2016年06月30日

ライヴ予定

ライヴ観に行って写真撮ってサインもらってばっかの人みたいなんですが、バンド自分でもやってます!


ライヴ予定を! 


7月16日(土) @ 幡ヶ谷 CLUB HEAVY SICK
「Forks and Chopsticks」
YOUNG PARISIAN
The Johnny Disco Beach (from Mutant Monster Beach Party)
OGA (ジムノペディア)
Chika Verde
and more
DJ BEE BEE CLARKE and more
OPEN/START 18:00/18:30
\ADV 2,000yen+1D DOOR 2,500yen+1D
問)Club HEAVY SICK 03-3466-1445


元、BOYS BOYS、元 ミュータント・モンスタービーチパーティー の KUMMY さんよりご指名をうけましてのライヴ! KUMMY さんのバンドかっこいいらしいので、実に楽しみです。



続いてはこれ。

7月24日(日)@荻窪 Club Doctor
ショーン・パーセル追悼「ギロチン・シアター」ライヴ
middle_1462457199.jpg
Cuddly ToyZ(Japanese tribute band with Paddy Phield)
YOUNG PARISIAN
Sister Paul
Hat Trickers
New Toyz
OPEN 17:30 START 18:00
ADV ¥2500+D DOOR ¥2800+D
問)Club Doctor 03-3392-1877


PADDY さんと久しぶりに共演です。日本一 CUDDLY TOYS が好きな男 (断言) としてはとても楽しみですし、がんばりますよ。



そんでこれ。私、TSUNEGLAM SAM 企画!!!!! 

8月28日(日)@ 幡ヶ谷 CLUB HEAVY SICK
TSUNEGLAM SAM prsents「BOYS KEEP SWINGING」
YOUNG PARISIAN
Yamashita Nobyki (ex Sandiest from Shiga)
YOU GOT A RADIO
STRANGENESS (from 仙台)
DJ/Hiroshi the Knock (KNOCKS, FLASHLIGHTS)
OPEN 18:30 START 19:00
ADV \2000 DOOR \2500
問)Club HEAVY SICK 03-3466-1445


最高のメンツがそろいました。こちらもぜひ


前売り予約は youngparisian@hotomail.com もしくは twitter DM にて。
posted by TSUNEGLAM SAM at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

ロックの日

6月9日はロックの日!!!


なんていいぐさ 大嫌い!!


まったくもってくだらねえ!!



なーーんてこれまでずっと思ってましたが


今年は別。


6 月 9 日、この御方が 69 歳になられるというではありませんか。

s.jpg

こんなロックの権化みたいな方のお誕生日ならば、そりゃあもう 6 月 9 日がロックの日ってのも異議なし!! です。


というわけで、サンハウスのボーカル “菊” こと柴山俊之さんが、69 歳の誕生日を迎える 6 月 9 日にソロアルバム『ROCK’N ROLL MUSE』をリリース! しかもプロデュースは鮎川さんです。

そして、この日、菊/ft.鮎川誠シーナ&ロケッツという布陣で 『ROCK’N’ROLL MUSE TOUR』 が渋谷クラブクアトロにて開催されました



前半はニューアルバムのナンバーを曲順どおりにやっていったんですけど、もう一曲目から最高でした。

どの曲もカッコよかったんですけど、特に 「それでいいのさ」 がドールズライヴなリフと T.REX 的なフレーバーが同居する最高のナンバーで、そのうえ歌詞がまた素晴らしい!!!

これこれ
13434692_1377301608953562_4368854863186361133_n (1).jpg


これやばい。

聴いた瞬間に耳に飛び込んできて、うおー!ってなった。


私はわりと歌詞とかどうでもよいし、よっぽどダサくなければまったく気にしないようなタイプなのですが、菊さんの歌詞だけは別。ほんと好き。

この歌詞は、周りのロックを愛してやまない友達の顔が目にうかんできてなんだかジーンときます


ライヴ後半はサンハウスの曲もガンガンやってくれて今回もまた最高のライヴでした
13419086_1376825809001142_5691728066009613508_n.jpg

菊さんはもちろん最高だけど、鮎川さんもホント 人間国宝だよね。隅から隅までかっこいいよ
13434731_1376979995652390_5831593817022897727_n.jpg


こんな方々が現役バリバリでやっておられて、ほんとにほんとに嬉しいです。

元気でるな。

13394005_1376802565670133_5885495156470715962_n.jpg






おまけ。

会場であった 魔術師 中村宗一郎さんと久々にあったモーサムのモモくん
13343042_1376919108991812_2546806616292069243_n.jpg
posted by TSUNEGLAM SAM at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

レコーディングしました。

こないだレコーディングしましたよ。

7 インチ出そうと思いまして。

単独作は 2 年前の MAJESTIC SOUNDS から出た 7 インチ以来とまってたもんで。


実はもう前々から構想というか妄想がずーーっと頭にあったんですけど、近年はなにかと忙しかったり心の病にもかかってましたもんで、なかなか踏みきれなかったわけです。DIY もあんま好きじゃないですしね。パンクバンドじゃないですし。つうかめんどくさいし。


でも、動きだしたら楽しいもんです。

元々、ライヴよりレコーディングの方が好きなんです。私は。

だって、昨日まで聴ける形じゃなかったものが形になるんですよ。しかも誰もが聴ける形に。
あと、脳内で鳴ってた音が具体的に形になっていく様は最高の気分なのです。

思い描いてた この曲を、あそこで録って、デザインはこうしてもらって、あそこのレーベルから出す・・・・っていう妄想が着々と実現に向かっております。


発売はまだまだ先ですけど、お楽しみに!



ドラムは毎回 がっつりミュート

13312837_1368963059787417_3514657407997000515_n.jpg

今回はゲストでオルガンが参加。そしてこのアンプ!
13263914_1368962713120785_34647253851396983_n.jpg

歌入れ前の最終チェック
13296101_1119587501439838_940654790_n.jpg


歌入れと豆を食べる人。
13310505_1369312689752454_2136300977372446356_n.jpg



世界的にみても類をみない 凄いものが出来ました。


かなり面白いことをもくろんでおる。

これは事件だな。

さぁ、戦闘開始です。


戦争は反対ですが。












------------------------------------------------------------------


REC の後は リアルキッズ中止の代打公演にいきました。

ロッカチェリーもカッコよく

ハイライフも死ぬほど最高で
13319871_1369544596395930_5378080109510757064_n.jpg

13325627_1369545033062553_4529001916698258110_n.jpg

トゥイーザーズも大好きでした
13327473_1369548516395538_6581558507826816348_n.jpg


社長お疲れさまでした。
13241216_1369556979728025_4391498138156058673_n.jpg
posted by TSUNEGLAM SAM at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

ニューオ―ダ―来日

ニューオ―ダ―を観に行ってきました。


って、もうけっこう時間経ったことを今さら書いたりするのはなんでかと言いますと
年末に今年を振り返るってなった時に便利なんですよ。

バンドとかライターやってますと。まぁ、そういう機会がわりとあるもんでしてね。

だからこんなの誰が読んでんのかさっぱりわかりませんけど、自分が振り返って読んだ時になかなかおもしろかったりするもんです。



ってなわけで、ニューオ―ダー!!


観るの初めてです!!


・・・・・えっと、なにかこうかな。。。。。


とりあえず、ニューオ―ダ―で一番好きな曲 「セレモニー」 が聴けてうれしかったです!
(前日にやったという 「リグレット」 も聴きたかったなー)

映像や照明もすごかったよ。



13312775_1367872969896426_6947331421032854808_n.jpg


観に行ってみて思ったのは ニューオ―ダ―は当然 当たり前ながら現行バンドですね。
若い人もたくさん観に来てるし、超満員。
懐かしいとか、80'S とか、ニューウェーヴとかそういう雰囲気まったくなかったです。


んでもね、ニューオ―ダー大好きな皆さんにはホント申し訳ないですが、私はライヴ観ながら ずっと PET SHOP BOYS、あと DEPECHE MODE 観たいなーなんてぼんやり考えておりました。

PSB も DM もぜんぜん懐かしい系じゃなくバリバリの現役。

なんとか日本に来て単独やってくれにゃいだろうか。。。。



posted by TSUNEGLAM SAM at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

サイモン・ターナーにあった。

はい、毎度のことながらしばらく時間経っちゃいましたが

サイモン・フィッシャー・ターナーに会えました!




サイモン・ターナーのプロフィールをコピペしますと以下の感じ。(誤りがあったので修正)

音楽家。ザ・ガジェッツなどのグループ活動を経て、1987 年に 「キング・オブ・ルクセンブルグ」 名義でアルバムをリリース。並行して、デレク・ジャーマンの映画 『カラヴァッジオ』 などのサウンドトラックを制作する。1990 年、実名をアルバム名とした 『サイモン・フィッシャー・ターナー』 を発表。ソロアルバムや映画音楽で展開するサウンドの出発点となる。執拗なサンプリングや音の断片のコラージュ、無国籍なアンビエント・ミュージックを特徴とする。現在も、積極的な創作活動をおこなっている。
http://www.simonfisherturner.com




まぁ、そんな感じで最近はアンビエントとか実験音楽界隈で活躍しておりまして、そっちはそっちで好きなのですが、グラムロック狂の私として重要なのは若き日の SIMON TURNER が以下のようなグラムロック〜ティ―ニーポップを奏でてたことにあります。


この曲とか


あと BOWIE のカヴァーとかね




もう一個、別の側面から。多くの方と同じくコレも自分的には重要ですね。



el レーベルから出てる キング・オブ・ルクセンブルグ名義のやつは大好物です。



そんなサイモン・フィッシャー・ターナーが来日!  
5 月に新国立劇場で上演されたデレク・ジャーマンが著した光と色に関するエッセイが元となったダンス公演 『CHROMA』 で音楽監督を務めるための来日だったわけですが、それに先立ち、アップリンクで開催されたイベントに行ってまいりました!


渋谷アップリンクの一階のファクトリーとギャラリー、カフェを使用した、55 名限定のスペシャルイベントなのですが、このイベントがなかなか実験的でおもしろいものでした。
どういう風に実験的だったかを説明しようと思いましたが・・・・・ちょっとめんどくさいのでやめときます。とにかくそこいらじゅうでいろんな人が演奏したり、詩の朗読が行われたりしてるかんじなんですよ。
サイモンさんもカフェの厨房に入ってなんか演奏したりしてて面白かったです、とても。


実はこの日 うまくいけばサイモンと写真撮れたり、サインもらえたりできっかなー な〜んていつものようにミーハーなもくろみをしてレコードも持参しておりまして。


でも、まぁ、難しいよな・・・・・


なんて思ってたのですが・・・・・


入るなり いました。


ちょこんと


座ってるじゃないですか。



エ、エクスキューズミー・・・・ってかんじでお願いしまして

こんな感じです。

13239337_1361506337199756_8518758360310735659_n.jpg

13245419_1361513170532406_7048116212772883114_n.jpg

13221469_1361508230532900_4589275362691843863_n.jpg


んで、そりゃもうサインもね!


まずは最大のミッションであるこれから
13227189_1361719820511741_8939231323904525473_n.jpg

そんでこれら
13239025_1361655503851506_4416083820082635233_n.jpg

13267967_1361707627179627_6130582909178590439_n.jpg

最新作にも
13239925_1361564867193903_4882371289426784650_n.jpg



ってな感じでいきなりミッション成功。


あとはもうこの実験的な空間を楽しむだけです。




以上、ミーハー活動の報告をおわりますが、サイモンさんとかブライアン・イーノとかが、ロックンロールからこっちの世界にいっちゃう過程にすごく興味があります。そこんとこ話を聞いてみたいな。






posted by TSUNEGLAM SAM at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAYDAY

これまたしばらく経ってしまいましたが、MODS MAY DAY いきました。
昨年に続き これで人生二回目です。


しばらく経っちゃったからあんま覚えてないですが、

5,6,7,8,'S とモーガンが死ぬほどカッコよかったことと、

マンジさんがイカしてたのはメチャ覚えてます。

13178703_1358745414142515_8088789677136608783_n.jpg



そんでもって JTQ 観ましたけど、

13240076_1358888030794920_8935820075396101276_n.jpg

13178978_1359103247440065_6632761978430649160_n.jpg


最高すぎる。。。。。。。。


20代の前半の頃、なんかこういうの聴いたらかっけーんじゃねーかというヨコシマな思いで聴いてるうちにめちゃハマったのがコレ。

13239486_1359168280766895_9012826019106564926_n.jpg

学生時代 DJ のまねごとみたいなのをやった時にもかけたっけな。


(PRISONERS は後々知りました)


でも、JTQ のことなんて大変申し訳ないけど長いこと忘れてしまっておりまして。。。。
まさか JTQ のライヴを観ることができるなんて思ってもみなかったです。



しかし、ライヴ最高 ホント最高でした。。。。完全にもってかれたかんじ。

テッテ―的にクールかつエキサイティングで大ファンになりました。

また観たいなぁ・・・・


つーわけでことしの MAY DAY も楽しかった。いつかウルトラモッズバンドとして出演してみたいです。



あまり写真撮ってないですが、ジャムおじさんことウッチーさんと私の幼馴染のカズ
13241357_1359104147439975_9055056527899867805_n.jpg


前日の朝方まで呑んでて電車のって着替えに帰ったのにそのまま電車で寝込んじゃって同じカッコのまま MAYDAY に来たうちのご近所さんと、酔っぱらって財布おとした人と。
13179314_1358765410807182_9026945601485449806_n.jpg




MODS の集いに一人だけ 80's CASUALS FASHION がいるとおもしろいかなと思いまして、昨年に続いて FILA でいきましたが、誰にもわかってもらえず残念でした。。。。
posted by TSUNEGLAM SAM at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

PLASTIC FEVER

狂熱の PLASTICS リユニオンショーからちょいと経ちまして、それのアフターパーティーが催されました。


ここんとこ毎月いってる 「PLASTIC BOMB」 というイベントです。

13226891_1362772460406477_4166814101696062438_n.jpg


このパーティーに一人で行くのは心細いもんで、いつもダビデチオ松井氏や RIS 様なんかに付き添いいただいてたんですが、本日は地元 福岡が産んだカルトヒーローにお声掛け!




そう、PACKMAN です。


Ci0P49bVEAIrn1B.jpg



PLASTICS が私の憧れの TOKYO ならば、PACKAMN は憧れの博多って感じです。

(PACKMAN についてはこちらを)
http://youngparisian.seesaa.net/article/190121038.html


そんな PACKMAN も PLASTICS の大ファン。毒舌で有名な氏も PLASTICS のことになると敬意を隠すことができません






さて、ライヴが始まりました。


このイベントでは中西さんは TYCOON TOSH & THE 3STOOGES という名義でやっております。

13254345_1362772487073141_5644975525567392012_n.jpg


中西さんのカッコよさはもちろんですが、シンセのモモさんのなんとも不思議で謎めいた魅力、そしてそしてギターの大西ツルさん! この御方のギターがほんっとにかっこいい!!! 現在、私がもっともシビレちゃってるギタリストさんです。


いろんなカヴァーをやりつつ、最後には PLASTICS のナンバー続出! 超興奮いたしました。


さてさて、一回ライヴが終わったところでのんびりとしておりましたところ、、、、、

なんとなく 2 ステージ目がはじまりました!


13254120_1362774433739613_3657773855675298868_n.jpg



そんで、ぼんやりそれを眺めてたところ・・・・中西さんの口から驚愕の言葉が・・・・・



「TSUNEGLAM SAM なんか歌おうよ!」




・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・



えっ・・・・・・・・



まじか・・・・・・・・



とか思いましたけど、呼ばれたらいかないわけにはいかないよね。。。。。


「ジーンジニー」はじまっちゃったけどさ、まったく歌詞わかんないけどさ、


やるしかないよね。。。。。


死ぬほど聴いた曲だし、ボウイ好きを常々公言してるくせに歌えないけど、歌うしかないよね。。。。。。


ってな感じで、顔から火が出るおもいでしたが


やってしまいました。。。。。



夢がかなったというにはあまりにもふがいなかったですが、実に貴重な体験をさせていただきました。


PACKMAN が撮ってくれてたよ。

13221567_1362774357072954_8152990849481488332_n.jpg


降ってわいたようなこの出来事。自分のふがいなさと、うれしさでこの日の夜は眠れなかったわよ。


その後も STOOGES や T.REX、TALKING HEADS や ROLLING STONES など最高すぎるカヴァーが矢継ぎ早に続き、めちゃ興奮したしだい。

いやー 今回もレアなものがみえました。





ライヴ後はお約束のミーハーライフワークを。


1st
13220903_1362741987076191_6643682985305740320_n.jpg


こないだ出たライヴ盤!
13233067_1362728587077531_6224456683349032803_n.jpg


海外盤のソノシート
13237838_1362757900407933_84591225511684155_n.jpg

こちらも海外盤のソノシートなんですが、中西さんのサインが・・・・あれ?
12036485_1362762733740783_4113435590571680763_n.jpg

こちらにも
13260083_1362771617073228_2433223281080283637_n.jpg

んで、写真。今日は MELON T-SHIRTS です。
13263822_1362773797073010_5736506484064822632_n.jpg

PACKMAN もパチリ。完全に舞い上がってます。
13267851_1362774430406280_5704611270964175705_n.jpg


そんなわけで、終始 興奮の一夜。


PACKMAN も 「これが憧れとった東京ばい!」 って感慨深そうに言っておりました。




そんなわけで私の PLASTICS FEVER は当分おさまりそうにないです


T-SHIRTS も全色揃えちゃうもんね。

13244752_1364912563525800_1255881937214313255_n.jpg


13346665_1373653065985083_567032073137842279_n.jpg
posted by TSUNEGLAM SAM at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | New Wave | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする