2013年09月27日

今夜カブナイト

今夜、ぷあかうで THEEE BAT のベーシストである謎の男 KUB ちゃんのトーク & ミニライヴイベント 「KUB NIGHT」 があります。

司会は私。ライヴは KUB ちゃんと KEIJI RONSON とのセッションになります。

相変わらず打ち合わせとかしてないですけど、KUB ちゃんの謎に迫ってみたいと思います。

KUB ちゃんはガレージばっかりの人じゃなく幅広くロックンロールを聴いてるカッコイイ人なので、そのへんの話とか、こないだ THEEE BAT でスペインいった話とかも聞いてみたいと思います。

チャージなし、20 時からの予定です。

1238367_416074148497161_1050553254_n.jpg

298725_100852973352615_7173317_n.jpg

つうわけで KUB ちゃん描いてみました。

1238190_735289023154827_608747446_n.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

ライヴ観にいって、やって、また観にいって

日曜日は勝手に大忙しでした。

まず昼間のシェルターで 「柳家睦とラットボーンズ CD 発売記念」 お昼のリサイタルに行ってまいりました。

昼間だというのにびっくりするくらいの超満員!!! さすが柳家師匠です。

ライヴ ホントに最高でした!

写真2.JPG

自分のライヴ前に巨大なブーツやらメイクボックスやらの大荷物をもって他のライヴに行くのは正直ちょっとしんどかったんですけど、行ってホントよかった!!!!

最後はまさかの BATTLE OF NINJAMANZ のナンバー 「FUCK THE WORLD」!!  鳥肌たちました。


柳家睦とラットボーンズの CD はもう三枚 でてますが、これがも〜う全部いいッ!


PV も全部面白いので観てください!









なお、この日 発売されたニューシングルでは

写真.JPG

ビートたけしでお馴染みのこの曲のカバーも入っております。



前々から柳家さんには たけしナンバーを歌って欲しいと思ってたので嬉しいかぎり。めちゃハマってます。





さて、ライヴを観終えましたら、今度は自分のライヴへ。

トップのアグロは着替え中で観れなかったんで、今度ゆっくり観たいです。

で、我々、二番目に登場。

541824_733225710027825_1972982908_n.jpg

今回もまた楽しくやれました。

三番目は金沢より P.C.2 !!

写真.JPG

P.C.2 ことペイチャンネルとはもう随分長い付き合いで、彼らのアルバムのライナーノーツを書かせていただいてるばかりか、ジャケ画まで描かせていただいておりやす。
ほんとに久々に観たけど、めちゃくちゃかっこよかったな! 今が全盛期なんじゃないでしょうか。もっと頻繁に東京で観れたらいいのにな。


続くは RAYDIOS。もう言うまでもないですね。最高です。

写真.1JPG.JPG

ラストは P.C.2 に捧げるという MC のあと、ペイチャンネルもカヴァーしてた TEENGENERATE のナンバー 「HUMAN TORNADO」 をぶちかましてくれました。



最後は SONNY VINCENT センセイ。

写真.JPG

センセイは貫禄十分でしたが、ドラムの人がすげー! あんなドラミングなかなか観れません。見とれちゃいました。センセイの両脇をガッチリ固める我らがナオキ君、サガヤンもめちゃかっこよかったです。

サガヤン、ナオキくん、ビスコくん 誘ってくれてありがとー!



さてさて、ライヴ終わったら今度は私は一人で新宿 JAM で開催されてる 「March Of The Mods」 へ。

なんで自分のライヴが終わってまで打ち上げも出ずに行くかといいますと、あの THE HAIR が一夜限り復活するのです!! 


メンバーはこのように記されております。

THE HAIR (AI SATO, LUI, HIRO OIKAWA, NAOKI)

私は HAIR は音源ではずっとおっかけてはいますが、ライヴを観たのは Vo がジュリー田中さんになってからでして。ルイさん時代の HAIR は観たことないのですよ。

つうわけで、これは是非ともこの目に焼き付けたい! そう思って自分なりオシャレを目一杯して向かいました。(つっても ADIDAS & FILA ですけどね)

で、ライヴはどうだったかと言いますと・・・・とやかく言うより、うれしいことに動画が山ほどあがってましたので、こちらをご覧あれ!!

Runaway


DIMPLES


MY BABE


Ride On Josephine


Castles In The Sand


Shake Your Hips


Ain't That Good News


People Get Ready


Who Do You Love



いやーかっこよかった!


これまで私は MODS のイベントって敷居が高いイメージがありましたし、なんだったら閉鎖的とすら思ってました。ましてやこの日は 「追悼」 イベントでしたので、“部外者”の私は居づらいかなーーなんてぼんやり感じてたのですが、そんなことはまるでなく、むしろ居心地はよく、そしてとても刺激的でした。




そんなこんなで大忙しな一日でしたが、得るものはいろいろありました。

やっぱり脇目もふらずに我が道をいってるバンド / 人はステキですね。


自分もかくありたいと思いました。
posted by TSUNEGLAM SAM at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

振り返る。13日の金曜日

先日の 13 金ライヴ ご来場ありがとうございました! 最近ずーーっと忙しくてヤンパリならぬテンパリになってますので、昨日のことすら忘れてしまいそうですが、思い出して書きます。


さて、ご存知のとおり我々のバンドはグラムロックバンドですが、グラムロックバンドと共演することはほとんどなく (そもそもいるのか?)、パンクバンドやパワーポップ系、ガレージパンクバンド、モッズバンド、ロカビリーバンドなどなどと共演しておりますが、パンクバンドとやることが圧倒的に多い気がします

でも、私が一番いろいろ学んだのはガレージシーンなので、「BACK FROM THE GRAVE」 に出演させていただくのはなんだか母校に帰るような気分になりますね。

この日は出番が遅かったもんで全部のバンドは観れてないですが、観れたバンドは全て最高にかっこよかったです。



13 日の金曜日。。。。。仮装好き、変装好きの私がアレをかぶんないわけありません。

1235411_727945910555805_1247229947_n.jpg

アラディン・ジェイソン!
1234992_727970763886653_1794068507_n.jpg

970177_727976033886126_921932377_n.jpg

マスクをとると・・・・アリスクーパー!

friday_alicecooper-568x231.jpg

・・・・ってのはありきたりなのでやめました。

13 日の金曜日といえばこの御方!

d0028657_18391664.jpg

わかりづらいけど、メークを真似てみました。

526892_729581760392220_1710420632_n.jpg

あんまり出来てないな。


ライヴの内容ですが、とにかく楽しかったこと以外は全部忘れてしまいました。

だって、次の日曜日もライヴだもん。先のこと考えなきゃ!


つうわけで、ソニーヴィンセント様と共演です!

9月22日(日)@ 東高円寺 U.F.O. CLUB
「SONNY VINCENT  JAPAN TOUR 2013」

BQo9GFWCAAAq43R.jpg

SONNY VINCENT, THE RAYDIOS, P.C.2, YOUNG PARISIAN, AGGRO
OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥3,500(D別) / 当日¥4,000(D別)
問)U.F.O. CLUB:03-5306-0240

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

あと、情報もういっこ
10/5 新宿 URGA での JOE ALCOHOL さんのライヴで我らが KEIJI RONSON が弾きます!

以下、JOE さんのブログよりです。
http://ameblo.jp/joealcohol/entry-11617060409.html


10/5は KEIJI RONSON をゲストに
セットリスト全入れ替え(!?)で挑みます。
懐かしいアノ曲やカバー
ソロの曲などで
演るんでお楽しみに。
皆さんのお越しをお待ちしております。
前売り予約はこちら>>>http://form1.fc2.com/form/?id=735523

2013/10/5(SAT) @ライブハウス 新宿URGA
≪FROM ACOUSTIC RECOLLECTION ≫
■MOSQUITO SPECIAL
(a.k.a MOSQUITO SPIRAL Acoustic+Electric)
■GUEST:JOE ALCOHOL
会場19:30 開演20:00
ADV 2,400 DOOR 2,900+(D別)
http://www.urga.net/



こちらも楽しみです!

posted by TSUNEGLAM SAM at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

♪13日の金曜日にぃ〜 俺はまた蘇るさー

昨日間違えて 「THE END」 はっつけちゃった。




今夜お待ちしております。

557092_501844283232213_874369933_n.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Live Schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

今後のライブの予定です。

まず、13 日の金曜日!

9月13日(金)@ 東高円寺 U.F.O. CLUB
「BACK FROM THE GRAVE RETURNS -FRIDAY THE 13TH 13日の金曜日スペシャル!-」
557092_501844283232213_874369933_n.jpg
W/TEXACO LEATHERMAN, GREAT MOGOOSE,
VIVIAN BOYS, THE FADEAWAYS,
STOMPIN' RIFFRAFFS, ボロキチ
[DJs]JIMMY MASHIKO, DADDY-O-NOV, MR.DEATH
and more!
OPEN/START 22:00-TILL DAWN
ADV.1800YEN(+1D) DOOR.2300YEN(+1D)
※23:00までに入場の方は1800YEN(+1D)
問)U.F.O. CLUB:03-5306-0240

すげーメンツです! カッコイイバンドしか出ない!!

またテキサコと一緒でうれしいなー

13 金なので、これらをやりたかったけど間に合いませんね。。。。







その次はコレ!


9月22日(日)@ 東高円寺 U.F.O. CLUB
「SONNY VINCENT  JAPAN TOUR 2013」
BQo9GFWCAAAq43R.jpg
W/SONNY VINCENT, THE RAYDIOS, P.C.2, AGGRO
OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥3,500(D別) / 当日¥4,000(D別)
問)U.F.O. CLUB:03-5306-0240

なんとあの TESTORS の SONNY VINCENT と共演です!! 


うれしい!

EPISODE SOUNDS からこの来日を祝して素晴らしいブツが出ました!

SONNY VINCENT – A Testament To The Spirit Of Music

71293d53258aeed8b140880bee518a4b.jpg

これがもう入魂のベスト盤です。以下、episode sounds のブログより抜粋します。

Fury からもちろん TESTORS、その後の Model Prisoners や Captain Sensible、Scott Ashetonらと組んだ His Rat Race Choir、内容が抜群に素晴らしいソロ作(参加メンバーも豪華!)に Carbonas のJosh、再結成 Sorrows のドラマー Luis らと組んだ Bad Reactions に 2013 年レコーディングの新曲まで日本で指折り数える SONNY VINCENT ファンである FRANTIC STUFFS ナオキ選定 (バックバンドも務めます) の全 2 7曲詰めに詰めた Best Of Sonny Vincent!
今回のツアーでバックバンド、FRANTIC STUFFS として同行、Rock’n'Roll Overdose ファンジンの製作者でもある SAGA-YOUNG 作成、SONNY VINCENT の絵は EPISODE SOUND Sではスタートの時からもちろんロゴ、デザインイメージまでレーベルのイメージを作ったといってもおかしくない PRIVATE FARM 作、FANZINE の内容は SONNY VINCENT の日本語初ではないかと思われるんですが、長文インタビューと FURY〜BAD REACTIONS まで厳選したディスクレビューを加えた充実の内容の FANZINE 付き!
話を盛るつもりはないが、内容の濃いギュッと詰まった来日前に手にするには十分すぎる聴いて読んでもおつりがくるくらいの物が出来上がりましたので自信を持ってお勧めします!


楽しみですね!




そして、ラングスティーンとの一騎打ち決定!

10月6日(日) @ 荻窪 club DOCTOR
「YOUNG PARISIAN vs RANGSTEEN」
sample_hp.JPG
OPEN 19:30 / START 20:00
前売¥2,500(D別) / 当日¥3,000(D別)
問)club DOCTOR:03-3392-1877

武蔵野の巨匠カメさんがカッコイイ ドッグスダムール風のチラシを描いてくれました!
かっこよくてほれぼれします!



最後にハロウィンボール 緊急参戦決定です!

10月27日(日) @ 新宿 LOFT HALL & BAR
BACK FROM THE GRAVE PRESENTS 「HALLOWEEN BALL 2013」
THE WOGGLES (USA), BUNT (AUSTRALIA),
GUITAR WOLF, JACKIE & THE CEDRICS,
FIRESTARTER, JET BOYS, THE TITANS, GASOLINE,
ザ・チョコレイツ, THE MAGNATONES,
THE THUNDERROADS, THE GIMMIIES, macrochord,
ROCK-A-CHERRY, THE SWAMPS
DJ/JIMMY MASHIKO, DADDY-O-NOV, MR.DEATH, CYRYL ROY
guest/GO FROM TOKYO (THE BASH), WILD OX (erostika) and more...
OPEN START 未定
前売¥3,000 (+D) / 当日¥3,500 (+D)
問)LOFT:03-5272-0382

仮装考えなきゃ!!

つうわけで、いろいろと楽しいライヴ目白押しです。

遊びにきてね!
posted by TSUNEGLAM SAM at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Live Schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

GLAM GOD SCUM GOD その3

続き。


放火魔的役割を果たしてくれたカークラッシュ、そしてテキサコの事故現場のようなライヴの後、我々の出番。

おそらくお腹いっぱいであろうお客さんへのデザートとして登場する気なんてまるでないです。

更にお腹いっぱいにしてあげようじゃありませんか。

今回は GLAM GOD としての出演ですので SE もコレに変えました。



今回もニュー衣装。ちょっとウェインカウンティを意識しました。

1004684_720483194635410_1469019891_n.jpg

毒々しいでしょ?

1002618_720475811302815_1550499816_n.jpg

1185367_720481917968871_1688850965_n.jpg

1230049_720467101303686_314944711_n.jpg



写真にはないですけど、久々にホークウインドのウルトラグラムロックナンバー 「シルバーマシーン」 をプレイし、テキサコの王様にシンセで参加していただきました。

動画がなくて残念!!


それから予告してた意外なパンクロックカバーはアンコールでやりました。

コレです!



意外と言いましても実はこの曲、ヤングパリジャン結成当初の課題曲のひとつでして。11 年前からなんとなくスタジオであわせてたりしてた曲なんです。

まぁ、GG もやっぱり NEW YORK DOLLS に憧れてたクチですので、そんなにかけ離れたアレでもないのですよ。

これとかね。グラムロックでしょ?



ってなわけで、ニットキャップ、タレサン、首輪で TG・アリンに変身しました!

1235371_721180934565636_1518667980_n.jpg

そっからサーチ & デストロイにつなぎ、ヤンパリ狂暴ヴァージョンです。

1232696_720496417967421_987192895_n.jpg


最後は CAR CRASH よりタカダマくんを招き入れ めったにやらない YOUNG PARISIAN 最初期のオリジナル 「Violent Goldmine」 をやりました。

1232626_720404944643235_1807207102_n.jpg


いつだったか忘れましたが、もう結構前のライヴにてこの曲をプレイした際に、客席のタカダマくんのノリ方がこれまでと明らかに違った激しいもので、ライヴ後も 「気が狂いそうになった。ステージに上がって暴れそうになった」 的なことを興奮気味に言ってたのを覚えておりましたので、今回、急遽参加していただきました。

いきなり半裸で出てきて大暴れしてくれるもんだから、我らが Keiji Ronson にも火がついたようで、ふたりでフィードバックしあって最高にカオスなムードを立ち上らせてくれました。


まぁ、そんな感じで楽しいライヴだったんですが、実はリハもやってないもんで蓋を開けてみないとどうなるんだかまったくわかんなかったんですよね。ある意味、危険な賭けではありました。しかし、私もフロアのみならず花道やステージと自由気ままに立体的に動いて歌いまして、とても楽しかったです。

写真でみてわかりますとおり、ステージで歌うとその周囲に普通にお客さんが立ってる状態になるので絵的にもかなりおかしなかんじです。

1174905_672280856134798_2013674240_n.jpg

真.JPG


今回のこのチャレンジ、一回こっきりになっちゃいますが、カオスを生み出すという意味においては大成功だったのではないでしょうか。

皆様も楽しんでくださったようですし。


ライヴより数日後、ある友達が私におもしろいことを言ってきました。

あれは皮肉? と。

それはどういうことかと言いますと、先日あるイベントにおいて、メインアクトの際にステージ上にたくさん関係者や客の一部がいて、非常にそれが見た目的に鬱陶しく私はものすごく嫌悪感を覚えたわけです。なぜ、客席でみないのか!? と。そんなに関係者面したいのかと。

友達は今回の試みを 「それに対する皮肉」 だと思ったようで。。。。

なるほど、そいつはおもしろい。


さすがプロレスファンは深読みが素晴らしすぎる。


そんな気持ちはサラサラなかったですが、その意見いただきます。




それにしても毎回こんな無茶ぶりに賛同してくださるシェルタースタッフの皆様、それから面白がって出演してくださった カークラッシュ、テキサコレザーマン、それから DJ のパックマン、ご来場の皆様、ほんとにありがとうございました!

今後も皆を驚かせること、楽しませることを目一杯考えてやっていきたいと思います。


目をはなさないでね!


真夜中シリーズもまだまだ続きます!



posted by TSUNEGLAM SAM at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

GLAM GOD SCUM GOD その2

さて、お次は 待ってました!  TEXACO LEATHERMAN !!

このバンドが登場すれば いつ何時でもどこでも エニタイムエニウェアでカオスな空気が立ち込めるのはわかってますが、真夜中のシェルターでそれを最大に発揮していただけるよう舞台を整えました!

前から思ってましたけど、イベントを企画するってのは、ある意味、企画バンドが他の出演バンドをプロデュースするようなつもりでやらなきゃならんのではないかと。自分の好きなバンドが (←これは大前提ね) どんな場所でどんなシチュエーションでライヴをやったらよりよく見せれるか。それはもうバンドに声をかけ、イベント名を考え、チラシを作る段階から当たり前に考えてることなのですよ。これはプロレスから学んだことね。興行全体を考えるってこと。

つうわけで、カークラッシュ、テキサコという最高の選手を揃えたんだったらこういうカオスな空間を作り上げなきゃいけないわけです。そうなるとおのずと DJ も PACKMAN センセイしかいないだろうとなってくるわけです。


って、前置きが長くなりましたけど、とにかく 「なにかが起こりそうな夜」 という皆の期待に応えすぎるくらいに応えてくれたテキサコレザーマン!  やはりこの方々はリヴィング・レジェンドです!

なんせ王様は 一曲目からギターを破壊しはじめて 二曲目ではもう全壊!! ネックやシールドを持って徘徊する様は神がかっておりました。

真.JPG

そんなことまるでおかまいなしにクールに演奏するメンバーと、日本刀片手に自由奔放 好き勝手にいろんなとこで歌う Vo のイブさんのコントラストがなんとも言いようがない素晴らしさです。

IMG_6176.png

写真.JPG


やる側がここまで発狂してればお客さんも発狂するのは当然。

なんだか変な酔い方し始める人 続出!

「服がネ、汚れるとネ、帰り道に恥ずかしいでしょ? だ、か、ら、ネ」 っとなにやら突然脱ぎ始めて、パンイチならぬオムツ一枚のオムイチになって大暴れしてる方も出現。この人もまた裏 SCUM GOD !

IMG_6117.png

これなんかもうライヴの写真だと思えません。前衛劇団みたい。



ってなわけで、これホントに 十年に一度観れるかどうかわかんないような壮絶なライヴでございました。

本気のテキサコレザーマンには誰もかなわないなと思ったしだいです。


あと、テキサコ T-shirts がかっこよすぎた!  テキサコが T-shirts 作るってだけでも事件なのに、このデザイン!

1174827_720475434636186_683984142_n.jpg


それからイブさんのボルグっぷりがやっぱカッコよかった!

真1.JPG

昔はいつもスーツ着ててそれがめちゃくちゃカッコよかったのに最近ずっと半裸でやってるから、この日は 「久々にスーツでやってくださいよー」 っとお願いしたんだけど、ボルグスタイルもかっこいいから全然 OK!

やっぱ FILA はいいなー。

関係ないですけど、FILA といえば、先日も書きましたように私の大好きな映画 「the firm」 の T-shirts が FILA から出てるのですが、海外のサイトみまくっても SOLD OUT! という悲しい文字が並ぶ中、私が日本一好きな大阪の服屋にいきなり入荷しておりました!

1167920_722001324483597_1107358415_n.jpg

もちろん捕獲!

タグまでかっこいいので、切るのがもったいないです。。。


あと、この日、対戦気分を盛り上げようとして私はタッキーニを着ていったんですが、ライヴ前にぷあかうに寄ったら、某リズムバンドの Y 下さんが FILA をガッツリ着て座っておられましておもしろかったです。

いきなり知らない方々にいっぱい 2 ショット写真撮られました。

1229836_720482967968766_908536969_n.jpg


話がそれましたが、とにかくテキサコがますます好きになった夜。私だけではなくみなさんにとってもそうだったんじゃないでしょうか。

大暴れのお客の被害をうけたベースのアコさんが客にクールに蹴り入れるとこも名場面のひとつでしたね。

テキサコとは次回のライヴでも一緒です。超楽しみ!

557092_501844283232213_874369933_n.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

GLAM GOD SCUM GOD その1

金曜日の深夜興業におこしいただいた皆様、出演してくださった皆様、シェルタースタッフの皆様、ありがとうございました。

あっ! と驚く仕掛けをやりますと予告しておりましたが、


なにをやったかと言いますと


フロアライブです!


写真だとわかりづらいですけど、これ開場前の様子。
写.JPG

ステージ上は DJ と物販。
IMG_6080.jpg


こりゃあもうみんなが驚いて、ライヴが始まりゃカオスになること間違いなしでしょ?


そんなわけで私は落とし穴を掘って誰かが落っこちるのを待ってるような気分でいたわけですよ。


入ってくる人 入ってくる人 こちらの思惑どおり 明らかに困惑してる様子で実に痛快でした。


PACKMAN の DJ で、かっちょいい、彼ならではの選曲が続き



トップバッターの CAR CRASH 登場。

IMG_6094.jpg

このバンド もーーーーー観るたびにカッコよくなっていきます! 

キラーな初期パンクと ヒリヒリしたハードパンクと キリキリするポストパンクが渾然一体となった感じがたまんない。

あまり観たことがなかった人、初めて観る人、口々に こんなかっこいいんだ! びっくりした! と言っておりました。

CAR CRASH はこの日から 三連ちゃんでライヴ。土曜はいけなかったですけど日曜のライヴも最高でした。


金曜日の写真がないので、日曜日に撮った写真でも。

天才タカタマくん

真.JPG

最近、劇的にカッコよくなったホンマくん

真.JPG

写真ないですけど、チグちゃんのドラムも最高です。

なんだかわかんないけど、なにをしでかすかわかんない魅力、緊張感が彼らのライヴにはあります。

今後も要注意です。


ライヴ後、突然 立ちションする タカダマクラッシュ
写.JPG


続きはまた。


posted by TSUNEGLAM SAM at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする