2015年01月13日

新年初ライヴ終了

新年初のライブを終えました。

お誘いいただいた club Doctor 様 ありがとうございました。

観てくださった皆さんもありがとうございます。

club DOCTOR はホントにスタッフさんがあったかいライヴハウスで。とても気持ちよくライヴやらせていただきました。
昨夜のライヴをブログに書いてくださったのでよかったら読んでくださいませ。
http://club-doctor.jugem.jp/?eid=1040

昨日は新カバーを投入。

前回の DISCHARGE が評判良かったことに気を良くして

今回やったのはコレ!



中学生の時にパンクに出会ってわりとすぐに買ったレコードが 「PUNKS NOT DEAD」 だったんです。
あの頃は 70's PUNK と 80's PUNK とか、UK と USA の違いなんかどうでもよかったですから、とにかく過激なのが聴いてみたかった。EXPLOITED はルックスもわかりやすかったし、入り易かったです。

そんで針をおとし最も衝撃を受けたのがこの曲です。

だって、sex & violence って繰り返してるだけですからね。

歌詞ってこれでいいの!?

って幼き日の私は思いました。

そんなのこれまで聴いたことなかったですから。

ま、sex & violence ってガラでもないので、blood & glitter に替え歌して歌いました。

これは私がよくバンドでなにか思いついた時に実験してみる 「もしもシリーズ」 に一環でして、これは 「もしもヴェルヴェット・アンダーグラウンドが sex & violence をやったなら?」 という感じでアレンジしてみました。

いらしてたビートキャラバンのボブくんが 「あの NEU! みたいな曲なんですか?」 って言ってくれておもしろかったです。

NEU! というより FAUST の 2nd の 1 曲目に近かったかもです。


楽しかったので、また今度やってみようとおもいます。



さて、次回のライヴはこれ!
B7M4IukCYAAzwKN.jpg

前売り予約は youngparisian@hotomail.com までよろしくです。



昨夜のメーク。
1511145_1038670412816685_3669401891199557246_n.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック