2020年03月25日

SUPERIORITY BURGER TOKYO BROOKS HARDLEY

3 月の頭に帰っちゃったけど、2 月の間ほぼ毎晩 POOR COW で会ってたのがアメリカ人のブルックス。




84340048_3368009016549468_135704632792973312_n.jpg



84498791_3359829910700712_4299382775783358464_n.jpg
(右は脳不安の東さん)


いつもいるし、たまにめちゃくちゃ美味しいピザもってきてくれるし、この人なんだろな? って思ってたところ




NY に行列のできる「SUPERIORITY BURGER」ってべジー・バーガーの店があって、ブルックスはそこのシェフ。ってか、ニューヨークの本店のオーナーかな?  


その店が昨年末に原宿にオープンしたのでしばらく日本にいるとのことでした。


因みにブルックスはドラマーでもあり BORN AGAINST など多くのバンドでドラムを叩いてたようです。


WIKI もある
BROOKS HEADLEY

こっちは discogs




さて、そんな BROOKS のお店 SUPERIORITY BURGER に 2 月に行ってきました。



84082224_3359803787369991_7821804709294899200_n.jpg



84598862_3359803880703315_1476305183053971456_n.jpg



83801124_3359803814036655_3271568029216931840_n.jpg



84564756_3359803910703312_1239792007056982016_n.jpg



84486948_3359803957369974_8389056437535375360_n.jpg



84621341_3359803950703308_265708705817821184_n.jpg

すべてうまい!!!!!!!!!!



私はヴィーガンではないのですが、これならぜんぜんお肉がなくてもまったく気にならない。

ホントにおいしいので超おススメです。


因みに店内には GERMS や SUICIDE のポスターなんかが貼ってて、音楽も NEW YORK DOLLS だったりとかそういうのが流れてます。






そんなブルックスがある日、ぷあかうに友人を連れてきたのですが、

83866998_3343995495617487_5594672477633511424_o.jpg


なんとこの人 Johan Kugelberg さんはあの 「KILLED BY DEATH」 の産みの親なんです!!



超びっくりしたね。




こちらの方もブルックスと同じくすんごく優しくていい人でした。






ブルックスは 4 月にまた来るっていってたけど、コロナのせいで厳しいだろうな。


帰る前日も我々のライヴにきてくれたりして、とてもうれしかったです。


また会いたいね。



はやくおさまればいいな。








SUPERIORI0TY BURGER TOKYO 何食べてもおいしいので是非。
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13242478/
posted by TSUNEGLAM SAM at 14:48| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mojo Beatnik 

2 月 9 日 福岡 The Dark Room "薔薇の暗室"



福岡に行く用事があったのですが、たまたま Mojo Beatnik がライヴをやってたのでこそっと観にいってきました。




素晴らしい写真が山ほど撮れたのでご覧ください!!!




86174545_3378764408807262_1415144707025010688_n.jpg




85189008_3378764432140593_3882501099571118080_n.jpg




85143621_3378764478807255_4608104329235136512_n.jpg




85214417_3378764518807251_5943330681407930368_n.jpg


86219419_3378764545473915_7476578472152793088_n.jpg



85157059_3378764778807225_2503592567765991424_n.jpg



85142637_3378764808807222_5455563018106568704_n.jpg


86185492_3378764882140548_6761347060227637248_n.jpg


84771315_3378764905473879_7509072987828518912_n.jpg



85141356_3378764952140541_1233762912355483648_n.jpg





86191671_3379106572106379_2011912129128431616_n.jpg

86269683_3379107335439636_1455378723703357440_n.jpg


85144434_3379107882106248_4274374632917696512_n.jpg


85146476_3379107522106284_3973724255023005696_n.jpg




86174545_3379105918773111_8487447047295729664_n.jpg








ライヴ後にフォトセッションを。


86240286_3378764342140602_5621954973186129920_n.jpg


86193095_3378764358807267_1978467923169116160_n.jpg


86179778_3379108532106183_508713939631079424_n.jpg

86270215_3379108452106191_6414047569357307904_n.jpg


86183353_3379108378772865_5208521013251276800_n.jpg


偶然が重なって恐ろしくカッコイイのが撮れました。




ついつい加工もしちゃったりしてね。

83879786_3381358898547813_6173941983929696256_n.jpg


86176364_3379378188745884_8793085372574728192_n.jpg



実は長いこと交流してきましたけど、ちゃんと会えたのは初。


すごくうれしかったです。
84477238_3377996088884094_1793183794228887552_o (1).jpg




ちなみにこちらは後日購入ですが Mojo Beatnik のスペインツアー紀行書。

89194556_3433433550007014_2708759586378088448_o.jpg


デザインが最高すぎますね。



T シャツもかっこいいですよ。


89124992_3433433630007006_6085336310397009920_o.jpg


89179743_3433433676673668_755784785191763968_o.jpg


彼とはいつかぜひとも共演したいなと思ってます。






この日は近くで呑んでた博多美人のミーミーちゃんにもちょっと会えたし、楽しい夜でした。

85186737_3381615685188801_1201647801205784576_n.jpg


84345801_3381615545188815_2263823497320988672_n.jpg










因みに翌日はふらっと kieth flack に呑みにいったのですが


知ってる人が一人もいないはずだったのに、ショットを浴びるほど飲まされて歓迎され、

帰るころにはたくさんの新しい仲間ができました。





kieth flack 店長の匠くんとハノイロックスやハードコアの話をたくさんして最高に楽しかったです。

86189743_3383901391626897_2903276035283877888_o.jpg




真ん中のナギサちゃんはこの日の前夜に福岡の錚々たるメンツを集めた企画ライヴを行い、自らもバンドに加入してのライヴ、そして DJ もやったという驚異の十代。

86275944_3383901321626904_4920140832935247872_o.jpg




とてもよい出会い。とてもよい夜。



気づいたら、泥酔して一蘭でラーメン食べてました。



一蘭、下北にもあるのに。






やっぱり九州は最高ですね。







ただ、ひとつ言っておきたいのは。



私はたしかに the PRACTICE のヤマダの友達ではありますが、



だからつってヤマダほどテキーラショットは呑めません!





勘弁してください。




posted by TSUNEGLAM SAM at 14:29| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

【Giuda来日キャンセルについて】

【Giuda 来日キャンセルについて】

89981641_2791009857643363_1005712973710229504_n.jpg


以下、トヨゾーくんより

今回のコロナウイルスの一連の騒動のなかで Giuda のメンバーと話し合いを重ねた結果、イタリア国内の状況および入出国の制限の懸念と何よりバンド、来場される皆さまの健康面を考慮し、4月の日本ツアーをキャンセルし延期とすることとなりました。延期先の日程については未定ですが、随時お知らせしていきます。ライブを楽しみにしていただいた皆さまには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

また延期に伴い 4 /9 (木) 下北沢シェルター、4 / 10 (金) 金沢 Ash、4 / 12 (日) 下北沢 Flowers Loft のライブは中止とさせていただきます。4 / 11 (土) 下北沢Basement Bar のライブは内容を変更して開催いたします。

直前でのお知らせになってしまった事をお詫びいたします。一刻も早く状況が良くなり、ツアーのお知らせをできる事を願っております。

The Fadeaways トヨゾー






YOUNG PARISIAN は 4 月 9 日 に出演予定で迎え撃つ気満々でしたが、残念。


トヨゾー君および FADEAWAYS はいろいろ大変かとおもいますが、この状況だと私(達)に出来ることも出来ないのでもどかしいです。



コロナ日に日に深刻になってきましたね。


一日一日を大切に生きようと思います。


みなさんも気を付けて。
posted by TSUNEGLAM SAM at 16:53| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

シナロケ ボックス

書きかけのブログがずっとたまりっぱなしでしたので、外出しないこの期間を使って気が向いたらあげていこうとおもいます。






シナロケのボックス。



今年で活動 42 年目のシーナ&ロケッツの完全受注生産限定 BOX 『LOVE BOX -42nd Anniversary Kollection-』 が出ました。


まず、アルバム 『LIVE FOR TODAY!』 は、2014 年リリースのアルバム『ROKKET RIDE』のレコーディング時に録音され未収録となっていたシーナさんのラスト・レコーディングでのカバー楽曲 7 曲を中心に、シナロケが各年代で影響を受けた楽曲のカバー音源をレコーディング時のアウトテイクやセッション、デモ音源、既に廃盤となっているレア楽曲の中から鮎川さん本人が選曲した選りすぐりの楽曲が収録されてます。

それからこれまでの全 Music Videoと「シュガーリー」「涙のハイウェイ」などデビュー当時のTV映像、そして昨今のレアライブ映像を入れ込んだ 2 枚組 DVD。

そしてアルバム『ROKKET RIDE』の初完全アナログ盤。

最後に 7inchには 『LIVE FOR TODAY!』 より 「雨」 と 「今日を生きよう」 が収録。





86263975_3392746670742369_731496805262426112_n.jpg



88175407_3421634307853605_16905876040318976_n.jpg



89617114_3449297335087302_4039204295625670656_n.jpg



89722116_3449297361753966_3751541400617877504_n.jpg




88082130_3421464167870619_2407586386409422848_n.jpg





「今日を生きよう」 という邦題がこれほどまでに胸に突き刺さってくる世の中になると思いませんでした。



シナロケのやるカヴァーはロックンロールの現在と過去と未来がつまってて素晴らしいな。


そしてオリジナル曲も同じくね。





早くまたシナロケのライヴが観れるようになったらいいな。
posted by TSUNEGLAM SAM at 12:36| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

蜂の巣おじさん

これは私が蜂須の素おじさんになるまでの記録である。



それは靴下からはじまった。



21463363_1887481781268873_535922792393533252_n.jpg



つぎにストール。

22529040_1928840170466367_9041250120681208094_o.jpg

以上は etsy です。




そんでハット・トリッカーズのケンちゃんのブランド vellocet でこれ。
21740132_1894064880610563_8560637446671102842_n.jpg




で、昨年になって ORIGINAL JOHN からもっといい靴下が出まして。

67638304_2916077508409290_851258154380427264_o.jpg



マフラーまでもでちゃうし。

75439421_3138502759500096_7449677760538083328_n.jpg






続いて CASUAL CONNOISEUR でニット帽が登場し。

85063976_3369888869694816_8326957889109360640_o.jpg

蜂の巣おじさんが出来上がりました!!





っと思ったら、セーターも!!


87905187_3422958967721139_5434377726846828544_n.jpg



こうなったらパンツと靴も欲しいです!!!!!
posted by TSUNEGLAM SAM at 15:01| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

A.C.A.B.

マレーシアン Oi! の伝説のバンド、A.C.A.B. 初のアナログリリース。



インドネシアの Oi! は聴いてましたけどマレーシアは初めてです。


84129499_3365302283486808_1847107095745265664_n.jpg




84444420_3365302323486804_7090329911444897792_n.jpg






マレーシアの Oi! / SKINHEAD シーンは今もカリスマ的な人気を誇るこの A.C.A.B. の登場をきっかけに90年代後半から盛り上がり始めたとのことです。その後、ものすごく多くの SKINHEAD バンドが出てきたそうで、まったく知らなかったです。



けっこうわかりやすいキャッチーでかっこいい Oi! なので是非聴いてみてください。






めっちゃ人気ある。
posted by TSUNEGLAM SAM at 19:04| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLUES CREATION, CHEN SHINKI

CHURCH OF MISERY が BLUES CREATION のカヴァーをやってたもんで 最近よく「悪魔と11人の子供たち」 を聴いてます


83208125_3345404252143278_8047866769571840_n.jpg



83636463_3342915439058826_3117106329349521408_o.jpg


竹田和夫氏がギターを始めたのは 13 歳で 16 歳の時にはプロになり、その翌年にはブルース・クリエイションを結成してデビューしてるってんだからびっくりです。本作も氏が 19 歳の時の作品だそうです。ひーーーっ! って感じですね。




このアルバムについては以下のページに素晴らしい解説がありました。







それにしてもカッコイイ タイトル、カッコいいジャケット!



世界に誇る名盤です。





BLUES CREATION はこっちも好きだな。

83713873_3364467723570264_387665079576821760_o.jpg


83857469_3364467610236942_4170132877540851712_o.jpg

こうやってみるとあんまり今の若者とかわらない気もしますね。













そしてもう一枚。 これもよく聴いてます。


87420664_3408174305866272_7116624590289240064_n.jpg



これも BLUES CREATION と同じくジャケがとにかく好きなんです。

84713676_3374064722610564_5549739925647130624_n.jpg


ジャケだけでもう名盤だと思うね。


レコードというのはある種アート作品だと思うので、いろんな方向からの評価があってよいと思うし、ジャケがよければもうそれだけで名盤と言いきってもよいのではないかと思います。



いや、もちろん内容も最高です。




いつ聴いてもすごいアルバムだ。










因みに BLUES CREATION と CHEN SHINKI のどちらの T シャツも、どちらのレコードも海外産でございます。


posted by TSUNEGLAM SAM at 18:35| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

TYLA (DOGS D'AMOUR) , YOUNG PARISIAN フリーライヴ

=TYLA FREE LIVE開催!!=


今週開催予定でした【DOGS D'AMOUR】来日公演は残念ながら延期となってしまいましたが、そのままの予定どおり東京に滞在している Tyla が急遽、フリーライブを新宿 LOFT にて開催してくれることになりました。

Tyla はもちろん、我々 Young Parisian も出演いたします。
こちらのイベントは入場フリーとなっております。会場にてドリンク代のみお支払いいただけたらどなたでもご入場可能です。



Tyla/Vinyl japan presents
【TYLA FREE LIVE】
出演:Tyla / Young Parisian
3 月 11 日 @ 新宿 LOFT
Door Open 18:30 / Show Starts 19:30
入場フリー
※会場入口にてドリンク代のみお支払い願います。

なお、このような状況ですので引続き本公演同様に開催にあたりましては感染拡大防止に細心の注意を払い対応させていただきます。
ご来場されるお客様におかれましても手洗いうがい、マスクのご用意など、感染防止策へのご理解とご協力をお願いいたします。
くれぐれもご無理はなさらないようお願いいたします。
posted by TSUNEGLAM SAM at 15:55| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

ポール・ローランド

孤高のシンガーソングライター Paul Roland は作家でもありジャーナリストでもあり超常現象研究家でもある。


アルバムを結構な枚数 出してるわりにあまり周りに好きな人はいないけど、ロン・チェイニー とかラブクラフトとかマーク・ボランとか英国のガス灯に照らされた退廃美なんかを溺愛してる美学の固まりのような人で私は非常に大好きで地味に集めてます。



ポール・ローランドに関しては 2008 年にもこのブログで書いてます
http://youngparisian.seesaa.net/archives/20081002-1.html

この時も周りに好きな人がいないと思ってたんだけど、その状況はいまだに変わっておりません。




ロビン・ヒッチコックとかジョンズ・チルドレンのアンディ・エリソンとかヴァイブレーターズの KNOX なんかも参加してます。


84645162_3372858989397804_7025541983347146752_n.jpg

この人は男版ケイト・ブッシュとか言われたりもしてるようですが、脅かしのないゴスでラリりすぎないサイケポップ。参加もしてるロビンヒッチコックにちょっと近い音楽性かもです。



88059761_3420816461268723_1565889546489430016_o.jpg


このジャケはラブクラフトの短編集の絵と同じですね。

87754369_3420819097935126_1737756330740940800_o.jpg



もっとたくさんもってるんですが、どれも同じような感じでどれもよい。







これが一番新しいやつかな? 

87741987_3420813671269002_6452403933708025856_o.jpg



これは初期の Midnight Rags 名義のシングル。すでに完成された世界観。

90511178_3469997413017294_7575024113329111040_n.jpg


88991133_3469997419683960_6648871341443252224_n.jpg


レン君が教えてくれたんですが、Sharpees ってバンドのジャケデザインも Paul Roland だそうで。
このシングルのレーベル面と同じデザインでした。。
89828555_3469997503017285_8315574885745164288_n.jpg

レン君曰く「Sharpees 出してる moonlight は Radio Stars も出してる」とのこと。だから Paul Roland の作品に Andy Ellison 参加してるのね。謎がとけました。




というわけで、よかったら PAUL ROLAND 聴いてみてください。



白塗りでも黒装束でもサタニックでもないですけど、ゴシックな魅力があります。






こんなカヴァーもやってます。




posted by TSUNEGLAM SAM at 16:00| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

執筆情報 EL ZINE、ROOF TOP

掲載情報二つです。




「EL ZINE」 最新号にて BABY SHAKES のインタビューを MASAYA 君 (DARK THE GIANT, OCHA∞ME, TOKYO ROCKIN' NIGHTLIFE)とともにやりました。


1008082176.jpg


昨年のジャパンツアーを振り返る内容ですが、ここまでバンド名や人名、固有名詞が出まくるインタビューもなかなかないのではないでしょうか。


ちょっと内輪な話ばかりしてると思われたら嫌なんで言っておきますけど、BABY SHAKES は本当にもうとことん義理堅い方々なんです。だからこんなに名前がたくさん出てくるんですよ。
関わった人々にほんとに隅々まで感謝してたり、人と人とのつながりを異常に大事にするのです。

中身も外身も最高な上に、ものすごい音楽好き、レコード好き、ライヴ好き、パーティ好き。そして勉強熱心。詳しいからいろいろ教えてもくれるしね。こんな素晴らしい人たちってあまりいないんじゃないかと思います。そりゃ愛されるよね。



是非読んでみてください!

89164026_3428672773816425_4741494885188632576_n.jpg


88961507_3428672800483089_3482784775553417216_n.jpg


私が撮った写真もちょっと使わせていただきました。
89150200_3429188077098228_2178139355032322048_n.jpg





そしてもうひとつ。


無料配布中の 「ROOF TOP」 誌において、復活した THE BADGE の中村昭二さんにインタビュー。

88180728_3428648670485502_7112350243131228160_n.jpg



こちらは BADGE といえばこの御方 THE BADGE FREAK のニッタさんが昨年のイベント前にやったインタビューをもとに私が追加質問 & 再編纂してまとめたものです。

中村さんにはかなり久しぶりのインタビューとなりましたが、初めて出た話もあると思いますので是非ご覧くださいませ。


東京での復活ライヴも成功をお祈りしてます。



posted by TSUNEGLAM SAM at 11:41| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

<シンコー・ミュージック・ムック>ザ・クラッシュ ロンドン・コーリング発売記念  THE☆CLASH MEETING2020

2020 年 1 月 26 日  新宿 BE-WAVE

<シンコー・ミュージック・ムック>ザ・クラッシュ ロンドン・コーリング発売記念

THE☆CLASH MEETING2020


84612970_1059643907712315_1433323022961344512_n.jpg



シンコーミュージックは本当に素晴らしいムック本をずっと出してくれててまったくもうありがたいかぎりなんですが、


それを作ってらっしゃるシンコーミュージックの編集 荒野政寿さんとライターの本田隆さんがイベントをやるってんで ROMI さんと行ってきました。



スペシャルゲストで、シド&ナンシーの最後の写真を撮り、ロンドンコーリング期のクラッシュに最も近かったフォトグラファーの浅沼ワタルさんのお話しもあるというんで実に楽しみです。









到着したら昔から知ってる RENO くんが DJ で嬉しい

83622438_3345645925452444_2533169142790356992_o.jpg

このヘッドフォンかわいいなぁ。



トークがはじまり、浅野さんの貴重すぎるお話し、貴重な写真の数々が見れました。

83218354_3345709562112747_1603549679461597184_o.jpg



83155077_3345709692112734_1485607884648611840_o.jpg

82941074_3345709732112730_2079389076120666112_o.jpg


83777364_3345709795446057_1940293463568285696_o.jpg


84280118_3345709642112739_206563527228391424_o.jpg



クラッシュとのエピソードもよかったですけど、当時 SID VICIOUS に会ってる日本人なんかほとんどいませんからね。かなり貴重な話が聞けました。






あと、この日のハイライトなんですが、

トークゲストで登場した元エピックソニーのクラッシュ担当の野中規雄さんとクラッシュ来日時に「ジョーストラマーが打ち上げに連れてきちゃったファンの少年」畑田さん(当時高校生)が再会。83889181_3345775165439520_1872517183125323776_o.jpg


83334669_3345775212106182_9112031190163914752_o.jpg

82896096_3345775272106176_4589569475178659840_o.jpg

めちゃ感動しました。


畑田さんが来日時にジョーにもらったというシャツ。


83636106_3345798955437141_4516199231760891904_o.jpg

「みなさん! これがジョー・ストラマーが袖を通した・・・・あ、袖ねえや」 とは荒野さんの弁。



本でもインタビューで参加してるロミさんもちょっと喋りました。
83166250_3345803305436706_8621916301465485312_o.jpg


貴重な話がいろいろ聞けて楽しかったなー。


本田さん、荒野さんの 「ロンドンコーリング」 考察、分析もとても勉強になり興味深かったです。


お疲れ様でした!











さて、この日は個人的には別のハイライトがありました。




なんと DJ としてバトルロッカーズのパンク死土こと伊勢田勇人さんがいらしてたんです!


561834642.jpg


83104300_3343228505694186_5638044801145241600_o.jpg


83369784_3345465145470522_3210856291371057152_n.jpg

今もかっこいい!



そしてとても優しい御方

83725772_3345635188786851_7960899127846371328_n.jpg


一緒に写っていただきました。

82989339_3343260175691019_4660616888613601280_n.jpg

84303068_3343403615676675_6201857583431548928_o.jpg

なんでかわかんないけど、私のことも知っててくださってうれしかったです!!







ところで<シンコー・ミュージック・ムック>ザ・クラッシュ ロンドン・コーリングは本当におもしろいので、まだの方は是非よんでみてくださいな。


posted by TSUNEGLAM SAM at 12:20| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

VINTAGE POSTER 展

2 月 1 日 原宿 BOKKMARC



VINTAGE POSTER 展がやってたんで見てきました。


土曜だったんだけど、幸い人がいなくてゆっくり観れました。

83790122_3358183354198701_2998276361069527040_o.jpg



84879332_3358183257532044_6095906839092789248_o.jpg


お目当てはもちろん THE SMITHS のポスターたち。
84671461_3358182977532072_6776079536787292160_o.jpg


他にも好きなバンドのやつがたくさんありました
83693411_3358183047532065_4474140566946316288_o.jpg


チェット・ベイカーかっこいい!!
84134794_3358183210865382_6360482901905113088_o.jpg



83861575_3358183117532058_5955392543007965184_o.jpg




83265509_3358183434198693_1231442620698329088_o.jpg





貴重なものがいろいろと生で見れました。


自分がもってるポスターたちもいつの日かものすごくレアになったりするんでしょうかね。



もう部屋に貼るスペースないから最近は買わないけどポスターってやっぱときめくな。


青春のシンボル感があります。
posted by TSUNEGLAM SAM at 13:21| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒュー・コーンウェル JAPAN TOUR

HUGH CORNWELL JAPAN TOUR 2020 

2020 年 2 月 1 日


large.jpg






ヒュー・コーンウェル来日!!!!




・・・・って、威勢がいいですけど、正直に言うと前日まで忘れておりました。。。。。




実は前日にぷあかうにいたら、なんとあの釧路の伝説のバンド 脳不安、木端微塵、FOMO=FAVEL の東さんがいらっしゃいまして。


東さん。
83725764_3356385107711859_5038543632357916672_o.jpg



なんで東京に? と尋ねたところヒュー・コーンウェルを観にきたと。

あーーーー!! 勝手にもっと先だと思ってた!!! 



東さんとお会いできたおかげで思い出して観に行けました。


前回の来日は都合があわなくて行けませんでしたしね。



とりあえず写真をどうぞ。



83997145_3358936510790052_1222923604606320640_n.jpg

84707908_3359687040714999_975740746298556416_n.jpg


84526437_3358936654123371_8640492047905587200_n.jpg


84645598_3359686877381682_3123177785313460224_n.jpg


84566952_3358936577456712_8674802355494977536_n.jpg


84583572_3359687217381648_4997652047596617728_n.jpg


84540898_3359687340714969_9026716509551984640_n.jpg



84531808_3359687487381621_7435363098396983296_n.jpg



84602195_3359687454048291_3654000120640307200_n.jpg



84593641_3359687717381598_7941640155188690944_n.jpg

84560226_3359687760714927_3556241141655404544_n.jpg


84550016_3359696504047386_3209814465449033728_n.jpg


84518629_3359696084047428_7227696052336328704_n.jpg


83946954_3359696327380737_6309864509003530240_n.jpg


84467588_3359697040713999_1761635653121998848_n.jpg

84538190_3359697094047327_6742694919204241408_n.jpg

84287819_3359697650713938_706484805516132352_n.jpg


83095304_3359697704047266_549310129426661376_n.jpg83095304_3359697704047266_549310129426661376_n.jpg



84306026_3359697740713929_5350526723844734976_n.jpg

84671464_3359697907380579_2121899330976612352_n.jpg





すっごいよかったです!




新曲とストラングラーズを含む過去の代表曲を数曲づつ交互にやるようなセットリストでした。



あの声そのまんまで昔の曲を歌われたらたまんないもんがありましたが、最新作 「MONSTER」 の曲がとにかくめちゃくちゃいいです。

ヒューの最新作
83608536_3356788457671524_2070928626202705920_n.jpg


めちゃドアーズな曲ではじまり、ルーリードやモーズ・アリソンに捧げたナンバーもあり。是非みなさんに聴いていただきたい名盤。




T シャツ 2枚買ったらサインもらえて写真が撮れるってんで買いました。

84587567_3362214653795571_1800125019724972032_o.jpg


サインもらった方のシャツはちょうどこの日 FIFI さんの誕生日だったのでプレゼントに。




ヒューと!
84000692_3358484180835285_4898692801346142208_o.jpg

近寄りがたい人かと思いましたらそうでもなくてよかったです。






博多から TITTY TWISTER の真崎夫妻も観にいらっしゃってたので、ライヴ後に 「よかったね」 会を。
83194757_1253964084801855_6932411158041198592_o.jpg


83296140_2739561539459385_5953122837475622912_o.jpg









一ヶ月以上経ちましたが、ライヴの余韻はしばらく続いておりまして、ヒューの歴史を調べたり、ヒューが影響を受けたバンドなんかを探して聴いたりしてます。




ちなみに こちらの写真は 64 年、ヒュー・コーンウェルがやってたバンド Emil & The Detectives。

83892195_3369580449725658_5939897331796148224_n.jpg

ヒューはベース。
メンバーにはなんと Richard Thompson(Fairport Convention)がいます。




さすがにもう付き合いはないのかと思いきや、Richard Thompson, 70th Birthday Celebration で共演したりもしてます。






ヒューソロだけでなく、もちろんストラングラーズ熱も再燃。


こちらは 74 年のストラングラーズのデモ。いい曲すぎてびびりました。







もっと調べてるとストラングラーズの最初期のメンバー、Hans Wärmling(スウェーデン人)がいた Jackie Fountains を知りました。この人はガレージパンク的にはよく知られてますか? カッコいい。





それにしても昨年のストラングラーズの来日もすばらしく、今年のヒューもすばらしかった。


両者を脳内で合体させることに見事成功いたしました。





早く平穏な日常がもどってきて、こうやって心置きなく来日ライヴを楽しめたらいいですね。
posted by TSUNEGLAM SAM at 13:18| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

DOOM IS THE LAW FEAST 2020

DOOM IS THE LAW FEAST 2020


2020/1/18(土)東京  Shibuya Garret

出演

THE OBSESSED(US)

KADAVAR(GER)

CHURCH OF MISERY(JPN)



EJc9JvNUUAAzFVN.jpg



KADAVAR が来る!!! ・・・・・しかも CHRUCH OF MISERY とやるのかーー!?  うぉおおおおおーー!! っと思ってたら・・・・ THE OBSESSED というバンドがメイン。私は全然その辺のバンドは知らないのでありがたみがよくわからないまま行ってきました。
 




KADAVAR はドイツのベルリン出身のバンドでとにかくルックスが最高なんです。


81Dwlg-NSYL._AC_SL1500_.jpg


ね、最高でしょ?


これ 「今」 のバンドなんですよ。
このアルバムをジャケ買い (ルックス買い) してから好きになったんです。





オープン前に会場前に行ってみてびっくりしたのは・・・・・・黒い服着た人しかいません!



男も女もみんな黒い服!!


黒山の人だかりとはこのことです。



そして、ほとんどが長髪!!


なかなか普段みない光景ですばらしいなぁ、、、、、っと思って眺めてたら、黒い服は着てないものの長髪の男がこちらにむかってやってきました。


はい、そうです。KEIJI RONSON です。


彼も KADAVAR が好きなので誘い合って一緒に観にきました。



ますます楽しみだね。







一番目は CHURCH OF MISERY

church of misery は 15年くらい観てなかったと思うし、メンバーもまったく違ってますが相変わらずめちゃくちゃカッコよかったです。


いや、ほんとにカッコよかった。


ヴォーカルの方も昔観た時と違ってましたが、ものすごく存在感がありました。



83280018_3325169960833374_2174510142026940416_n.jpg


82813763_3325170060833364_2342681703920697344_n.jpg



82358615_3325170024166701_4351345033887088640_n.jpg



83882060_3325169987500038_3902810191732670464_n.jpg



83325994_3325170094166694_4328821108695367680_n.jpg


82607752_3325170070833363_8873717177329385472_n.jpg


82452288_3325170174166686_3808783805615964160_n.jpg


82772071_3325170120833358_3632000860063531008_n.jpg


82424034_3325170244166679_5965068803678142464_n.jpg


82632585_3325170254166678_8997373963000610816_n.jpg


82675247_3325170384166665_3681216619725455360_n.jpg


82581640_3325170494166654_2162427449835520000_n.jpg


83016910_3325170367500000_3543954756345004032_n.jpg


82961891_3325170327500004_2003703978474340352_n.jpg



82318859_3325170297500007_2683536746687234048_n.jpg

82627460_3325227167494320_7314982187361632256_n.jpg


83137577_3325170504166653_8605078169944326144_n.jpg


82401596_3325170577499979_7628889681895096320_n.jpg



83882085_3325170574166646_3782105886839799808_n.jpg


いやーーー、ドゥームとかストーナーとかよくわかんないんですが、CHURCH〜 は私の好きなハードロックの要素が目いっぱい詰まってて最高でした。










続いて 待ってましたの  KADAVAR!!!!!!


まずは写真をどうぞ。



Vocal, Guitar の Christoph "Lupus" Lindemann。思ってたより美形!!
82949598_3326434017373635_5325436044592545792_n.jpg

83055616_3326433877373649_1904967881544695808_n.jpg


83609152_3326433917373645_8685211831507091456_n.jpg

82315414_3326434244040279_4317562835476414464_n.jpg


82548568_3326434270706943_4315898604368691200_n.jpg

84145272_3326434387373598_5760395959708155904_n.jpg

82443373_3326434404040263_3921465502441930752_n.jpg


82410989_3326434434040260_2624495540666105856_n.jpg


83147090_3326434504040253_9036717323720851456_n.jpg

83392074_3326434890706881_7610409361038376960_n.jpg


82462726_3326434917373545_4171032853577990144_n.jpg

81990878_3326434934040210_1689210500077846528_n.jpg


83369777_3326434974040206_5729870218386210816_n.jpg

83811419_3326435047373532_5973034589327720448_n.jpg

82526997_3326435100706860_3929444529475682304_n.jpg

83603731_3326435247373512_7912142027741986816_n.jpg

82713270_3326435200706850_2722888259255402496_n.jpg


83189049_3326435317373505_3919720809416884224_n.jpg

83158323_3326435384040165_1728324737177747456_n.jpg


83020870_3326435430706827_3175375407625011200_n.jpg

82452195_3326435464040157_6481955980174163968_n.jpg

82815856_3327525400597830_2139780503895539712_n.jpg

83200652_3327400467276990_6111505614851014656_n.jpg




82493236_3326434580706912_1757079375720742912_n.jpg


長髪を振り乱してギターを弾く様が実に絵になります。





ベースの Simon "Dragon" Bouteloup 。めちゃくちゃデカい。プロレスラーなみ。ブラックジャック・マリガンみたい。


83052424_3326434137373623_6721845584581361664_n.jpg



83158328_3326434117373625_3060505936062840832_n.jpg


82832906_3326434747373562_8108185290276864_n.jpg
83555239_3326434700706900_3105620238180286464_n.jpg


82148333_3326434804040223_7574235776376897536_n.jpg

82279127_3326435494040154_1508357931278532608_n.jpg

82494417_3326435527373484_3155844438983442432_n.jpg


82788908_3326435567373480_9113239510493167616_n.jpg

83472131_3326435610706809_1881314916825038848_n.jpg


82446596_3326435740706796_9159053222264963072_n.jpg

82417520_3326435977373439_8991385687668293632_n.jpg


83658804_3326435770706793_714150703664201728_n.jpg


82517949_3326435810706789_8142375158393339904_n.jpg


83376021_3326435914040112_7615111852011290624_n.jpg


82550243_3326436007373436_3503520001485176832_n (1).jpg


83009276_3326436150706755_4836887311423635456_n.jpg


83796082_3327527993930904_8197462735349350400_n.jpg






最後にドラムの Christoph "Tiger" Bartelt 。この人もルックス最高。写真だとわかりませんがラメった服着ております。


82553744_3326433637373673_6158801889203847168_n.jpg



82379554_3326433840706986_5226155238435586048_n.jpg



83218362_3326433807373656_3007198687475531776_n.jpg



82588569_3326433780706992_9080254913279164416_n.jpg



83885370_3326433687373668_6084763507788611584_n.jpg

83646674_3326434317373605_6528106486101442560_n.jpg

82552112_3326435604040143_7870110197883076608_n.jpg


82779049_3326435647373472_5256019632103358464_n.jpg



83750470_3326435680706802_6710487607991599104_n.jpg

82891636_3326435837373453_5738914070891855872_n.jpg

82514438_3327401573943546_4488497160853127168_n.jpg

84079169_3326434830706887_7130137321906634752_n.jpg



めちゃくちゃかっこよかった!!


ライヴ動画をあとあと冷静になって観てみたら、すごくドライヴ感のあるハードロックンロールでまたまた更に好きになりました。現場ではギターに夢中でしたが、けっこうベースがキーだなと。

ギターもとにかくワウ踏みまくりで、あまりカッチリしてないのが意外だったんですが、それがまたよかったです。







最後はアメリカのドゥームメタル・バンド THE OBSESSED


83230431_3327661320584238_9079456444499099648_n.jpg


82993724_3327661387250898_1242411357286957056_n.jpg



82815034_3327661427250894_8685855574090317824_n.jpg

83080801_3327661480584222_4020032588113510400_n.jpg




83590975_3327661503917553_8619047121577836544_n.jpg

82803292_3327661543917549_1332080791139647488_n.jpg


83995894_3327661633917540_1226977873345118208_n.jpg



82978433_3327661630584207_5043225486012973056_n.jpg



82580967_3327661683917535_2039182504283340800_n.jpg



82369647_3327662057250831_8685034110055350272_n.jpg

82634358_3327662130584157_8742801428776484864_n.jpg


82217627_3327662610584109_7632402685970350080_n.jpg


その筋ではレジェンダリーなバンドだそうですし、人気もあり、よい写真も撮れたかと思いますが、、、、、、私にはあんまりよくわかんなかったです!!

すみません!!!!!


私は 重すぎず、遅すぎず、速すぎず、デス過ぎず、悪魔すぎないやつがどうも好きみたいね。












そんなわけでとにかくKADAVAR 最高。


T シャツ買いました。

82563795_3328760863807617_2374398134731145216_o.jpg


82581693_3328760607140976_2733990973053861888_n.jpg



















これ最新作。ジャケかっこいいなー

82670448_3331532756863761_5212984785646911488_n.jpg


83093214_3331532790197091_1856684834160640000_n.jpg


裏ジャケのちょっと謎な感じもよい。

82497425_3331532856863751_2919358291215646720_n.jpg



また来てほしいね。

posted by TSUNEGLAM SAM at 19:24| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリッター秀樹まとめ

ずいぶん昔にみつけたんですが、秀樹がロックンロールメドレーで MOTT THE HOOPLEの 「THE GOLDEN AGE OF ROCK'N'ROLL」 をやってます。



しかも日本語で。


感動しますね。



これ音源に多分なってないんですよね。だからテレビのために日本語詞をつけたってことになりますかね?


番組は 「レッツゴーヤング」 で 80 年かな。



そっからクイーンの 「愛という名の欲望」、ドアーズの 「タッチ・ミー」 とメドレーは続きます

最後の「ツイストガール」はオリジナルの超名曲。歌詞は秀樹です。



それにしても秀樹はほんとにレザーが似合いますねー。うっとりします。


これは膝にパットみたいなのを付けてるとこみると 「愛という名の欲望」 のフレディをイメージしたんでしょうね。







それから、 twitter で秀樹ファンの方に教えていただいたんですが、なんと秀樹は GEORDIE のカヴァーもやっております!!!








なんかクレジットは間違ってボブ・ディランのカヴァーになってるようですけど、ジョーディで間違いない。





しかも 74 年。 GEORDIE のリリースの翌年に。 


すげえ。



GEORDIE といえば秀樹のこの曲は GEORDIE っぽさがある最高のグリッターチューンですので。お聴きください。 






あと、グラム的には秀樹はケニーのバンプもカヴァーしてますね。



以上、グリッター秀樹まとめでした。
posted by TSUNEGLAM SAM at 17:02| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする