2016年05月27日

welcome plastics

かなり時間経っちゃったけど、PLASTICS リユニオンについて書きます。



------------------------------------------------------------------------


PLASTICS!!  


その言葉を口に出してみるたびにドキドキドキ。

私が花の都パリから花の都 大東京にうすっぺらなボストンバッグ片手に上京してきて、はや 23年くらい経ちますが、そんな私にとって 「憧れの東京」 をキラキラと具現化したもの……それこそが PLASTICS なのです! アーンド そしてそれを取り巻くものもね (ピテカンだったり、A STORE ROBOT だったりとか)。

しかしながらなんというかこう……根が田舎者のパリジャンである私には敷居が高すぎまして。だって、なにしろ超オシャレ、真のオシャレの権化ですからね。
そんな感じでモジモジしてたらいつの間にか何十年も経ってたわけですが、もうどうにもこうにも我慢もできず、この歳になってようやっとそこに飛び込んでみたわけです(って、まぁ ライヴ行っただけですけど)。
そしたらやっぱりキラキラしたものがいまだなにひとつ古びることなく……いやそれどころかますますのキラメキをもってそこに存在してたわけです。

(中略)

そんな感じでここ最近 急に追っかけ活動をしてきたわけですが……
http://youngparisian.seesaa.net/article/436211592.html
http://youngparisian.seesaa.net/article/436906572.html
http://youngparisian.seesaa.net/article/437764006.html


いきなり再結成するというではありませんか!

なんつうタイミング!


で、行ってまいりましたブルーノートへ!

13133332_1356002194416837_1770370696755000155_n.jpg

あーーーーもう 興奮する!!!

ブルーノ―トなんてまたこれ敷居高いなーーー!


なんてチラリとおもいましたが、憧れの東京の象徴、カッコいい東京の象徴ですので、敷居高いくらいが最高。そうこなくちゃ! って思うわけです。


で、会場に一歩足を踏み込みましたところ、あの方やあの御方なんかが来場しておりまして おおお!! っと心の中で吠えたしだい。

んで、なるべく前の方の席に座ろうと空いてる席を探したところ・・・・

なんと星くず兄弟の目の前!!

13179165_1356583471025376_4265725582587555331_n.jpg

さすがに超ハイセンスな選曲をされておられます。

いや、今ちょっと見栄をはりました。

ほんとはセンスがいいなんて言うほど、完さんがプレイしてる曲なんかわかっちゃいねーす。
でも、わかんないなりにも、かっけー!って思いましたです。はい。

本日のスペシャルドリンク 「ROBOT」 を呑みながら待つことしばし。。。。。

13177762_1356583474358709_1076243747122237092_n.jpg


はじまりましたー

13165862_1356582994358757_5236945104094215585_n.jpg


かっけーーーー!!


もーーーとにかく最高!!


あの曲やその曲が今 目の前で!!!


安易な言葉だから使いたくないんだけど、PLASTICS はもうテッテー的に 「パンク」 でした。

音も姿勢ももちろん。以下の点においても PLASTICS は現在もパンクであり続けていると思います。

・既成の概念を破壊するもの (ロックはプロの音楽人がやるものというものも破壊)
・芸能ロックと一線を画すもの (パンク以前のロックは良くも悪くも芸能人がやってたものだとおもう)
・グラムロックと地続き
・過去と繋がっていながらも、それをぶった切ってるように見せることができる。
・オシャレ
・突然変異


そんなことを後付けで感じつつも、とにかく素晴らしいショーでした。

スリリングなのに、どこか遊んでるような雰囲気のライヴも 他に類を見ないと思ったしだいです。

13221462_1356583001025423_9031049139134698886_n.jpg


また観れる機会はあるのかな??


これでまた私は TOKYO にあこがれることができました。







この日メンバーだったリンダさんと
13174164_1356583031025420_4296036010760349383_n.jpg

どさくさにまぎれてハジメさんにもらったサイン。
13173758_1356582924358764_7273117327692422860_n.jpg

高木完さんと! 
13174181_1356117724405284_1727208583910986775_n.jpg

完さんは 「大韓不法集会」 聴いてくれてて tweet もしてくれてたのでお礼を。YOUNG PARISIAN のことも知っててくれてました。うれしい。


さてさて、私の PLASTICS FEVER はまだ続きます。


続きはまた
posted by TSUNEGLAM SAM at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

JET ART EXHIBITION アートに抱かれて眠りたい

幡ヶ谷 CLUB HEAVY SICK にて昨年も開催された JET BOYS ONO CHING 氏主催のアート展があります。
去年は私は絵で呼んでいただきましたが、今年はトークイベントに参加です。

2016/5/27(fri)、28(sat)
Ono-ching from JET BOYS hosts art event “Jet Art Exhibition 2days”!!!
Art meets Rock!! ご存知 Jet Boysオノチンに呼ばれたバンドマン・アーティストによるアートショー!豪華メンツによるDJあり、ライブあり、なかなかないメンツによるオノチンを囲んでのトークショーもありのてんこ盛り!!「アートに抱かれて眠りたい」
http://jetartexhivision.web.fc2.com/

〈ARTIST〉
・ONO-CHING
・NAOYA
・丹波鉄心(漫画家)
・KUNIYASU MORI(切り絵)
・ナカムラ マサ首(ステンドグラス,ドローイング)
・小野由紀子(写真)

〈GUEST ARTIST〉
・ROCKIN' JELLY BEAN
・JIMMY MASHIKO

〈LIVE SHOW〉
27日
・ROCKIN' ENOCKY
28日
・KUMMY(THE JOHNNY DISCO BEACH/ex.MUTANT MONSTER BEACH PARTY)

〈TALK SHOW〉
27日
・DADDY-O-NOV
・ROCKIN' JELLY BEAN
・ROCKIN' ENOCKY
・ONO-CHING(JET BOYS)
・恒遠聖文(ライター)
28日
・ONO-CHING(JET BOYS)
・恒遠聖文(ライター)
and more

〈DJ〉
27日
・DADDY-O-NOV(BACK FROM THE GRAVE)
・TUCKER
・ネモト・ド・ショボーレ(CHILDISH TONES)
・YOCCHAN(LIPS)
28日
・WILD OX(EROSTIKA)
・RYO THE DYNAMITE(TWISTIN' RUMBLE)
・CYRIL ROY
・Milky(Jimjams)
・TOYOZO(THE FADEAWAYS)


27日
〈OPEN/START〉18:00
〈DOOR〉1,000yen+1D

28日
〈OPEN/START〉15:00
〈DOOR〉1,000yen+1D



去年参加した時の模様。



P2263862_R.jpg

1555399_1067383549945371_6712107677743994226_n.jpg

10314665_1067448276605565_5595732160050922643_n.jpg

11009103_1066596976690695_3906958903385039507_n.jpg
posted by TSUNEGLAM SAM at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

パンクロック黄金週間

ちょっとまた時間経ちすぎちゃいましたが、黄金週間の最後はパンク祭 2 days に行ってまいりました。

13139224_1356617811021942_2292300222869854183_n.jpg


以下、いつものミーハー活動報告です。


完全なる自己満足と自慢の報告です。


まずリッチーラモーン。

こう言ってはなんですが、ラモーン一族の中で最も思い入れのないラモーンさんではありますが、他のラモーンが好きすぎる&すごすぎるんで仕方なし。

それでもやっぱりリッチー在籍時のアルバムはどれも素晴らしいですからね、そのドラムが生で聴けるのはうれしいですし、あーあれ叩いてた人なんだ! っと思うとやっぱ興奮もします。


というわけで、終演後にパチリ。

13118954_1353937467956643_4540168576474340599_n.jpg

ラモ―ンズの主要アルバムは全部もってるはずだが、この 2 枚しか家で見つからなかった。どこいったのやら????

13165990_1354371234579933_4846891266593024613_n.jpg

13133183_1354363964580660_2347552380865923424_n.jpg



続きまして、ヴァイブレーターズ。ノックスがいないのは残念でしたが、リーダーであり中心人物のエディはいらっしゃいます。

13177566_1353937627956627_7469185135062751373_n.jpg


すごい貫禄!



ライヴは基本、EDDIE さんが歌うんですけど、他のメンバーもちょっとづつ歌います。

んでもって今回、事前にメンバーをチェックしてなくて当日にびっくりしたのですが、ギターを弾いてたのはなんとダレル・バス!!

13173776_1353937634623293_4260194759116751917_n.jpg

クライベイビーズやドッグス・ダムール、UK SUBS、イアン・ハンターのバンドなどでギターを弾いてる御方です!

13256514_1361327873884269_4155634802817622752_n.jpg

これはうれしかった!

エディさんには怒られそうですけど、個人的にはダレルバス・バンドだと思いながら観させていただきました。




エディさんにもサインいっぱいもらっときました!

13133359_1354362151247508_7284334243328525329_n.jpg

13254359_1360162727334117_4292587950160623595_n.jpg

13151811_1354333794583677_6142578015887592334_n.jpg




さて、最後は待ちにまったスローター&ザ・ドッグス!


すごい前に来日した時も観にいったんですが、正直あんまりおぼえてないっす! でも、なんかでっかい帽子かぶって SLADE のカヴァーやったのがうれしかったのはおぼえてます。

さて、カルミナ・ブラーナの SE にのってメンバー登場!



ウェイン! 青い髪でかっこいい!!

13263908_1361327780550945_178080736723375488_n.jpg


んで、ギターのミックもクールです!

13227017_1361327777217612_6464333004636461463_n.jpg


ライヴは最高!!


スローター&ザ・ドッグスといえば、


ミックロンソンの Slaughter on 10th Avenue と



ボウイの Dianmond Dogs から



取ったバンド名だけあって GLAM ROCK 大好きな方々です。

初日、私はもちろん狙って BOWIE & LOU REED & IGGY の T-SHIRTS 着ていったのですが、それを観たウェインもミックも ナイス T-SHIRTS!! っていってくれました。



で、二日目もボウイの T-shirts でいったんですが、

ミックがそれをステージから指さして、

「次の曲はミック・ロンソンと偉大なるデヴィッド・ボウイに捧げる!」 つって 「I'm Waiting for a Man」 をやってくれました。

そういえば、以前も T.Rex の T-shirts 着て DAMNED 観に行ったら、キャプテンがそれを指さして 「マーク・ボランに捧げる!」 つって 「SMASH IT UP」 をやってくれたこともありまして、イギリスのパンクスはほんとにグラムロックの子供たちなんだなーってことを痛感させられます。




スロ―タ―はこの日、他にも 「Get it On」 や 「Who are the Mystery Girls?」 などなどもやってくれて最高でしたね。

あ、当然オリジナルも最高でしたよ。みんな大好き 「Situations」 なんかも聴けたし。




エンターテインメント精神とストリート感、チンピラっぷりを忘れず、ロックンロールを愛し続けるバンド スロ―タ―&ザ・ドッグス。以前よりもっともっと大好きになりました!

13266113_1361327803884276_6885366669535973453_n.jpg

13265911_1361327800550943_5867374292106707423_n.jpg


そうそうライヴ終了後、見ず知らずの方が「よかったらこれを・・・・」 っと一枚の紙を私に。


なんだろ? っと思ったら・・・・・



13139052_1355491321134591_5319876399091934724_n.jpg



セットリストじゃねーすか!!


いや、実はこの日 吾輩が 10 万 43歳 になる誕生日だったのですが、もしやこの御方 それを知っての粋な計らい!? っと一瞬思いまして、「な、なぜ これを私に?」 っと問うたところ

「あなたが一番楽しそうにしてたから」 


っとの素敵なお言葉!   


名も知らぬ方、ありがとうございます! 今度どっかで見かけたら声をかけてください。一杯おごります!


さて、スローターとのミーハ―活動も報告しておきます。

1st みあたらなかったので、とりあえずはコレ

13173741_1354377021246021_4494964221529345493_n.jpg


あと、今回の私的最大のミッションはこのレコードにサインもらうことです。

13179227_1354379071245816_8657017281933825977_n.jpg


こちら私の愛する SIGUE SIGUE SPUTNIK のマーティンのソロアルバム。MICK ROSSI 全面参加! ちなみに表には MARTIN のサイン入り!

これ持ってる人 なぜか少ないんですけどグラマラス・エレクトロ・ロックンロール 名盤なんです。

ちょっと聴いてみておくれ




これを差し出したら MICK もおお!って驚いておりました。


そんなわけで様々なロックンロールミーハ―・ミッションは滞りなく完了いたしました。



最後にウェインとミックに挟まれてパチリ。



13118954_1353937611289962_9068924735974211009_n.jpg

13174062_1354333801250343_1480484882522272666_n.jpg

二人とも案外ちゃっちゃくてかわいらしかったです。




あー、スロ―タ―最高だったなぁー。またこないかなー。
前回観たからいいやって人がいたら、それちょっと残念だったと思いますよ。今回かなりよかったです。


というわけで、最高に楽しい黄金週間、そして誕生日となりました!

招聘してくださった VINYL JAPAN さん ありがとうございました!!!!
posted by TSUNEGLAM SAM at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

Golden Week of Rock'n'Roll

ロックンロール黄金週間。

今年もやってきましたね、黄金週間。去年何やってたんだかさっぱりおぼえてないですがどーせロクなもんじゃなかったでしょう。

でも、今年は楽しかったですよ。つってもライブいったりイベントいったりしてひたすら呑んでただけですけどね。

何個かトピックを書こうかなと思いましたが、今日のところは 2 つ。



まず、BOWIE の 「STATION TO STATION」 再現ライヴにビルボードへ行ってまいりました。
ゴールデンウィークにゴールデンイヤーズってかんじです。

13151495_1351684341515289_6855315580555830102_n.jpg

気になるメンバーは、長年ボウイをサポートしてきた盟友ギタリスト、アール・スリックがその中心です。私が以前観たボウイの来日ライヴもアール・スリックが弾いておりました。

その他に、ローリング・ストーンズのサポート・メンバーのバーナード・ファウラーがリード・ヴォーカルを担当。
さらに2015年の『世界を売った男』のトリビュート公演にも参加したミック・ロンソンの娘 リサ・ロンソンも参加。

んでもってベースはアダム・アントのバックやってたクリス! そう、去年ミュータンツでラット・スキャビーズと共に来日したあのクリスです。



ライヴの内容は、実は正直そこまで期待してなかったんですけど……思った以上に楽しめましたし、またこのライヴを通して 「STATION TO STATION」 というアルバムが更に好きになれたことがよかったです。


これセットリスト。ジーンジニーとヴァレンタインズ・デイはやんなかったね。

13087821_1353087224708334_7661160826911435069_n.jpg


終演後、サイン会がございましたのでアール・スリックとパチリ!

13165904_1351749688175421_4096909970138389626_n.jpg

イエイ!


んで、備えあれば憂いなしということで、持参したこれ。

13124833_1351760628174327_3401436586386558788_n.jpg

これストレイキャッツのリズム隊とやってるもんで、そういう音を期待した方にはちょっとガッカリな内容かと思いますが、グリッターな曲があったり、




2nd には最高のパワーポップチューンがあったりしますんで要注意です。



アールスリック 若々しくてかっこよかったなぁ。


あと、リサ・ロンソンの CD を買ってこちらもサインしてもらいました。まだ聴いてないけど (小声)。

13151727_1351763251507398_1292036361595764356_n.jpg


それからそれから、ご存知の通り私は大のアダム・アントの大ファンですので、クリスにもいただきました。

13151433_1351763361507387_1459337899324002255_n.jpg

13151430_1351763354840721_2155574712961403164_n.jpg


クリスはこの頃のメンバーですね。




クリスともパチリ。

13177824_1351750021508721_1252568104322704508_n.jpg


あと、バーナードさんにもサインもらっときました。

13177357_1351763248174065_4096426148314944117_n.jpg


また単なるミーハー活動の報告でしかないですけど、まぁ、そんな感じです。






あと、プラスチックスのトークイベントにいってまいりました。

こんな素晴らしい本がでまして。

f571ef3e997ac9.jpg


その発売を記念したトーク&サイン会だったのです。


中西さんのリメイクしたデニムジャケット(A STORE ROBOT にて購入) に PLASTICS T-SHIRTS を着こんでいざ渋谷へ。

13173961_1352244168125973_8652438832738233679_n.jpg


整理番号は 3 番! 至近距離で興味深いお話がたくさん聞けました。

13100948_1352354821448241_7172670013899245869_n.jpg

サイン収集がライフワークの私ですので、当然 本にもいただきました。
13151470_1353042724712784_1442305389637582790_n.jpg

なんにも言ってないのに 中西さんが 「To TSUNEGLAM」 ってイタズラっぽく書いてくださって嬉しかったです。


宝物が増えたね。


さて、そんなこんなで昨夜は PLASTICS のリユニオンライヴに行ってきたわけですが、そのことはまた!!
posted by TSUNEGLAM SAM at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

こないだのライブ。トク・ザ・D とデュエット。

白くしました。

13087435_1349128605104196_6726384004472875290_n.jpg

これだとまだ黄色くみえるかな?

でも、ライティングしだいでは おどろきの白なんですよ

あ、そんで おニューの衣装。私の大好きなアダム・アントおよびマイケルみたいでよいでしょ?
ちなみにマイケルはアダムにあこがれてあれを着てたって知ってた?


これ出番前。

13076887_1349182951765428_991546057768863433_n.jpg

13062396_1349183748432015_4858866970476491349_n.jpg

さて、出番です。


13103418_1349562985060758_2067370493957716116_n.jpg

13087531_1349563268394063_2519605888814834222_n.jpg

いろいろトラブルもあったりでちょっと残念なとこありましたけど、久しぶりの曲も数曲やって、楽しかったです。


さて、ここでせっかくなんでゲストをおよびしました。


チョコレイツのトク・ザ・D をおむかえし 「TV EYE」 をプレイ。

13119001_1349520925064964_3289221187155112942_n.jpg

トクさんカッコよすぎて 一緒に歌いながら身震いしました。


13077064_1349521728398217_1416173011806266070_n.jpg

実はトクさんとの共演はこれが初めてではないです。
トクさんが以前やってたドメニコドモランテでまだヤンパリやるより全然昔 バンドもやれてない時期に呼んでいただいて、これを歌わせていただきました。






まぁ、その頃はわたしはまだ、TSUNEGLAM SAM ではなく、ただのしがない本田健一(本名)でしかなかったので、こうして (恐れを多い言い方をあえてするなら) 対等な立場で一緒に歌えてよかったです。


この写真いいな。

13062231_1349519245065132_8548826439954588578_n.jpg

「オイ、オイ、ツネグラムよぉ、ツネグラムよぉ、よー聞け! よー聞け! これが俺の生きざまじゃーーー!!!」 (大仁田調) ってかんじ。


んで、健闘をたたえあう二人。

13131703_1349520295065027_5385636847144648131_o.jpg

トクちゃん、あの目つきからのこの笑顔!! 最高すぎる。英雄の条件は笑顔が似合うこと! 最高。




その後、チョコレイツのステージのアンコールにも逆に招かれました。

マドンナのライク・ア・ヴァージンやったんだけど、歌詞しらないからサビしか歌わなかったわよ。
んで、なんかこれで終わるのもちょっとな―――って思ったんで、アドリブでホワイトライト・ホワイトヒートを私が歌い始めて煽って、無理やりそれに突入。

しばらくその曲やってなかったらしく無茶ぶりだったらしくて、あとで叱られました。

でも、おもしろかったな。


ヒロキング先輩にも 「ツネッキーと一緒にやるのは めんたいレンズ以来でうれしい」 と言ってもらえてうれしかったです。

13138825_1349546808395709_3303132412109290295_n.jpg


あ、そうそうチョコレイツ この日、一曲目から完璧な演奏、完璧な歌でプリンスの 「KISS」 をカヴァーしててぶったまげました。しかも幕しめたまま。んで、それが終わってジャーン!! で、幕が開く的な。


かっこよすぎた。またやってほしい。


繰り返すけど、トク・ザ・D はフロントマンの鏡だな。超かっこいぜ。
posted by TSUNEGLAM SAM at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする