 回目だよ。


言うまでもなく今回も最高でした。


一曲目から日本語で 「準備はいい?」 つって名曲 「Ready?」 をはじめたんですけど、正直心の準備はまだでした。




最初から最後までほんとに素晴らしく刺激的なライヴだったな。








さてさて、チャーミーさんの相棒となって立ち上げた Transceiver Records より今年の頭 「大韓不法集会」 をようやく世に放つことが出来、私もそれにかかわれたことは本当に素晴らしい経験でした。


K-POP やアジアンミュージック好きだったり、サイケ好きが好む大韓ロックだけではなく、現行の韓国インディーズのなかにも刺激的な、いや衝撃的な連中がいるので、それをもっと知ってほしい! ってな気持ちだったり
あと、韓国のロックってものが こう特殊なものではなく英米のそれを聴くのと変わらない感じで (※もっととんがってるし、かっこいいけどな!) 、みんながごく自然に聴くような環境になんないかなってな気持ちも強くありました。



あれからなにか変わったか? 


そんな激変はなかったかもしれないけど、


disk union には韓国インディーズの商品がおかれるようになり、twitter などでも、明らかにこれまで韓国の音楽に興味がなかったような方々も 「wedance」 「ムキムキマンマンス」 などなどなどの名前をつぶやくようなことになりました。


徐々に徐々にだけど、やっぱ変わってきたよね。状況は。



いや、もちろんね wedance のことはもっと前から知ってるぜ! って人は山ほどいたと思うし、wedance を招聘した utakata records さんはずっと前から地道にやってこられたわけで、私なんかは遅れてその後から騒いでるわけですから、ほんとにリスペクトいたします。

そうした方々が個別にやってきたことが繋がってもっともっと爆発していったら今後もっともっとおもしろくなると思います。




会場で元 COKES とタクミくんや、 CAR CRASH のホンマくん、それから大学の時の友達にも会えてうれしかったな。





wevo と再会。

15391055_1565513650132356_8210446592428570926_n.jpg


15380275_1565522793464775_4911640230985171266_n.jpg


また会いたいね。



あとね、今年 NEW ORDER 観に行ったけど、変な例え話だけどぶっちゃけ WEDANCE の方がよかったよ。
そのくらい最高だったんだ。
posted by TSUNEGLAM SAM at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする