2016年11月14日

神がきたりて歌うたう その2

さて、神の来日。二日目。


いつものことですけど、しばらくあいちゃいました。


初日のことはこれね。
http://youngparisian.seesaa.net/article/442476946.html



二日目について書く前にちょっとふと思ったこと。


私はかねてから周りの友達とどっか感覚のズレがあるように思っているのですよ。
あ、それはいいとかわるいとかじゃなくて単にズレがあるって話しね。

っていうのも、わたしゃエルヴィスだったり、リッキー・ネルソンだったり、ロイ・オービソンだったり、ジーン・ピットニーだったり、スコット・ウォーカーだったり、ジョニー・マティスだったり、シャンソンだったり、ジョブライアスだったり、マーク・アーモンドだったり、ボーイ・ジョージだったり、アントニー&ザ・ジョンソンズだったり、そしてモリッシーが大好物なのね。


でもね、この辺が好きな人って周りに少ないんです。


なんでだろって思ったら、私の友達のほとんどは 「バンドやってる友達」 であり、その 「バンドやってる友達」 のほとんどが 「楽器をやってる友達」 なんですよね。

楽器やってる人の感覚、カッコイイポイントっていうのは、やっぱ楽器やってる人のポイントなんですよ。


つまり、私が好きなのはシンガーなんですね、こうしてみると。


そんなわけで、バンドやってない人の方が案外 話があったりますわね。


以上、ふと思ったこと。


だから、the Smiths 好きは山ほどいるけど、MORRISSEY のライブで友達にはあまり会わないわけなんです。



はい、つーわけで 2日目です! 場所は初日と同じく渋谷の オーチャードホール。


初日はかなり前方でしたが、今日は中ほどの席です。


それにしても初日がアレだったもんで警備の数が多い。


増殖しておる。


前回に続いて一応言っておきますが、わたしゃ信者なんでね、特に感想らしい感想はないですよ。

まぁちょろっと書くとしたら、初日とセットリストがガラっと変わってましたね。
「MEAT IS MURDER」 はなし。こないだも書いたけどあの映像に会場および主催サイドからクレームついたってな噂もとびかってましたが、ただのデマのようです。ここ数年の MOZ のセットリストはたまに見てましたけど、毎回必ずやってるわけじゃないですからね。たまたまでしょう。あと、歌詞の内容うんぬんはおいといて、個人的にあの曲そんな好きじゃないので、なくても別によしです。それよりソロ曲で聴きたいのがいっぱいだからな。


あと、なにを今さらって話ですけど、神は歌がうまい。
いやね、下手だとか思ったことないですよ、そりゃ。でもなんつうかこうあらためてそう思いました。
音響がよくて、声の成分が細やかに聴けたから尚更そう思ったのかもしれません。
見ための貫禄もあるもかもしれませんが、もはやシナトラとかトニー・ベネットとかそういう純然たる王道シンガーの域にいってるなと。


この日の動画がいろいろあがってたから貼っておきます。






Let Me Kiss You



Everyday Is Like Sunday


Irish Blood, English Heart


Istanbul


Kiss Me A lot


First Of The gang To Die



I'm Throwing My Arms Around Paris


All The Lazy Dykes


It's Hard To Walk Tall When You're Small


How Soon Is Now?


The Bullfighter Dies


Judy Is A Punk



特筆すべきは、この来日ライヴのちょっと前のブルックリン公演でもやった RAMONES のカヴァー 「JUDY IS A PUNK」!

これ唐突だと思って驚いた方もいるかもしれませんが、以前リリースされたモリッシーが影響を受けたナンバーをコンパイルした編集盤 「UNDER THE INFLUENCE」 ってのがありまして。それに NEW YORK DOLLS や TYRANNOSAURUS REX、SPARKS、NICO、PATTI SMITH に KLAUS NOMI から CHARLIE FEATHERS みたいなロカビリーも収録されており、そこにこの RAMONES の 「JUDY IS A PUNK」 も収録されております。

758f78ee9b7092ea71a32a6efaa3ee611805a3a0_l.jpg


それを知ってたもんで唐突では決してないのですけど やっぱ驚きはしますよね。
いいもの聴けてうれしかったです。


えーーと、あとなんかあったっけな。

最高だったことしか覚えてないや。


とりあえずグッときた画像はっときます。

14492337_1476550755695313_1672351016138896419_n.jpg

14494858_1476550179028704_526985837139288536_n.jpg

14495230_1476549029028819_1477127228943563382_n.jpg

14462809_1476550792361976_4995668437116025365_n.jpg


ってなわけで素晴らしすぎる 2DAY 終了!


残すところは横浜!!


横浜はスタンディングとなりますぜ!!



・・・・・・っと、思ったらまさかの中止!



なんとステージが狭すぎて、神のライヴに必要不可欠のスクリーンや銅鑼が設置できないというではないですか。


なんでそんなこと事前に調べないのかしら。


んでもって、それ全部 さも MORRISSEY がわがまま言ってるような責任おっかぶせ。


ひどいもんです。


ファンとして腹立たしかったね。





twitter みてても、「プロとして」 どうのこうのとかさ、プロならそれでもやるべき論ね。でも、プロだからこそ、完璧なショーみせれないからやめたわけですよ。それもプロのあり方じゃん。わたしゃそう思うね。
みてたら 「ビートルズなんてモニターなくたってやってたんだから」 なんてこと書いてる輩もいたけど、ビートルズもモニターあったらそりゃ使うでしょ。なんなの? バカなの? 昔の人はガスコンロなんてなかったのに木の棒を使って、って言ってるようなもんだよ、それ。違うか?
ってか、行くつもりもハナっからなかった奴にかぎってそういうこと言い出すんだよね。
黙ってろよ。


まぁ、そんな感じでちょっと後味悪い事件もありましたが、大阪公演は素晴らしかったそうです。

行きたかったなぁ。


神にはこれにこりずまた来ていただきたいです。


おねがいいたします。


BOWIE 亡き後、我が指針であり、希望でもありますから。




posted by TSUNEGLAM SAM at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック