2012年11月22日

Feel Like Rockin'

またまたしばらく経ってしまいましたが いまだ感動も興奮も覚めやまずです。

Little Elvis Ryuta & the S.R.P. のワンマンにいってまいりました!

390060_556629851020746_1771441839_n.jpg



いやーーー素晴らしかった!!


ほんっとに感動しました!!

前々からこのバンドはワンマンで観てみたいと思ってましたんで、たっぷり観れてすごい充実感がありました。

名場面は山ほどありましたが、一番たまげたのは Ryuta さんがドラムを叩いたことです!
559207_556629547687443_270841688_n.jpg

その後、驚きすぎて写真撮れませんでしたがドラムの TJ 氏がギターを手に取りフロントに立ちまさかのメインヴォーカル! Shakin'Pyramids をかっこよくキメておりました!



それから

テディボーイアンセムであるこの曲を


Little Elvis 先生のご教授のもと
36587_556629284354136_341290553_n.jpg

一同大合唱となりました。

この時、あのレベルフラッグが配られたんですけど、私はこないだこの映画を観たばっかりだったんで怖気づいて遠慮しました。

(全く関係ないけど、ハーシェルゴードンルイスの映画は超おもしろいです)


発売してからもうずーーーっとヘヴィーローテーションのニューアルバム 「Feel Like Rockin'」 の曲もやっぱりライヴで聴いても最高でした。




ほんとパーフェクトなロックンロールバンドだなぁ

いつ観ても楽しいし、いつ観ても元気が出る。

ライヴを観ながら思ったのは

「俺もロックンローラーになりてぇよ!」

ってことでした。 すっかりティーンエイジャーに戻してくれました。

まさに Feel Like Rockin' です!


今後もずっと見続けていきたいバンドです。

あらためてそう思いました。



それから関係ない話ですけど

私、先日ある御方に大好きな映画 「ワンダラーズ」 のずっと欲しかったジャンパーを譲っていただき、この日も喜んで着ていったんですけど、全然知り合いじゃないお揃いの 「ワンダラーズ」 軍団がいらっしゃってて、しかも彼らは髪型とかもバッチリ決めてて、ジャンパー以外はいつもどうりの私はちょっと恥ずかしかったのでした。

9292_553232884693776_538528375_n.jpg

友達のヨーイチローくんがワンダラーズの敵対チーム Fordham Baldies の写真が載ったジャケット着てきてたのもまた最高でした。

219b7a442c0b11e2986c1231381920c4_7.jpg




posted by TSUNEGLAM SAM at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

点が線に

ずいぶんたっちゃいましたけど、荻窪 club Doctor にギミーズ vs フェイスフルを観にいきました。


って、これ iphone の写真をさかのぼって書き忘れはないかをチェックして書いてるわけですが。

行ったライヴについては一言でも書いておかないとなんとなく自分的に気持ちが悪いのですよ。

そんでなかなか次へ進めず、過去のことばかり記し、来るべき未来への預言めいたことも書けないままでいるんです。




とにかくまぁ久しぶりに観たフェイスフルは相変わらずかっ飛ばしてて最高でした。

599576_553842087966189_50868740_n.jpg

603951_554224771261254_1373882402_n.jpg

まさかのこの曲のカヴァーとかもあってうれしかったな!!




続くギミーズは日本屈指のライヴバンドですので、いつなんどきも気合の入ったロックショーを展開。

486299_554241757926222_1987193828_n.jpg

この安定感はすごいなーといつも思います。

この日はフレッドソニックスミスの命日だったんで最後はセッションで 「Kick Out the Jams」をやってて、楽しかったです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんだかもう遠い昔の話のようですが、先月末から今月末にかけての東京はちょっと異常事態でした。

だって、SWEET は来日してるし、DOMNICKSも来てる。

そんでもってなんと The Circles まで来てました!

とはいえ、私は NEO MODS にはぜんぜん明るくないもんで、正直に申しますとそこまで関心がなかったのです。まぁ、そもそも SWEET とかぶってましたからね。もし行きたくても行けなかったんですよ。

しかし、CIRCLES には昨年 NEON HEARTS として来日したマーティンとキースがいます!

さらに! 今回ベースで参加してる Circles のオリジナルメンバーのグレンさん、この方 後にジャコバイツ〜バウンティハンターズに在籍した方だそうじゃないですか!



それはぜひ会いたい!!!

ツアー終了後、ぷあかうに来るってんで行ってみたかったんですけど、ライヴ行ってないのになんだかずうずうしいじゃないですか。私はこうみえてそういうところはほんのちょっとだけ気にするんですよ。

マーティンとキースは昨年来た時にもお会いしてめちゃめちゃいい人だったんですけど、トリビュート盤に参加していながら私が都合があわなくてライヴに参戦できませんでしたし観にも行けなかった、そんで今回もまた行けなかったわけですからなんだか申し訳ない気持ちなわけですよ。

とかなんとかウジウジしてたところ、ある御方が 「自分がアメリカでライヴをやった時にライヴには来れなかったけどどうしても会いたいっていうファンがきて嬉しかったよ」 と素晴らしい意見を教えてくださり、それもそうだよな! っと都合良く解釈した私は会いにいってまいりました。


前置きながいな。



でも、そうやって会いにいったところでマーティンもキースも昨年一回会っただけですしね、共演したわけでもないわけですから覚えてない可能性も大きいんですよ。
そんなことを思いながら端っこの方に気配を消して座っておりましたら、二人とも私もみつけるなり 「オー! ツネ元気か?」 っときたもんで、さらに申し訳ない気持ちが倍増です。

この御二人めちゃめちゃいい人なんですけど、もちろんただのいい人なんかではなく、最高にかっこよく、おまけにすごい音楽好きです。だってずーーっとぷあかうのレコード棚漁ってはなにかかけ始めますからね。会話も音楽のことばっか! 最高!



そんで、グレンさんですが、もーーうとにかくクール!

めちゃくちゃかっこいい!!

すげー緊張しちゃうよ!


この人も二人以上の音楽好き。音楽の話しかしません!


最高!


ちゃっかり写真も撮りました。かっけー!
68364_428391313892159_1017421337_n.jpg

こちらマーティン。ちょっと伊吹吾郎似。
67116_553884797961918_1620368553_n.jpg

キース。男前!
400284_553891027961295_60268307_n.jpg

3人ともホントにいい人で、また会いたいし、次回は絶対ライヴ観たいです!

あと、おもしろかったのはマーティンに 「あと二日あるけど、東京でどっか行ったらいいとこある?」 って聞かれたので、明日も明後日もぷあかうに来たらいいじゃん! って言ったら、ほんとに 3 日連続いらっしゃってました。最高だな、この人。



NEON HEARTS, CIRCLES, DOG'S DAMOUR から KILLING JOKE まで繋がってるのは認識してましたが、グレンさんの登場でそこに JACOBITES が入ってきた。我々それぞれが愛してる点と点が線になっていき、それが強固なサークルになっていく感じを実感した日でした。







posted by TSUNEGLAM SAM at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

WE WANT SWEET! WE WANT SWEET!

時間経っちゃいましたが SWEET との共演のことを。


我々はまぁいつもどおりのライヴをやりました。

しいていえば、歌詞に SWEET の 「Teenage Rampage」 の一節が出てくる 「'74 club」 というオリジナル曲をやったくらいです。

あ、そうだ。 あとコレつくりました
299851_553810261302705_863550043_n.jpg

正直、メークよりがんばりました。

ステージに持って出たら、わりとうけたんでよかったです。
405028_552949791388752_439374981_n.jpg

もちろん記念写真も。
314249_556106764406388_1220885054_n.jpg

20194_556105064406558_1658056730_n.jpg

SWEET はヒット曲めじろおしでとても楽しいライヴでした。
317167_553269221356809_1644098778_n.jpg

ANDY さんのあのギターが生で聴けたのがすごいうれしかったですけど、ギター以上に “あの声” のコーラスが健在で最高でした。

SWEET は当たり前の話ですが、完全に “プロフェッショナル” でした。メンバーのみならずスタッフもプロ感がすごい出ておりまして、観光気分でツアーにきてるわけじゃまるでない感じでした。

復活したわけでもなく、日本に来るために集まったわけでもなく、オリジナル・メンバーが一人しかいなくても、ずっとプロフェッショナルなバンドとしてオファーを受けながら続けてきてるわけで (この後もいろいろツアーが決まってるようなこと言ってました)、そりゃあまぁそうだよなと後になって納得しました。

そんなわけで、バックステージでも簡単に話しかけれるような状況ではなかったんで大した交流もなかったです。

唯一、アンディさんが K.RON と CAR ALL のギターはリイシューかオリジナルかと気にしてましたので、私は自分の持ち物でもないのに 「オリジナルだ!」 といばっておきました。

あ、とかなんとか言うと誤解が生じますが、メンバーはすごくいい人でしたよ。まじで。



ライヴ後はグッズも購入し
182582_553223651361366_67457426_n.jpg

12679_553222651361466_1126765288_n.jpg

548414_553217838028614_136236601_n.jpg

サインももらい
546838_553204868029911_1267075196_n.jpg

599190_553208468029551_1249083340_n.jpg


大満足です。
557679_552947738055624_1256846021_n.jpg


ご来場の皆さん ありがとうございます。

それからまた素晴らしい機会を作ってくださった Vinyl Japan さんもありがとございました。
いろいろ気を遣っていただいて嬉しかったです。



最近、すんげー忙しいんでブログいつかけるかわかんないんですが また!

posted by TSUNEGLAM SAM at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

SWEET

いろいろ書きたいけど、今死ぬほど忙しい & 原因不明のグルグル病の治療中なんで落ち着いたらまた!

とりいそぎアンディ・スコットさんと私。
557679_552947738055624_1256846021_n.jpg
posted by TSUNEGLAM SAM at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

だめおし

このギターにこのコーラス!


最新のカバーアルバムも最高!





絶対楽しいよ!
posted by TSUNEGLAM SAM at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Glam Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

SWEETがやってくる!(つうかもう来てる)

今年はすごい年だ。


SILVERHEADの来日は本当に驚いた。



オリジナル グラムロックバンドが観れるなんて夢のようじゃないか。



絶対観にいってやる!



と、思ってたら、共演の話をいただき素晴らしい経験をさせていただいた。


そんで、今度はSWEETが来るっていうから、またビックリ!


絶対観に行こう!  それが我が国を勝手に代表するグラムバンドのボーカルとしては当然のグラム活動です。



と、思ってたら、また共演のお話をいただいた。



ありがとうございます。



でも、アンディしかいないんでしょ?

って、お思いの方も多いかと思いますが、アンディしかいないのにスウィートでやってる意味を考えた方が楽しいじゃないのよ。


でしょ?


ブライアンコネリーもミックタッカーも天国ですし、

スティーヴプリーストはスティーヴプリーストで別に SWEET をやってるわけで、それでも呼ばれてやってくる ANDY。



悪いわけがない!!



絶対最高ですよ!



つうわけで、私たちも最高のライヴやって

ANDY にあんたたちの世代のせいで、僕らはこんな病気になっちゃったんですよ!

と、教えてやりやたいです。



そう、我々はグラム病なんです。



前売り予約 昼くらいまではメールみれます。

youngparisian@hotmail.com

お待ちしてます!

sweet_0805_f.jpg


posted by TSUNEGLAM SAM at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Live Schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

プンクボイシネ レコ発 最高だったです

続きまして、日曜日の 「プンクボイシネ」 レコ発のことを。

プンクボイとヤングパリジャンってなんか意外な感じがしますが、プンクボイ氏というよりむしろ 「ロマン優光」 さんの方ではありますが、私はなんだかんだで長い付き合いになります。実はロマンポルシェ。の 「男峠」 の中ジャケにも私の写真が載ってたりするんですよ。

で、合体バンドの SINE の方には TODDLE の江崎さんが在籍。江崎さんは結構昔に NEON GROUP の REO さんに紹介していただいたことがありますし、私が前に居候してた先のすぐ近所に住んでたもんでよく出くわしたりしたこともあったもんですが、こちらもわりと遠くて近いような近くて遠いような存在でした。

それがこんな形でご一緒できるとはなんとも不思議!

まぁ、とにかくいろんなジャンルの CRAZEEE な方々が大集結したこのイベントにお呼びいただきすごくうれしかったです。

敬意を表しこの日はロマンポルシェ。の T シャツで出演いたしました。

155323_365658236861896_1693923943_n.jpg

この日ばかりは、ステージに出ていくまでどんなリアクションが待ち構えてるかさっぱりわかりませんでしたが、けっこう楽しんでもらえたようで、、、やってて楽しかったです!!!




いやーしかし楽しいイベントだったな。

異種格闘技とかよく言いますけど、ただ単に寄せ集めただけだと、お客さんも観に来たバンドを観て終わりだったりしますしね。ましてや O-nest みたいに上にバーみたいなゆっくりできる場があったら尚更ね。

でも、この日はプンクボイを中心においたイベントでしたんで、どのバンドもなんかあるんじゃないか? っていう空気がすごい立ち上っておりまして、とてもいいムードで進んでいったような感じでした。

私にとってもものすごく刺激的な夜でした。


TEXACO LEATHER MAN もなんだかんだでめったに一緒にやれないですからね!

TEXACO 超かっこよかったなー!

578984_550540488296349_1972290978_n.jpg

真.JPG

この唯一無二の存在感! 

CRAMPS がパンクにもガレージにもサイコビリーにもあてはまりつつも CRAMPS は CRAMPS でしかなかったのと同じく TEXACO は TEXACO でしかないんですね、やはり。



あと、キエるマキュウ 初めてみたんですが、マキュウにはあのイリシットツボイさんがいるんで凄く楽しみにしてました。

私は ECD が好きでよくライヴを観にいってるんですけど、そのうち破天荒なツボイさんがすげー好きになってしまいまして、あのツボイさんと一緒にステージに上がれるなんてすごくうれしかったです。



しかし、DJ なのになぜかドラムを叩きはじめるツボイさん。。。
真.JPG

なにが起こるかわかんないイベントでかなり予測不能なことをしてくれて、すごく面白かったです。


で、この日の主役のプンクボイシネですが

久しぶりにとんでもないものを観ました。。。。

いろいろ書くより動画みてください。

カオスとしか言いようがないです。






よくある言い回しでなんですが、ホントもう神がかってました。
547014_550563748294023_1991521580_n.jpg

この場だけはなんでもプンクボイの思うがまま! ってかんじで。

すさまじかったな。

最後はとんでもないサーチ&デストロイで終わりましたけど、胸騒ぎがとまらないライヴでした。
今おもいだしても興奮します。

また観たいなーーー



そんなわけで、最高の夜でした。

観にきてくれたみなさんありがとうございました!!

そしてプンクボイシネのみなさんありがとうございました!



おまけ

一番前でみてたらいきなり押し倒された KEEN MONKEY WORK のマツオカ君。
写a真.JPG

真.JPG

この日 DJ をやられてた、あの根本敬先生と!
406951_551908868159511_337227553_n.jpg




さて、明後日は遂にコレ!!!

sweet_0805_f.jpg

前売り予約は youngparisian@hotmail.com まで!!
posted by TSUNEGLAM SAM at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする