2019年05月13日

ミチロウさん

皆さんもうごぞんじの通り、ミチロウさんが亡くなった。




私が初めて知った日本のパンクはスターリンです。


「絶賛解散中!!」 のビデオをレンタルビデオ屋で借りてきて、そいつを友達にダビングしてもらい、ほんとに何度も何度も観ました。

どろどろした曲を歌いながら菊の花を食べるミチロウが心底気持ち悪かったのをよく覚えてます。しかしながら、元々、怪奇派や猟奇的なものにひかれがちだった私はやがてトリコになってしまいました。

あと、「爆裂都市」 のマッドスターリンにも衝撃をうけたなぁ。

「虫」 や 「STOP JAP」 はそのちょっと後になって聴きました。

 



それから時を経て、2000年代の初頭だったかと思いますが、雑誌でロマンポルシェ。とミチロウさんの対談をやりました。
(ロマンポルシェ。はスターリンの 「解剖室」 のカヴァーをやってるんです)



ミチロウさんはみなさんがおっしゃるようにほんとに優しい方でした。



そん時、残念ながら 2 ショット撮り忘れましたが。。。。今みたいに携帯で写真を撮るのが当たり前ではないような時代だったかと思います。



レコードにサインはいただきました
58978335_2749232711760438_4860308133160943616_n.jpg

59064540_2749212818429094_6206844392649523200_n.jpg

「TRASH」 はブート盤にもかかわらず、、、、嫌な顔ひとつせずにサインしてくださいました


宝物です。




スターリンはミチロウさんのあの歌い方と言葉のチョイス、そしてスキャンダラスなステージングに目と耳がいきがちですが
今、スターリンをあらためて聴くと、コントーションズなど NO NEW YORK 系のフリーキーなギターとディスチャージ、GBH 系のリフとビート、そこにピストルズが少々融合したありそでないような類まれな音楽性であり、後期はそこに更にジョイ・ディヴィジョンやバウハウスなんかの要素も入ってくるわけで、昨今のハードコア経由ポストパンク行きのバンドの先駆け中の先駆けだったのではないかと思わせられます。


まぁ、そんな分析なんてどうでもよくなるくらいに衝撃的な音楽をやってたバンドなんですけどね。



いやー、ほんとに身震いするほどカッコいい曲ばかりで、世界に誇れる素晴らしいバンドだったと思います。







そういや レアなのは一枚もないけど、T シャツもたくさんもってるなー

58758469_2749333061750403_7777291990361702400_o.jpg




あまりうまくまとまらなかったけど、とにかくご冥福をお祈りします。


posted by TSUNEGLAM SAM at 17:09| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。