2017年01月25日

GARAGE ROCKIN' TALK SHOW

先日は 「GARAGE ROCKIN' CRAZE」 の上映前にトーク出演しました。

映画でのトークは、MOTT THE HOOPLE の映画で MORGAN FISHER と話したり、「GET ACTION!」 で近藤監督と話したこともありますが、こういうシチュエーションは緊張しますね。。。。。



で、DADDY-0-NOV さんとのトーク。
16114007_1612180045465716_143406606395357515_n.jpg

時間の関係で そこまで深い話はできませんでしたが、リアルタイムで HARD CORE PUNK の出現に大いに衝撃を受けた氏が何故に GARAGE PUNK にひかれたのか、そしてそれを啓蒙しようとした当時の熱い思いなどを聞くことができました。

時間もあっちゅー間にすぎましたし、この辺のことをぜんぜん知らない人にむけてのトークとしましたので、あまり深いところまでは突っ込めませんでしたが、興味深い話が聞けたとおもいます。

ありがとうございました。





監督であり親友のマリオと。
16174550_1611501978866856_6996118150009727621_n.jpg

脚本のクラちゃんと。
16105637_1611508568866197_6540495931101053607_n.jpg


公開日程も延長になったみたいなんでよかったらどうぞー

http://garage-rockin-craze.net/

あ、そうだ。

パンフで マリオのインタビュ―と
16003066_1609931885690532_3146494288607907324_n.jpg


コラム書いてます
16002732_1609933819023672_6745886355247290391_n.jpg


あと、マリオがバンド紹介でヤンパリのことも書いてくれてて嬉しい。


よかったら読んでください!

---------------------------------------------------------
さてさて、YOUNG PARISIAN 次のライヴはこちら!

2月4日(土) 幡ヶ谷 CLUB HEAVY SICK
「LUX追悼ライブ  ★Date with The Cramps★」
W/TOKYO CRAMPS, THE LEATHER GIRLS,
THE JOHNNY DISCO BEACH, THE RADIOS
DJ/DADDY-O-NOV(Back From The Grave),
RYO THE DYNAMITE(Twistin' Rumble)
OPEN/START 18:00
ADV 2,000yen+1D DOOR 2,500yen+1D



16265901_1616623451688042_5773706098687117363_n.jpg



私、新衣装も手に入れ 気合入りまくりです!!!!!!
あっと驚く仕掛けも考え中

ご予約は youngparisian@hotmail.com まで!
posted by TSUNEGLAM SAM at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

GARAGE ROCKIN' CRAZE 上映前にトーク


1 月 21 日 映画 「GARAGE ROCKIN' CRAZE」 の上映前に 私、TSUNEGLAM SAM が DADDY-0-NOV 氏とトークすることとなりました。楽しい話ができるようがんばります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京発ガレージ・パンク映画「GARAGE ROCKIN’ CRAZE」渋谷HUMAXシネマでイベント開催

 東京発ガレージ・パンク・イベント〈Back From The Grave〉の魅力と、その主催者たちをフィーチャーしたドキュメンタリー映画、「GARAGE ROCKIN' CRAZE」。現在2週間限定でレイトショー上映中の東京・渋谷 HUMAX シネマでは、1月20日(金)に Rockin'Enocky(Jackie & The Cedrics) のミニ・ライヴを、翌21日(土)には Daddy-O-Nov(Back From The Grave) と Tsuneglam Sam(Young Parisian) のスペシャル・トーク・イベントを、両日 20:40 の回上映前に行ないます。

 スペシャル・トーク・イベントは、「GARAGE ROCKIN' CRAZE」 の主人公とも言える 〈Back From The Grave〉 の主催者 Daddy-O-Nov (写真上)と、昨年 AA records から 7inch アナログ盤 「GLAM ROCK APOCALYPSE」 を発表したグラムロック・バンド Young Parisian のメンバーで、音楽ライターとしても活動している Tsuneglam Sam を迎えて開催されるもの。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうだそうだ、劇場で売ってるパンフで

マリオ監督のインタビューと
16003066_1609931885690532_3146494288607907324_n.jpg

コラム書いてますんで
16002732_1609933819023672_6745886355247290391_n.jpg

よかったら読んでね!



わたしゃもうこの映画は出過ぎなくらい出てて偉そうにしゃべってて恥ずかしいこと山のごとしなので、正直もう二度と観たくない感じでなのですが、全体的にはたいへん素晴らしく、おもしろいので是非ご覧くださいませ!


posted by TSUNEGLAM SAM at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

Eternal Dusk その2

時間経っちゃいましたが、前回 http://youngparisian.seesaa.net/article/445262000.html の続き。


さて、展示会の開催です。初日のオ―プ二ングパーティはいけなかったのですが、ニ日目にトークで参加しました。


到着したらいきなり MORRISSEY がお出迎えです!

15578771_1572528636097524_8760069403590973154_n.jpg

あがる!!


そうそう、この写真自体にとてつもないマジックが封じ込められてるんですけど、実はこの日 私にもマジックが起きました。


ここに来る前に 「ジャンクショ−」 っていうアンティックなおもちゃとか雑貨市みたいなやつに行ってきたんですけど、最近の私はというと、そういうおもちゃとかには興味はあったりいいなと思ったりするものの もう買ったり集めたりはしてないんです。なので見るだけ見て楽しんで、そろそろ帰ろうかと思って出入口付近で振り返ったところ……なにやら缶バッヂがパラパラと。おもちゃとおなじくバッヂも最近はよっぽどのことがないと買ったりしないんですけど、ちらっとみたら、な、な、なんと これ!!!!

15541877_1573044142712640_2027232604760929737_n.jpg

ロミさんの写真 使ったやつじゃん!!!!


これね、THE SMITHS の 1st のインナー に使われてる写真ではありますけど、画像検索してすぐひっかるあれでもないし、MORRISSEY および THE SMITHS っていわれてパッっと思いつくような写真ではないんですよ。リアルタイムの初期ファンなら別ですけどね。つーわけで、運命を感じて即購入です。




さて、到着して会場をぐるりと回りましたが、もう大好きな写真ばっかり!!

15442226_1572594889424232_1330420320358628116_n.jpg
 

15578696_1572597476090640_9115259462802504801_n.jpg


どれもこれもが興味深かったなぁ。


さて、この日は私、トークセッションに参加。


スペシャルトークセッションに参加したのは、もちろん Romi さん、それから 久保憲司さんと CROSSBEAT の荒野政寿さんと私です。

荒野さんは一言でいえば 「ロックンロールの味方」 といってもいい方で、「え? CROSSBEAT がやってるメジャー誌にこんなのまでとりあげるの?」 っていうような偉業をこれまで多々やられてきた素晴らしい編集者です。いわばつっこみどころや、ケチのつけようがなし! ロックンロールへの愛情が隅々まで行きわたった御方です。


そしてロック・フォトグラファー、音楽ライタ―の久保憲司さん!
1980年代からイギリスに渡り、ニューウェーブやマンチェスター・ムーブメント、初期のレイヴを体験した人物で、その頃 ROMI さんと出会ったようで、同じ時期に同じロンドンの空気を吸ってた方です。

私は初対面でしたが、久保さんの著書 『ザ・ストーン・ローゼズ ロックを変えた1枚のアルバム』『ダンス・ドラッグ・ロックンロール 誰も知らなかった音楽史』 なんかは愛読しておりましたし、WEBマガジン 「久保憲司のロック・エンサイクロペディア」 もよく読ませていただいております。

ロミさんもよく 「ツネさんにケンちゃん あわせたーい」 って言ってくれてたので楽しみにしてたんですが、最高におもしろくて素敵な方でした。


そうそう、久保さんはこの MV に出てるんです


1 分 ちょっとのとこかな。



そんなメンツでのトークですから、これ話がおもしろくないわけなくて
当時の裏話を中心にめちゃめちゃもりあがりました。


この日、思った以上に多くの方がいらっしゃったんですが、トーク中に調査してみたところ圧倒的に多かったのが、THE SMITHS、MORRISSEY ファン。

皆さんめちゃくちゃ熱狂的!!!

そんな中で私もいろいろな方とお話させていただいたのですが、なかでもこのかいなってぃーさんのブログはホントに素敵だったんで、はっておきます。
http://blog.goo.ne.jp/kaina_honma0912/e/4d040c863745c5ffba0bc23331b646c4

当日の雰囲気がよくわかるんで読んでみてください。


続きます。


posted by TSUNEGLAM SAM at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

Little Games RETURNS

セッションバンド THE LITTLE GAMES に再びお誘いいただき、大晦日にステージにたちました


メンバーはやっさんこと鈴木やすしさん(Ds)、中村しんすけさん(G)、Wajio Watanabe さん(Ba) という東京モッズシーン、和モノシーンなどで活躍してきた鉄壁のメンバー。

今回は前回参加した the Absolude の DAI さん、そして FAVE RAVES の青山さんが欠席となりまして、ヴォーカルは残念ながら、私 ひとり!! 実力派集団に交じってこの見かけ倒しの、キャラ先行型ヴォーカルだけかよ。

荷がおもいぜ!!


とかおもってたら やっさんよりもう一人のゲストヴォーカルが決まりましたのお知らせ。


誰かと思ったら、なんと カーナビーツの2代目 ヴォーカルのポール岡田さん!!!


さらに大物じゃないのよ!!


どうすんの!?


とか思いましたけど、がんばりました。


この日の衣装は上から下まで (靴まで) PRETTY GREEN です。
15822745_1589829971034057_3673118604405071988_n.jpg


前回と同じく、ゾンビーズ・ヴァージョンをお手本にした 「I got my mojo working」 と フィリピン人 GS バンド D' SWOONERS のカヴァーで 「PLEASE PLEASE TRINA」、んでもってもう一曲なんかないかってことになったんで、原曲はスモ―キ―ロビンソン&ザ・ミラクルズなんですが、これまた D'SWOONERS のヴァージョンの 「MICKEY'S MONKEY」を。

15873197_1592863157397405_3980852607745026043_n.jpg


まぁ、相変わらず 派手なだけでへったくそな歌を披露してしまいましたが、みなさんの演奏がバッチリまくりなので気持ち良く歌え、お客さんも盛り上がっていただけのでちゃっかりけっこう満足でございます。

あとなにより、大晦日までこうしてステージに立ててるというのがとても幸せでした。


私のあとはお待ちかねポール岡田さんの出番です。

15822537_1590942380922816_4931134650560726951_n.jpg

やばい! めちゃかっこいい!!!

歌声はルックスはもちろんですけど、タンバリンさばきがヤバいです!!

その日の映像じゃないですけど、これご覧ください!



タンバリンってこうやって使うんですね。

私もやってみたくなったです。


最後はサテスハクションで、私もアイキャンゲッノーを一緒にさせていただきました
15823244_1592835430733511_1990126321145936353_n.jpg


実に光栄でした。


今回もまためちゃめちゃ緊張しましたけど、とてもたのしかったです。
CARALL と K.RON も前の方で盛り上げてくれたので助けれらました。ありがとう。


まぁ、あんまり自虐とか卑屈なこと言うのもうざいんでほどほどにしときますけど、冷静な客観的な視点としまして私は歌がうまくありません。もっと厳密にいうと、比較的ロカビリーとかはわりかし得意なんですけど、 R&B とかそれの影響化の BRITISH BEAT なナンバーとか (要するに黒いやつね) が特に下手なんです。
そこは自分の課題でもあるわけですが、そんな私を 2 度もお誘いしてこういう機会をくださったやっさんおよびメンバーの皆さんに感謝です!!

懲りずにまたやりたいなっておもっちゃいました。


またよろしくおねがいいたします!


15823247_1008089972630416_510211555401435450_n.jpg
posted by TSUNEGLAM SAM at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

あけましておめでとう。

明けましておめでとうございます。

昨年はいろいろありましたが、バンド的には あの AA RECORDS から TAKACHO さんのデザインで、中村さんの録音で、7 インチをリリースできたことがなんといっても大きいです。


14291752_1457980437552345_5946369942034821348_n.jpg

しかも完売! ほんとになんというか、いいメモリアルになりました。

ライヴもレコ発をはじめ、企画などもいろいろ楽しくできました。


今年もつまんないことにとらわらず、澱んだ水や濁った空気に近寄らず、楽しく、かっこよくやっていこうとおもいます。




ってなわけで、本年 最初のライヴがきまりました。


2月4日(土)幡ヶ谷 CLUB HEAVY SICK
「LUX追悼ライブ ★Date with The Cramps★」
W/TOKYO CRAMPS, THE LEATHER GIRLS
and more


まだ詳しいこときまってないようですが、よかったら遊びにきてくださいね。

昨年もこのイベントには出演しましたが、その日から新体制となりました。というわけで、これでベースのハリーが HELP 加入して一年となりますね。
ホントに彼は我々をフレッシュな気持ちに蘇らせてくれて感謝してます。


というわけで、本年もよろしくおねがいいたします。

15390817_1565749130108808_7107671608596461297_n.jpg


ROMI さんの展覧会のことの続きはまた書きます。

posted by TSUNEGLAM SAM at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする