2014年02月25日

march of the mods

MARCH OF THE MODS 最高に楽しかったです!

どのバンドもよかったな

我々のは DESDEMONA と新曲 2 曲をやりました。

そのどっちでもないですけど、ある御方が動画あげてくださってたので貼っときます



GENO 大好きです! ホントに! 最高だったなー


すごく盛り上がってとても楽しいイベントでした。


次回はコレ!

rps20140219_074549_163.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

グラム活動

グラム本体はもちろん、グラムの先祖も仲間も子供も調べ倒すのが我がライフワーク!


そんなグラム活動の一環として行ってまいりました SEX GANG CHILDREN !!

いや、そんな回りくどい言い方しなくてもいいです SEX GANG CHILDREN 大好きです。新譜が出たらいつも買ってます。

「SEBASTIAN」 生で聴いたら即死しそうです。



そんなわけで、私、SEX が、いや SEX GANG CHILDREN が大好きではあるんですけど、もっと大好物は Vo の ANDI SEX GANG のソロ!!


まずミックロンソン仕事なのに無視され気味のコレ!



かっこいい!!!  ヤングパリジャン結成当初の 「カバーしたい曲テープ」 に入れてたくらいです。



それから愛するマークアーモンド様とのデュエット!





ピアフのカヴァーも素晴らしい!




そんなわけで SEX GANG CHILDREN っていうより ANDI が観れる!! っと興奮してたしだいです。


寒空の下、雪道を歩きながら SEX GANG CHILDREN のライヴに向かう。共演はオートモッドやサディーサッズやソドムなど、、、って今いったい何年ですか?? っと考えてたら楽しくなっちゃって、コンビニでアイライナー買ってそのままトイレでアイメイク。

会場に入りまずは T-shirts 購入。かっこいい。

1900137_823352037681858_888027776_n.jpg


そんでもってライヴですが、とても素晴らしかったです!

とにかく ANDI の動きから目が離せませんでした。

1902268_823266787690383_1007664582_o.jpg

素晴らしいパフォーマンス! 唯一無二の歌声!

私もヴォーカリストの端くれとしまして、かなり勉強になりました。

1902374_823267607690301_992261634_o.jpg


オリジナルメンバーでドラムのケヴィンさんもかっこよかったです。

1937565_823266727690389_2019612792_o.jpg



終演後は当然 我がグラム活動の一環であります ミーハー活動を。

いっぱいもってるんですけどよりすぐりました。

1927162_823365191013876_113406127_n.jpg

これプロデュースだけじゃなくて ミックロンソン ギターでも参加してます。
1904064_823295047687557_14717491_n.jpg

1901307_823295184354210_651526413_n.jpg

1620965_823293694354359_1655256703_n.jpg


当然 写真も。

ANDI と感動の 2 ショット
1661223_823290964354632_762847345_n.jpg

KEVIN とも!
1796532_823299441020451_1536496444_n.jpg


まさか SEX GANG CHILDREN をこの目で観ることができるとは思ってませんでした。感動です!



xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

そんなグラム活動ポジパン編を終えました私は、明日、グラム活動モッズ編です。
出番は 21:30 くらい。ぜひいらしてくださいな

2march.jpg




posted by TSUNEGLAM SAM at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

STONE FOUNDATION

The Stone Foundation なるバンドを観にいってまいりました。アンド 取材も。

まず感想からいいますと最高すぎました。予想をはるかにはるかに上回って。





知らない方にも知って欲しい故   何曲か動画をごらんください。








そもそもこのバンドを知ったのは、LRF および Pounds magazine の射延博樹さんの一本の電話からでした。

なんでも、博樹さんのところにその世界では超有名なフーリガンだった Cass Pennant 親分から Stone Foundation なるバンドが日本に行くから日本のメディアで紹介できねえか? っとの連絡が入ったとのことで。

1463976_10151751411052047_1990236092_n.jpg

因みに CASS さんはフーリガンからギャングになってそっからまぁいろいろあって、本も書いたり映画にもなってる人で、日本で言うところの安部譲二的な方です。


間接的とはいえそんな CASS 親分の頼みときたからにはそりゃあ私もいろいろ捜しますよ。どっかで紹介できるアレをね。アンド どんなもんかと聴いてみたら・・・・わ、かっこいい! ってなりましたからね。なんていうかバブリーな匂いをとりのぞいたスタカンっていうか、あとデキシーズの匂いもしますし。こりゃあ私の周りでも好きそうな人がいっぱいいるんじゃないか、と。

そんでいろいろ探ってみたらノーザンソウルのロゴをモチーフにしたバンドロゴを使ってたり、そのへんの大御所とからんでたり、スペシャルズやビートやブロウモンキーズとかと共演してるばかりか、コックニーレジェクツや 999 などが出演するパンクフェスにも名を連ねとります。こりゃあ昨日今日じゃないなと。

そんでもっていろいろ動きまわりましたけど (つってもググりまくっただけですが)、どうも招聘元がわかりかねる。告知もあまりされてない。一体全体 誰が呼んでらっしゃるのかしら? っと思いながら調べてたところ、なんとびっくり 英国観光庁が呼んでらっしゃっておりました。で、ライヴも招待制みたいな感じなもんで一般的な告知はなかったわけです。

そんなこんなの中で、博樹さんが動いてくださり まずは pounds の web 版で事前インタビュー。私も何問か質問させていただきました。

ご覧ください。
http://sweeeteh.blogspot.jp/2014/01/a-stone-foundation.html

そっからまぁいろいろありまして、いろいろな方にご協力いただき、なんとかひとつインタビューを掲載できる媒体がみつかりました。これはまた発売される際にでもお知らせさせていただきます。



そんなわけで共同インタビューの THE PRISONER 潤一郎くんと一緒にいってまいりました!
その日の潤一郎くんのブログはこちら。
http://the-prisoner.jugem.jp/?eid=2047

インタビューもいろいろ聞けましたけど、それよりなによりほんとにほんとにライヴがよかった! メンバー全員かっこよくてあっち見たりこっち見たりで大忙しです。予習でさんざん聴いた音源とほとんど変わらない演奏に驚きました。歌もすごい! とにかく あの人やあの人にも観ていただきたい! もっと多くの方に知ってほしいバンドです。


62982_821965837820478_375750882_n.jpg

1798735_821970637819998_887608444_n.jpg

1902802_821971237819938_1088102082_n.jpg


また来てほしいなぁ。



xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

さて、ライヴ予定が二つ。出来立てホヤホヤの新曲できるかな???

前売り予約ご希望の方は youngparisian@hotmail.com までよろしくおねがいいたします。

2march.jpg

rps20140219_074549_163.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

naona & k.ron

書きたいこといっぱいあるけど、とりあえず 2.7 のこれから。

ぷあかうでやったロンサムタウン仲間の naonao さんの弾き語り。

天城越えから始まってスミスとかキンクスとかもうサイコーでした。

この人ほんとドラム叩かせても最高なのに、歌もギターもすごい。

ただものじゃないです。


我らが K.RON との共演の動画を撮ったのでごらんあれ。




1964 年にヒットした Motown の soul singer Brenda Holloway がオリジナルのこの曲。

NAONAO さんいわく CLASH バージョンってことで

あわてて CLASH のボックス買って聴いたらサイコーでした。




JAM もやってますね。






こちらは二人の共通点。ハノイロックスのナンバーです。




またこの二人、今度はお互いソロかな? で、ライヴやるらしいのでまた告知いたしますね。
posted by TSUNEGLAM SAM at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

虹の彼方に




先週の土曜日は大雪の中ライヴに来てくださってありがとうございます。


せっかく雪だったんだから全身真っ白のコスチュームにすればよかったなとちょっと後悔した次第です。

SE もなんか雪にちなんだ曲にしようかなとかおもいまして、シャンソン好きなんでアダモの 「雪がふる」 にしようかなーとかいろいろ考えたんですけど、イマイチいいのが思いつかずで。

そんな時に、Google の検索ページトップのロゴがソチ冬季五輪の特別ロゴに変わったことを思い出しまして。ロゴは LGBT (レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)のシンボルカラーである虹色で、ロゴの下にはオリンピック憲章の差別を排除するオリンピック精神をうたう一節が表示されております。

yu_doodle.jpg

これは、五輪開催地であるロシアが昨年 6 月に、同性愛関係の宣伝行為一般を禁止する連邦法を施行したことを批判するものとみられております。


私もロシアのソレには憤りを感じておりまして・・・・っとなれば SE はコレにするしかないでしょ。



これ最高のアルバムなんですよ。ルーファス・ウェインライトもまるまるカバーしたやつ出しててそっちもいいです。


ジュディ・ガーランドはゲイ・アイコンの中心的な存在で、映画 『オズの魔法使』 でドロシー役で知られるジュディ・ガーランドのゲイ・アイコンとしての敬愛度は高く、1950 年代のゲイの間では、"Is he a friend of Dorothy?" (彼はドロシーの友達?) という言い回しは、「彼はゲイ?」という隠語として使われるほどだったそうです。

またジュディは同性愛者に対して理解を示していた数少ない有名人の一人であり、彼らのアイドル的な存在でもあり、ジュディ自身もバイセクシュアルでした。そのため彼女の死のニュースは同性愛者のコミュニティに大きな悲痛をもたらしたそうで。史上初のゲイの暴動である 「ストーンウォールの反乱」 の原因の一つは、彼女の死によるショックが影響していたとも言われてます。よって同性愛解放運動の場では必ずと言っていいほどこの 「虹の彼方に」 がかかるようです。


そんでこの曲はグラムロック的にはもう一個意味がありまして。

とりいそぎ、これ聴いてみたらわかります



♪ スタ〜マ〜ン ウェイティング・インザスカ〜イ ってのと ♪ サームウェ〜イ オバーザレインボ〜 って同じなんですよね。


そんなわけでこれにのって登場しました。オリンピック終わるまではこれでいきたいかな。



で、なんでしたっけ?  もうライブの中身は忘れました。


全バンド初共演でしたし、私たちを観たことないお客さんも多数みてくださって楽しかったです。


SIX 何度も観てるけど、改めてかっこいいバンドでした (袖からしか観れませんでしたけど)。いただいたフロントの御二人がやってる別バンド THE ROYAL NINE MINUTES の音源もすごいよかったです。また一緒にやりたいし、観にいきたいな。

すっかりファンになったので写真撮ってもらいました。
1559672_819478068069255_1095976317_n.jpg


トリのバイオレッツですが、Vo のパッチさんとは、私がヤングパリジャンをやる遥か昔にヒンズーハリケーンというバンドをやってまして、その企画に GYOGUN RENDS で出てもらって以来の共演です。なんだかんだ17、8 年くらい前だと思います。

一緒にやれてうれしかったな。

さぁ、次はこれだ!

2march.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

ソウル・サバイバー!

下北沢 DISK UNIONにておこなわれました 【ザ・プリズナー:景山潤一郎 著作 『My Dearest Dear~親愛なる君へ~』 発刊記念イベント&ミニライブ】 にご来場ありがとうございました。

私、聞き手をつとめさせていただきました。

20140206_531299.jpg


景山潤一郎・・・・・この人は何度話してもほんとに底知れぬ魅力をもった男だなとあらためて思いました。

この日のことはジュンイチローくんもブログに書いてます。
http://the-prisoner.jugem.jp/?eid=2038

この本、ほんとに泣けるし、ほんとに笑えます。しかもめちゃ安い! ぜひとも一人でも多くの方に読んでいただきたいです。

ミニライヴもよかったなー。ビートたけし、サムクック、陽水、どの曲もジュンイチローくんが歌うと彼のオリジナルになる。曲の方が彼に引っ張られていっちゃうんですよ。すごい歌声の持ち主だなってあらためて思いました。メンバーも全員 最高! THE PRISONER はとにかくムードがいいバンド。今後も応援し続けたいと思いました。






さて、明日はヤングパリジャン 今年初ライヴです。前売り予約は youngparisian@hotmail.com もしくはツイッターの DM とかいろいろで。

NEXT
2月8日(土) @ 下北沢 Daisy Bar
「 YOU GOTTA MOVE!!!」
W/VIOLETS, THE STRIP HENDERSON, six, Bethcoupes
DJ/ウエムラ(Rockfields)
OPEN 18:00 START 18:30
adv ¥2000(D別)  door ¥2500円(D別)
発売日1/11(土)
ローソンチケット 0570-00-0777 
Lコード予約 http://l-tike.com Lコード:77897
イープラス http://eee.eplus.co.jp
DaisyBar 店頭
問)Daisy Bar 03-3421-0847


初めてのバンドばっかりで楽しみにしております。

あと、今宵はぷあかうで NAONAO さんの弾き語りね。K.RON も参加しますよ。


では、楽しい週末を!!

posted by TSUNEGLAM SAM at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

キングオブエブリシング

昨日も告知しましたけど。
THE PRISONER のジュンイチローくんのトークイベント明日です。

こちらジュンイチロー君のブログ
http://the-prisoner.jugem.jp/?eid=2034

POUNDS MGAZINE のページでも紹介してくださっております。
http://sweeeteh.blogspot.jp/2014/01/the-second-time-around.html




あと、こちら私じゃないですが、VIVIAN BOYS のドラマーであり、先日 私と Keiji Ronson と一緒にユニット LONESOME TOWN やってますナオナオさんのライヴがあります!

2 月 7 日金曜日 @ 下北沢ぷあかう
チャージ500円、20:00〜
出演:Danger Bird、なおなお(ゲストギタリスト:ケイジ・ロンソン from Young Parisian)、他1組

K.Ron も参加しまーす!




XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

話変わりますけど、愛するボーイジョージの新作が日本でもやっと話題になってきてて嬉しいかぎり。


King of Everything




訳詞が公開されておりまして、これジョージは自分のこと歌ってるわけではないんですけど、やっぱり重ねちゃいますね。



もう酒とは縁を切ったよ
悪魔たちに魂を売り払い
闘いのグラブを地に落とてしまっていたあの頃
もちろん、後悔しているよ
何度もお前を泣かせてしまったこと

まったく、ゲージュツテキって言ってもいいくらいに、
お前をがっかりさせる連続だった
俺はいつもこんなふうに言ってきた
一番辛いのはこの俺だ、って
だけど、あの階段に座り込んだお前の姿を見た時
まるで泣きじゃくる子供だったよ

犬たちの遠吠え
そしてサイレンが周り中に鳴り響いたんだ


街の噂はなんて言ってる?
俺の王冠は失われちまったのかな?
それともまた王の座につけるのだろうか?

街の噂はなんて言ってる?
俺の王冠は失われちまったかい?
それともすべての物の王になれるだろうか?


何度も何度も、自分の誘惑に負けた
まるで自己破壊が、かっこいいことでもあるかのように
お前の涙を冗談で片付け、お前の心を傷つけた
すべては過去のせい、すべてはお前のせいだと言って

俺の外に立っている俺がいる
地上を見おろしている…





染みる人もおおいとおもいます。。。。
posted by TSUNEGLAM SAM at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

ジュンイチローくんトークイベントおよび近況

さていよいよ明後日です!

1560443_535318026576469_2137704427_n.jpg

2月5日(水)21:00~下北沢 DISK UNIONにて
【ザ・プリズナー:景山潤一郎 著作『My Dearest Dear~親愛なる君へ~』発刊記念イベント&ミニライブ】
書籍化されたTHE PRISONERのヴォーカル景山潤一郎のブログ...
「my dearest dear 〜親愛なる君へ〜」
発売後、各地で笑いと涙をまきおこしている話題の書籍。
ネットで読めるものをわざわざ書籍化した意味は
既に読んだ方にはわかっていただけるでしょう。

そんな潤一郎氏をむかえてのトークイベント。ミニライブもあり

聞き手 恒遠聖文(ライター)


ジュンイチローくんは歌もうまけりゃ話もおもしろい。文章もおもしろくて、人柄サイコー。
ミニライヴもあるんで是非きてくださいなー。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX




さて、近況。

狂ったように映画観てます。

最近、「映画秘宝」 誌に毎月連続書かせていただいてますが、私はぜーーーんぜーーーん映画に詳しくないですからね。

いや、まぁそりゃあそれなりにけっこう観てますよ。40 年以上生きてますしね。でもあまりに偏ってますので、もっといろいろ幅広く観てモノサシを手に入れなきゃと。


そう思ってどんどんどんどん観てたら今度は強迫観念にかられはじめ、「私が今こうして外で遊んでるあいだにみんな家で映画みてんじゃないか!???」 なんて思ってすごく焦るのです。

つうわけでとり憑かれたようにみてます。


あとはとりつかれたように服を買ってます。

最初は ADIDAS、FILA、タッキーニ、ellesse、ライル & スコット、ラコステってな感じに 80's casual 嗜好だったんですけど、やっぱり一着は STONE ISLAND 欲しいなってなっちゃいまして、ある御方に譲っていただき手に入れちゃったんです!

1466179_776571139026615_1187024580_n.jpg

そうするとアクアスキュータムを首に巻きたくなり、パンツは EDWIN で足元は NEW BALANCE でって当然なっていくわけです。

そっからもう モダーンカジュアル方面にも手がのびていき、マーシャルアーティスツやアルバム、あと、フェールラーベンとかバーグハウス、ピーターストームとかペンフィールドとかウーリッチとかワントゥルーサクソンとか K-way とかのアウトドアギア、レインウェアも同時に興味がいき。同時にベルスタッフ、バブアーにもね・・・・・・ってもうキリがなくて大変なことになってます。



で、やっぱこれがなきゃ話になんないですからね。やっちゃいました・・・・

1058839_810213218995740_1880847169_n.jpg


あとはもう最近の casuals 系ブランドが出してるやつも毎日チェックしております。

そんなわけで私服とステージ衣装の差がどんどんどんどん開いていってるのがちょっと困りものなのですが、

そんな私にうってつけの T シャツが再発!

写d真.JPG

ゴーグルジャケット着るボウイ! 

80's casuals の方々にも多大なる影響を与えたこの髪型!

とりあえず着てみた。

1622184_813268962023499_492529518_n.jpg



こんだけ買いまくっといて、集めまくっといてなんですが、念のため言っておきますが、私は CASUALS じゃないです。

フットボール知りませんし、暴力もね。

あくまで欧州スポーツカジュアル、アウトドアギア好きです。


ホントの CASUALS の方々に失礼ですから。憧れにとめておきます。

しかし、モッズやテディボーイやスキンヘッズは当時の感じにいかに近づけるかが主題やと思いますけど、カジュアルズは現在進行形でどんどん進化していてるから目が離せません。


あ、もちろんヤングパリジャンも日々 進んでます。新曲もスタジオのたびに出来ては捨て、出来ては捨てを繰り返し選び抜かれた精鋭たちに磨きをかけとります。

ジャケット作業もおかがえさまで順調です!
posted by TSUNEGLAM SAM at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする