2015年09月01日

本当に止める

先週末。

土曜。

起きてブリーチして、髪切って、それから UFO CLUB。

お目当ては HIGH LIFE。

ほんっとかっこよかった! たたづまいも、曲も演奏も全て最高のロックンロール!
今、東京でいいバンドいますか? 最近カッコイイ バンドは誰ですか? って聞かれたら HIGH LIFE と答えることにします。

そんな HIGH LIFE をまねいて 9/7 にぷあかうで企画やりますのでみなさんよろしく。
11915735_1185548284795563_2667267627562558662_n.jpg






そんで日曜日は我々 YOUNG PARISIAN のライヴでございます。

早起きして、いつものように衣装やメーク道具、バカでかいプラットホーム・ブーツをバッグにつめこみ、目指すは会場・・・・・じゃなくて

ここです!

IMG_3516.JPG

ここんとこ毎週金曜日は抗議にいってますけど、この日は特にでっかいやつ。

頭数になりにいこうじゃいかと思いましてね。






もういろんなとこで報道されてるんで、みなさんごぞんじだと思いますが、もんのすごい数の人が集結しておりました。

こんなに人がたくさんいる場所にこれまでいったことないので、正直 ビビりました。

しかし、これだけの人 (東京以外の場所も含めるともっと) がこうして行動に出てるのに、なぜあの男はまだ総理の椅子に座り、そしてなぜあの戦争法案を通そうとしてるのでしょうか。。。。。


とにかくこの日は歴史に残る日となったと思います。これぞ民主主義だ、と痛感しました。
私もそんな歴史的一日を目撃した証人となり、その一部にもなれた。
正直いうと興奮もしたし、トランス状態にもなったし、もっというと“うかれ”ちゃってたかもしれない。
しかし、それは望んでいたことでもある。
これだけの多くの人が怒り、出向き、集結する場面を見たかったわけですからね。

ただ、決してこれで終わりではない。
ここからが勝負である。
そして、絶対に負けられない勝負なのだ。
2015 年 8 月 30 日を歴史に残る日ではなく、歴史を変えた日にせねばならない。





私は父の影響で子供の頃からよくデモ的なものにいってました。
自衛隊基地が開放される航空祭に侵入して横断幕を広げ、基地内部で反対を叫び ヤクザな右翼に脅されたり写真を撮られまくり、怖いおもいをしたこともありました。
高校時代は差別と闘う組織に属し、さまざまな活動を行ってきました。



しかし、大人になってからはそういうのにすっかりご無沙汰でしたね。
ロックとファックにうつつをぬかして、世間を見ようとしなかった。

ノンポリぶってても大丈夫だとどこかで安心してたんでしょう。

しかし、ぼんやりしてるうちに腐れレイシストが凱旋をはじめ、ネット上にもゴミのような言葉が多数転がりはじめ、政治は腐敗していくばかりか、軍国主義にドンドン近づこうとしているではありませんか。

そんな時 目にしたのが SEALDs の「本当に止める」 というスローガンです。

そうか、私は心のどっかで反対しても勝手に決められちゃうんだろうな、と諦めてたんだなってことに気づきました。
そしてそんな気持ちを持ってた自分を恥じました。

私は言霊を信じるのでこの 「本当に止める」 という言葉を信じてみようと思い、この言葉に突き動かされ、デモに足を運ぶようになり、毎週、若者たちにたくさんのことを教わっております。


ちょっと話は長くなりましたが、そんなわけでライヴ前に国会前にいってきましたが

NHK ニュースにちゃっかり映ってたようで、古い友達とかいろんな人からメールきました。



どうせ映り込むなら、勇ましく抗議してるとこだったらよかったのに、呑気に水のんで歩いてるところじゃないの!

IMG_3534.JPG

ははは。



さて、その後、ライブでしたが ライヴのことはまた後日。


とりあえずもう 「バンドはバンド」 だとか 「そういうバンドじゃないし」 とか言ってられない事態なので、持ち帰ったプラカードをステージでも掲げましたです。

youngparisian_20150830_heavysick-61.jpg


つーわけで、今日はここまで。
















posted by TSUNEGLAM SAM at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック