2013年03月27日

ちゃんとなった

bks_0326.jpg



posted by TSUNEGLAM SAM at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

ヤングパリジャン 深夜興行“BOYS KEEP SWINGING” 決定


4月20日(土) 下北沢 SHELTER
Young Parisian presents
“BOYS KEEP SWNINGING”
YOUNG PARISIAN
the geno
FLASHLIGHTS (←Reo Yokomizo new group)
open / start 24:30
DOOR:¥1800
INFO: SHELTER 03-3466-7430



iphone のアプリで作った即席チラシ。

734276_631934740156923_1951090581_n.jpg

きてね。
posted by TSUNEGLAM SAM at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Live Schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

土曜のライヴ。写真と動画。

すごく楽しかったです。ありがとうございました。

ライヴのことはまた書くとしまして、とりいそぎ、写真と動画。



人生初のカラーコンタクトに挑戦。ツネリン・サムソンです。
62170_625238177493246_1213980673_n.jpg

カラコンどころかコンタクト自体はじめてでした。超たいへんなのね。コンタクトしてる人、全員尊敬します。

メークもなんだかよくわかんないですけど、鳥みたいでいいかな。
480632_625320604151670_1438203778_n.jpg

FIFI さんが撮ってくれた ROCK で FUCK してる一枚。
734520_625312930819104_775714402_n.jpg

いわゆる猪木 アリ状態。
581928_625777017439362_59100425_n.jpg


新曲その1 Kevin Ayers に捧げました。「You can't shine If you don't burn」


新曲その2 「RED & BLACK」。できそうでできないシンプルなロックンロール。



そんでもってビックリカバーは FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD の RELAX!!  


ちょっと歌が走りすぎちゃったな。 またやります!


いつかサーチライト片手に!
posted by TSUNEGLAM SAM at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

君だけに愛を



タイガース大好き!



先日、取材をうけました。

GS およびタイガース / ジュリーに関するインタビューを受けました。
喋りたおしてます。

Z322017204.jpg
※ 2013 年 3 月 14 日(木)発売
シンコー・ミュージック・ムック
ロックジェット Vol.51 1,260円

GS のこと喋ってたつもりが、気がついたら何故かビートたけしのことを語ってたりしましたけど、出来上がった原稿を読み直したら自分で言うのもなんですけど面白い感じです。自分で言うのは恥ずかしいのに自分で言うくらいだからホントに面白いんですよ。

是非読んでね!


さて、何度も書いてますけど明日ライヴです。

この後、正式に決定してるライヴ予定はないので是非おこしくださいませ!

なんだか久しぶりにステージに立つ気がして、明日が楽しみで楽しみでしょうがないです。
いつもどおり、いつもどおりじゃないライヴをお届けいたします。


前売り予約は youngparisian@hotmail.com、twitter の DM などでよろしくです。

20130309.jpg




posted by TSUNEGLAM SAM at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

サプライズ病





みんなを驚かせたい。


友達どころかメンバーをも。


これまでずっと、そう思いながらやってきましたが、



しかし、最近 ちょっと考えが変わりました。


今、思うのは



世界を驚かせたい。






2013年、グラムロックの一番 先端にいるのは YOUNG PARISIAN です。


間違いない。




次回はとりいそぎカバーでビックリね。


お楽しみに。


304788_513219235361808_546525098_n.jpg


※ 写真はテキトーに選んだから、本文とは関係ないわョ
posted by TSUNEGLAM SAM at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

次回のライヴ 出演バンド

主役の THE HARPY'S


大好き! VIVIAN BOYS と久しぶりの共演!


ED WOODS ともこれまた久しぶりです。


こちらは初共演の ROCKET JACK VADERS


YOUNG PARISIAN



DJ: PACKMAN

Video streaming by Ustream


前売り予約は youngparisian@hotmail.com までおねがいします。


20130309.jpg


posted by TSUNEGLAM SAM at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

LET IT ROCK




なぜそれが出来たのか。

なぜこんなにも素晴らしいものができたのか。

そしてなぜそれは今も残っているのか。

それを常に考えている。



“あるもの” を作り出すとこからはじめる。

例えば我々がやろうとしてるグラムロック。

T.REX や ZIGGY STARDUST を徹底的にねちっこく聴いて、徹底的にいやらしく調べ、その構造や世界観を知る。彼らがなにを作ろうとしたのかを考える。
(って言いましたけど、まだまだまったく全然そこまでの努力は出来てないです)

そんで一個でも方法論がわかったら

真似てみる。

もちろん真似ようと思ったとこで簡単に真似れるもんじゃない。

そこで考える。

根本的に考える。

この人らはなにを聴いて、なにに憧れて育ったか。

その時代に流行ってた音楽はなんなのか。

これはかなり重要である。

今はなんかアンダーグラウンドこそカッコイイみたいな価値観もあるけど、当時はそんなのなかったはずです。売れたい、有名になりたい、TVに出たい、スターになりたい。

これ当たり前のことです。

まだメインストリームのロックが腐ってしまう前ですからね。

そうするとその頃、なにがチャートの上位をしめてたのか、なにが流行ってたのかは重要になります。

更には「それに近づこうとしてた」か「それから離れて違うものにしようとしてたか」も考えねばなりません。

あと重要なのは出身地。

特にアメリカは広いです。州や町ごとにローカルヒーローがいます。

もしかしたらその方々のライヴを観て衝撃を受けたり、憧れた可能性もある。

そうなると何年生まれかも重要になってきます。

デヴィッド・ヨハンセンは子供の時、なにを聴いたり観たりして育ったのかを考える。

兄弟、姉妹の有無も調査する。

これらのことを総合的にとらえ、イチからつくっていくんです。

例えばパンクのつくり方。

パンクが誕生する前の音楽シーンや世相、それ以前に流行ってた(流行らなかった)音楽やカルチャーを考えに考えぬいて、新しいことをやろうとする。

そうするともしかしたら、既存のパンクと全く違うなにかが出来るかもしれません。

私は今 それを実践してみようかと日々妄想してます。

セックス・ピストルズ誕生前、マルコムとヴィヴィアンがテディ・ボーイ向けに「LET IT ROCK」を経営していましたが、もし、その時、マルコムがマネージメントしてロックンロールバンドを売り出そうとしたら、どういったスタイルになったのかと。

それを頭に置きながら、新しい曲を作ろうとしている。



道は険しい。






xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


さて、上に記したことは日々考えてることです。

まだまだいろんなことにたどり着けないながらも新曲 2 曲できました。

びっくりカバーも一曲。


この 3 曲を次回のライヴでやります!!


世界を驚かします。


20130309.jpg




posted by TSUNEGLAM SAM at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする