2019年10月18日

DELANEY DAVIDSON LIVE at POOR COW

ニュージーランドより、DELANEY DAVIDSON さんが来日しました。


DELANEY DAVIDSON さんは 2000 年代にニュージーランドからスイスに移住し THE DEAD BROTHERS に加入しました。




「FUNERAL ORCHESTRA MSSION」 と称するスワンプやブルースからポルカのような民族音楽まで取り入れた独自の音楽スタイルを展開するバンドで、日本でも人気も高い VOODOO RHYTHM レーベルからレコードもリリースされております。




とかなんとか書いてますけど、私はこれまでまったく彼のことを知りませんでした。



4 年前まで東京に住んでたニュージーランド人の友達 BRIGID に紹介されて、今回の来日での POOR COW 公演を私がまかせられたわけです。



結果を先に言いますと AMAZING の一言につきます。




ほんとにほんとに素晴らしかった。




ぶったまげました。





とりあえずどんなライヴをやるのか事前によくわからなかったので、こちらからの刺客ということで JOHNK WRAY さんにも出演していただきました。





JOHNK WRAY

72392857_3089729804377392_6220638204106637312_n.jpg


72293624_3089729771044062_6774151611867463680_n.jpg


72643916_3089749634375409_7484638248866676736_n.jpg



LINK WRAY のナンバー以外にも ROKY ERICKSON の 「STARY EYES」 や 「I FOUGHT THE LAW」 なんかもやってくれて最高でした。

JOHNK WRAY さんは普段はミニドラムを踏みながらやるワンマンバンドスタイルなのですが、この日はそちらは下の階からの苦情のために遠慮していただいたのですが、足につけた鈴を振り振りやってくれました。ありがとうございます。



JOHNK WRAY のマネージャーの ED WOODS の JOHNNY さんも DELANEY さんの音楽が好きらしく、とてもよい共演となりました。






そして、DELANEY DAVIDSON



はじまるやいなや、DELANEY さんのワンマンゴーストオーケストラ的な世界が漂いまくり、店内の空気を完全に支配しました。

72784987_3089772724373100_7460773374755602432_n.jpg


72130295_3089772657706440_9093005554489491456_n.jpg


72291505_3089772977706408_1737519909971165184_n.jpg


73160896_3089773004373072_6494330966364913664_n.jpg


72737776_3089772631039776_931088711511179264_n.jpg


72756941_3089772594373113_2602620988759736320_n.jpg



73409320_3089772604373112_7376905153229619200_n.jpg;;


73017618_3089773541039685_6390297985053360128_n.jpg


72632765_3089773591039680_3835649865434529792_n.jpg;;



72485939_3089773691039670_2716149013186347008_n.jpg


72370962_3089773634373009_8802873847855448064_n.jpg


72799280_3089795101037529_7901047190913548288_n.jpg



72696633_3089794717704234_427057789471293440_n.jpg


72563011_3089795807704125_5444546903733698560_n.jpg


ルーパー使いは私 けっこう見たことがあるんですが、単にリズムやリフをループさせるだけではなく、効果音的に使うのはすごくかっこよかったです。

ありがちな言い方になりますが、なにか短編映画でも観てるような気分にさせてくれました。

ジャンルとか関係なく、観に来た人がみんな驚いてました。

つうか、私もかなり驚きました。

これほどまでによいとは。

いいものを観させていただきました。





最初ちょっと気難しい人なのかな? と思ってたけどライヴ後にはすっかり仲良しになった DELANEY さんと私。
73238403_3089682164382156_5055810977140834304_n.jpg



72781133_3089682304382142_7653509495292690432_n.jpg


DELANEY と JOHNK WRAY のマネージャー JOHNNY さん。
74160913_3089823081034731_311353453576192000_n.jpg


BLACK & WHITE、ex NESO のケータ君 (右)は 10 年彼の来日を待ってたとのことです。
72259140_3089823534368019_3717528021297528832_n.jpg



久しぶりに再会した BRIGID と。
72583043_3089862191030820_455105699735666688_n.jpg

72540444_3089823301034709_8790714421778317312_n.jpg


73352332_3090730654277307_8985004349813948416_n.jpg



DELANEY DAVIDSON。その名をしかと胸に焼き付けてくれました。

72313721_3089822977701408_518854129783668736_n.jpg



また来たいそうなので、次はもっともっと盛り上げたいと思います!
72482900_3089853234365049_7908704168414543872_n.jpg


ご来場の皆さん、FIFI さん、JOHNK WRAY さんありがとうございました!






実は翌日のペンギンハウスのライヴもいったのでまたそれについても書きます。
posted by TSUNEGLAM SAM at 17:45| Comment(0) | Young Parisian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。