2015年04月23日

掲載情報とか

執筆情報です。

まずは、英国発のワーキングクラス・ユースカルチャー“CASUAL" についての素晴らしいマガジンが出ました!!!!

61niBldPMLL.jpg

ものすごく興味深い記事が満載の中で、私 TSUNEGLAM SAM と THE PRISONER の潤一郎くんでやった STONE FOUNDATION のインタビューも掲載されております。

11143722_1105234742826918_3682046232942529906_n.jpg


この雑誌、めちゃめちゃ濃い内容で、もう永久保存版です!!




続いて、LITTLE ELVIS RYUTA さんが作ってます おなじみ 「GREASE UP MAGAZINE」

GUM_11.jpg

今回のテディボーイ特集、たいへんためになります! すごく興味深い内容です。

んで、私はレビューページを一枚担当しました。

11110298_1105225386161187_840231837451622491_n.jpg


そのほかにも FIFI さんが書いたジョニー大倉追悼文などなどなどとこちらも読みどころ満載です!






さて、ライヴが近づいてまいりました。


この日、めーーーーーーっちゃくちゃいっぱい友達のライヴとかぶってますが、私が多大なる影響をうけた伝説の、もうあえてそう言いましょう、、、、、パンクバンド GRIFFIN ワンナイト復活祭 東京編! ぜひいらしてください!!



4月25日(土)
"What Became Of The Lovely Lad"
GRIFFIN再結成ライブ東京編
場所:新宿ロフト

middle_1424696676.jpg


●GRIFFIN
●THE PRISONER
●YOUNG PARISIAN
●Oi!-SKALL MATES
●ANGER FLARES

※公式海賊盤グリフィン未発表ライブDVD入場者全員にプレゼント!!

PEN 18:00 / START 18:30
ADV\2800 / DOOR\3300
【発売】PIA・LAWSON・eplus・LOFT 2/15〜

解散から10年、射延 村本 矢島のオリジナルメンバーに
初期のギタリスト大西真(ダブルボギーズ)を迎え新宿ロフト降臨!

前売り予約はこちらまで。
youngparisian@hotmail.com

posted by TSUNEGLAM SAM at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

写真

ゆっこさんがまたも素敵な写真を撮ってくださいましたので、こちらをどうぞ。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1099714103378982&type=1&l=c2c647c077


この魔人感! 気に入ってます。

1610915_1099698523380540_1286721581762299547_n.jpg


バケモノ!

11143422_1099726670044392_4164274236645382353_n.jpg



そんなグラム妖怪 ツネグラムサムが在籍しますヤングパリジャンの次のライヴはこちら。

middle_1424696676.jpg





posted by TSUNEGLAM SAM at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

来日ライヴいろいろ

ここんとこいろいろ観にいきましたので、それについて。


まず、下北沢にてキム・ドゥスさんを。


キム・ドゥスさんは、韓国のアシッド・フォークと言われてる方で、まぁ 「アシッド」 ってのは本人が意識してるわけではなく受けての問題だったり結果論ですが便宜上。

キム・ドゥスさんがデビューしたのは1986年。1991年に発表した『ボヘミアン』を聴いたあるリスナーがこの曲で歌われている人生の虚無感を引き金に自殺するという事件が起き、キム・ドゥスさんショックをうけては山に籠もること 10 年。2001年にカムバックしてから現在にいたります。




そんなキム・ドゥスさんが来日! つってもまぁ何度かきてるんですけど、私は韓国の音楽に興味をもったのは最近ですから、これはもう嬉しい知らせなわけです。

で、ライヴ観ましたけど 本当にすばらしかった!

なんだかもうすごい声! アントニージョンソンじゃないけど、震える天使の声……って感じです。

終演後、サインしていただきましたが 音楽と同じく物静かで、しかしながら強い光のある御方でした。

11146200_1095579630459096_1892437034563339302_n.jpg


その日、会場は 20 人くらいしか入れないとこだったんですが・・・・・



その 20 人の中に……


11119711_1095690560448003_7390048779101899188_n.jpg


さすがに顔がこわばりました。。。。。。





さて、実はこの日は同じく下北沢で元 CANDY のカイル・ヴィンセントがライブをやってたんですよ。以前、共演させていただきましたしライヴ観たいし、会いたかったんですけど、今の自分はキム・ドゥスの方が優先事項だったものでして。。。。。

まぁ、しゃあない。

なーんて思ってたところ、翌日の THE STINGRAYS @ ぷあかう のライヴに急きょカイルも出るかもということで、、、、ラッキーです。


で、写真はないですが、前に観てまぁかっこよかったけど、一回観たしな……って思ってた THE STINGRAYS がすさまじくカッコよくて、ぶっとびました!!

超かっこよかった! いいものみれました。



そんでカイルと再会ル。

11150385_1096124613737931_1551756276847431121_n.jpg


カイルは相変わらずのポップスターで、歌もあいかわらず笑っちゃうほどのうまさでした。
CANDY の曲も聴けてうれしかったな。






そんでもって今週日曜日!


スペースロックショーを観てまいりました!!

11130160_1098851156798610_3183129155004564527_n.jpg


いやーまさか観れると思ってませんでした。


以前も来日予定されててとても楽しみにしてたのですが、あの東日本大震災で中止になりましたからね。もう観ることはできないと思っておりました。


Vinyle Japan さんに感謝です。


ライヴはもうスペース・トランス・ロックンロール・ミュージックの連発で最高でした。

曲がすすむごとにどんどんどんどん気持ちよくなっていくんですよ。


(あ、薬物とかはやってませんよ。念のため)


前日はやらなかたっという SILVER MACHINE もやってくれて感激です!


この曲は私の中ではウルトラ・グラム・ロックだ!! っと思ってますので、以前カヴァーもしたことあります。




それから私はホークスの中では故・ロバート・カルヴァートが最も好きなんですけど、カルヴァート期のホークウインドをこういっちゃなんですけど、影響うけたというより 「パクった」 曲とかもございます。





ライヴ後はお約束のミーハー行為を。

1517695_1098869353463457_4182477816621789919_n.jpg


デイヴ・ブロック 73 歳だって! 


すごいなー。

これサインしてくれたのは死ぬほどうれしいですけど、逆向きです。

10986967_1098933623457030_8402782767133113465_n.jpg

ははは。

11152692_1099361446747581_7363110844398034561_n.jpg




というわけで、貴重なものがいっぱいみれました。




いろいろ吸収できたんで、いいライヴやるぞーーー

次回はコレ

middle_1424696676.jpg






posted by TSUNEGLAM SAM at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

SOMEWHERE OVER THE RAINBOW

日曜日のライヴはとても楽しかったです。

メークしてたもんで出番前のバンドはみれなかったんですが

出番後に観たマキニカリスもストンピン・リフラフスも最高に楽しくて、私 ちょっと飲み過ぎてしまいました。


私はこの日はレインボーマンに変身

10996386_1090063554344037_2907062875731969546_n.jpg

SE もコレです。




いろんなヴァージョンがありますが、ジュディ・ガーランドのこのカーネギーのライヴが最高です。

まぁ、何度かかいてますがこの曲はゲイ・アンセムとしても有名。

歌詞が単純ながらもホント好きです。

虹の彼方のどこかに
夢にまでみた世界がある
子守歌の中できいたような

虹の彼方のどこかに
青い鳥たちが飛んでゆく
あなたが夢にまでみたことが かなう場所

星に願いをかけて
雲の上で目を覚めます

心配事もレモンドロップのように溶けていきます
煙突のてっぺんで、私を見つけるでしょう

虹の彼方のどこかに
青い鳥たちが飛んでゆく
あなたが夢にまでみたことが かなう場所


以上、私が訳したんでちょっとまちがってるかもですけどね。

あと、これも書いたことあるかもだけど、これとあの曲、サビがいっしょなんですよね。


まぁ、ともかく大好きな曲ですんで、これで登場するのは気分がよろしい。



さて、この日はオーストラリアから Au-go-go の BRUCE が いらっしゃいませーなパーティーだったので、ブルースにちなんだ曲を。



BRUCE がリリースした作品は GIANT CLAW 時代から愛聴してたため、迷いましたが この方々がやってるこれしかないだろうということで。



BRUCE もとてもよろこんでくれてよかったです。


終わったら、サチコさんもいらしてて ちょっと驚きましたが。。。。。

10955237_1090064814343911_8308034709806180078_n.jpg


それからこの日、KEIJI RONSON が作った新曲もプレイ。彼がリードヴォーカルです。
また機会があったらやりたいなと思っております。


つーわけで、みなさんありがとうございます。

おかげでとても楽しかった。

日常はほんとに退屈だし、最悪なこと多いけど 虹の彼方にむかってがんばります。

涙の後には虹もでる。

自分の道を さぁ歩け。

って感じです。



次回はコレ!
middle_1424696676.jpg


posted by TSUNEGLAM SAM at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする