2018年04月12日

GENO LONDON リリースパーティ

8299a9a056359b795ef23a6aabb68971-rimg-w720-h512-gmir.jpg

敬愛する ジーノ・サトー氏率いる GENO LONDON のレコ発にいってまいりまいした
もちろん最近はまってるカメラを片手に。

撮りまくったったわよ。


到着するなり入口に MOD GANG なお二人がいてめちゃ緊張しました
30441661_2134722943211421_5159015562340204544_n.jpg


最初に登場したのは THE CASTLE。MOD 界のレジェンドが集まったバンドです (ドラム以外)。


出番前のクールなマン様
30441312_2134722963211419_1407984700189835264_n.jpg

マークさん。いつもおしゃれ。
30442768_2134722956544753_539708944784818176_n.jpg

「CASTLE」 はフォトグラフって曲が大好きです。音源化してほしいなぁ。





続いては THE SECRET CARVIVAL WORKERS。こちらもレジェンドたちによるスーパーバンドです

クールな TAIKIさん
30412065_2134721019878280_2401776966400212992_n.jpg


いつもかっこいいヤサカさん。
30571219_2134721596544889_8047523721943973888_n.jpg

安定のカッコよさ、しびれました。



そして最後は GENO LONDON!

まず今世界で一番“PLASTIC SOUL”という言葉が似合う御人、ワコさんのかっこいい姿をごらんください。
30412575_2134713083212407_6214111498789191680_n.jpg


ローくんも最高!
30530929_2134713176545731_3805097181782736896_n.jpg


そして神のお姿
30412301_2134713789879003_8181275128164777984_n.jpg


30516147_2134713933212322_8732383788031541248_n.jpg

30572221_2134715756545473_1950574807821058048_n.jpg



つうわけでとても楽しいイベント。写真の撮りがいもありありでした。


ライヴ以外の写真を少々。



いつも楽しそうに盛り上がってるミスター "CUTIE KIDS COLLECTION" ナカくん。
30571206_2134722829878099_8548360635719614464_n.jpg


いつもおキレイなサオリーヌさん
30441213_2134722796544769_5485150721391198208_n.jpg


素敵なピーターアッコさんとサオリ―ヌさん
30414638_2134721013211614_270673739551604736_n.jpg



いつもカッコイイ帯をしておられる たまちゃんさん。今日は GENO WASHINGTON !
30441110_2134723076544741_2516622287361277952_n.jpg




最後に我が神 ジ―ノサトー様と

30572063_2134713076545741_8563086201676890112_n.jpg



GENO LONDON アルバム最高なので、是非 MODS 以外の人も聴いてみてね。



あと非売品アナログいただいた。

宝物にします。

30729643_2139336139416768_1080041097914220544_n.jpg
posted by TSUNEGLAM SAM at 16:58| Comment(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

ハイライフワンマン 前篇

ハイライフ結成 10 周年ワンマン


22406119_1922391144444603_592998820221679714_n.jpg

私もちょっとかかわらせていただきましたが、本当に本当に素晴らしいライヴでした。




お客様、関係者の皆さま、ありがとうございました。関わった者の一人として御礼を申し上げます。




ここんとこ 貴重な LRF のライヴも観れなかったし、貴重なファイアースターターも観れなかった。そして最後のキーンモンキーワークも観れなかった。そんな感じで個人的には悪夢のような日々が続きましたが、それを全部ハイライフが吹き飛ばしてくれました。


もう何度もいろんなとこで書いてきたが、パンクもパブロックも、パワーポップもグラムも、ハードロックも、ブリティッシュビートもガレージも、めんたい系とかの和製ロックも、50s、60s、70s、80s もその全部があって、しかも散漫ではなく、その全部をやることに違和感がまったくない自然なバンドは世界中みわたしてもハイライフしかいないのではなかろうか。(あとは THE MODS くらい?)

そんなわけですごく稀有なバンドだし、彼らは宝です。

そしてハイライフは、私が小学生の頃に友達の兄ちゃんの部屋を覗いた感覚 ―矢沢やクールスとジェームズディーンとブルースリーとノーランズとアラベスクと甲斐バンドが同居してるあの感じ― を思い出させてくれる。そう、ハイライフこそがリアルな不良の音楽! 本来 不良はキャンディポップもニューミュージックも好みますからね。



そんなわけで楽しみで楽しみで仕方なかった当日!!

眠れなくては早起きしちゃったんで、早々と出掛け ハイライフにまつわる聖地を巡礼してまいりました。
IMG_0159.JPG

IMG_0170.JPG


この日、私は DJ を担当 & シークレットゲストの一人となっておりましたので、オープン前に会場入り、

ハイライフの DEMO や カメクラ先生デザインのハイライフの T シャツ、バッヂなんかがテーブルには並べられておりましたが、、、 

21314699_1877115775638807_2921065996007734531_n.jpg
(モデル 立石君)


その隣に私がさっきまで食べてたピンク色のチャーハンでおなじみの下北の老舗の中華屋のグッズまでもが売られてます
(なんでやねん!)

まず人気 メニュー ラーチャンバッヂ
22365494_1918501094833608_2027125688820136039_n.jpg

そして T シャツ。。。


買っちゃったじゃん。
22448250_1922521667764884_5063989205183708238_n.jpg

背中これ。
22448104_1920901324593585_6070706437934558524_n.jpg


そして、この日はなんとイライザさんがケータリングを担当!

FullSizeRender.jpg
手製のおにぎりと手描きのジンをセット販売してらしたのですが、

ケータリング担当なのに、さすがの存在感! 


即完してました。





まぁ、そんなことはさておき 始まりました!!  ハイライフの結成十周年ワンマンショーのはじまりーっ!!


出番前のカッコイイ メンバーの勇姿をどうぞ!
22405790_1920901247926926_1976327342548645905_n.jpg

22310615_1920901131260271_5212318505123772479_n.jpg


22366841_1920901231260261_8836967201773432349_n.jpg


OGG は背中にこれ貼ったオジジャンで挑む様子です。
22310364_1920901117926939_874676602288657607_n.jpg


なんでこのフィールグッドなイラストかというと、実はこの日のライヴはウィルコ・ジョンソンとかぶってるんですよね。そういう意味もこめてです。



まずは FIFI さんと私で DJ。

DJ つってもあれですよ、オハガキ読む系のラジオ公開生放送の体でやりました。
これがなかなかすごくうけましたし、やっててもおもしろかったのでまたやりたいなと思っております。


さぁ、そろそろ始まりますが・・・・すごい人!!


超満員じゃないですか!!!!


やったね!!!!!



そんな中、彼らのバンド名の由来にもなったアラベスクのコレが鳴り響き




メンバーより先に、クラークが登場!
22366743_1922559657761085_2698684766887063161_n.jpg


クラ―クが流暢な英語 (あたりまえ) でまくしたてメンバーを迎え入れ、オヂヂ、センパイ、ブギの三人の登場です!

一曲目はコレ!!



観てもらえたらわかりますが、このオープニングからすんなりいかないその感じ・・・・それこそがハイライフ! そしてブギひろしの魅力かもしれない (んなこともない)


そっからもう名曲、代表曲のオンパレード!!

ハイライフはメンバー全員が歌うんでまったく飽きません


22309092_1920513951298989_5702485240805483262_n.jpg


22282123_1920513847965666_3663611524148677655_n.jpg

22308623_1920513954632322_5537325158762950872_n.jpg




ここで一曲。 なんと彼らが私のことを歌にしてくれた曲です。

T.G Sam





長くなりますので、いったん 投稿 続きはまた。
posted by TSUNEGLAM SAM at 17:28| Comment(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

やっとみれた イ・ラン

ご存知かと思われますが、私は昨年、一昨年と大韓ロック、韓国インディに夢中になってました。まぁ最近はあんまり表だって何にも言わないからもう飽きたかと思われてそうですけど、まったくもって飽きちゃいねえっす。
いや、あの頃ほど狂ったように聴きあさったり情報を追い求めまくってはいないですが、チェックはしてます。

そんな中で物凄く衝撃をうけた韓国インディのアルバムがイ・ランの「神様ごっこ」です。もともとチャーミー兄貴に教わって聴いた 1st もメチャ好きでしたが、更によかったです。

こんな感じね。



音楽自体がすごいんですけど、インタビュ―もおもしろいのでこちらをお読みください
http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/lang-lee/1000001233




さて、イ・ランさんは何度か来日してらっしゃいますが、毎回タイミングがあわずいけなかったんですけど、今回は行けました!


場所は FEVER。着くなり、ドレスコーズの志麿くんと久しぶりに会いました。



志麿くんもさっきあげたインタビュ―読んで興味もったとのことです。


待つことしばし。


おぉ、ちゃんとチェロの人もいる!


はじまるやいなやものすごい緊張感!


陳腐な言い方ですけど、歌い出したその瞬間より すっと空気が澄んでいくような、そんでもってその上で気付いたら剃刀で切り傷つけられてるような そんな感じのライヴでした。




18446860_1746044225412630_5868474439348435144_n.jpg



いやーーー素晴らしかった!


またすぐにでも観たいよ!!


終演後どうしてもイ・ランさんに最高だったことを伝えたくて、志麿くんもなかば無理やり連れて会いに。



イ・ランさん最高でした!!! ってな興奮状態の私に、「あ、そう? ありがと」 っとクールなところがまたイカす。


で、写真いいですか? とお願いしたら、「時間ないからセルフィーでいいでしょ」 ってパシャパシャパシャっと自撮りで3回撮ってくれて、「はい、おしまいね」 ってな感じ。

文字にすると なんだかそっけないな、って感じなんだけど、その立ち振る舞いがすげーかっこよかったんですよ。イ・ランはこうでなきゃ! って感じで、イメージ通りでした。



IMG_3747.JPG


その後、ロビーに出てみると物販コーナーは長蛇の列。

そこに背筋がピンと伸びたイ・ランさんがススっと現れて、長机に長いスカート姿で腰掛ける凛とした姿は女王のようで、めちゃかっこよかったです。

IMG_3749.JPG



posted by TSUNEGLAM SAM at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

JAKE BUGG

私は、4 年か 5 年くらい前かな? まぁ、もう思い出したくもないけど精神的にちょいと病みましてね。なにもやる気なし、音楽にしてもなにを聴いてもつまらない、聴く気もしない、そんなぞっとするような日々を過ごしておりました。

そんな時に出会ったのが JAKE BUGG のデビュ―アルバム。

71lGQezjWJL._SY355_.jpg

全部いいけど、特にこの 2曲にはやられました。






歌詞とか読んでないけど、サウンドと曲そのものに救われました。


要するにもっと何回も聴きたい! って思えたのです。


それって、未来のこと、今後のことを考えるってことなので、自分にとってかなり大きかったね。



さて、そんなジェイク・バグのライヴを遂にみることができました!


いやー、最高だったな。



まだ 23 だって すごいよね。


あん時はあなたの音楽のおかげで支えられたよ ありがとう! と心の中で言いました



今後も好きでいたいとおもいます。



posted by TSUNEGLAM SAM at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

シーナの日

先日、こんなイベントがありまして

12495062_1331612623522461_8107621608226533500_n.jpg


昨年は行けなかったんですが、今年は 6 日ならいけそうだ!! っと思って行ってみたんですけど、あまりに素晴らしかったんで、7 日も行っちゃいました。


会場にはこのようにシーナさんのカッコいい写真が飾られてます。

12920525_1331851016831955_6563328604835438386_n.jpg


まずはシーナ&ザ・ロケッツ!

ゲストヴォーカルはルーシー・ミラ―さん!

944917_1332403606776696_7361983258436744808_n.jpg

ルーシーさんの歌はいろいろとどれもよかったですけど、個人的には特に 「YOU MAY DREAM」 が最高でした。
ルーシーさんを迎え、鮎川さんが楽しそうに弾いてらっしゃるのがまた素敵。



続きましてサンハウス!!

12923264_1333090106708046_2409405633177352743_n.jpg

二日観てよかったーーーー!!!


だってセットリストぜんぜん違うんだもん!!


鮎川さん、最高にカッコいい!!! シナロケのカッコよさとまた違うかっこよさ!!

12923099_1333096606707396_1234517790437018890_n.jpg


そしてこの御方!!!!

12670891_1333090103374713_5017662420294987444_n.jpg

もはや鬼人!!

12524251_1333096633374060_1885076949532479599_n.jpg

すさまじい妖気です。

今年 69 だっていうのになんなんでしょうこの淫力魔人っぷりは!


時々、ほんとにたまーーーーに


「わたしゃいつまでこんな髪の色でこんなメイクしてられんだろ?」

な〜んてふと思うことがございますが、この御方みてるとまだぜんぜんしばらく当分は大丈夫! こうありたい! っと勇気づけられます。

って、もちろんこの御方だからこそってのは百も承知!! 比べるなんておこがましいのはわかっちゃいますが目指させていただきます!!


終演後はなんとサンハウスの皆さま全員客席に降りてきてのサインサービス!

当然私もしていただきました。

12718093_1332349960115394_1316122994290097528_n.jpg

12923114_1332349970115393_3188978201551420189_n.jpg

あと、シナロケもめっちゃかっこいい T-shirts ありましたんでこっちも購入。
12923137_1332383990111991_7963443512793306316_n.jpg



繰り返しになるけど、ほんと二日間いってよかったです。

サンハウス、シナロケ、そして鮎川さんが日本のメジャーロックシーンにいてくれて本当によかった。
もしいなかったら・・・・・と思ったらぞっとします。


あと、私は福岡つっても限りなく大分にちかい福岡県民のパリジャンですが、こういう時は都合よく福岡県民でよかったったいと胸をはれるわけです。


サンハウスってそんなめったに観れるもんじゃないのに、去年から三回も観ちゃったよ。

勝手な言い方あんまりしたくないけど、これもサンハウスが大好きだったというシーナさんからの送りモノのような気が勝手にしております。








終演後、久々にあったルーシーさんと。

12938102_1331982893485434_4148124394149422089_n.jpg


ダークサイド・ミラーズん時に何度か一緒にやったけど、またバンドやってほしいな。
posted by TSUNEGLAM SAM at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

びっくりカバー DISCHARGE

土曜日、「ポップ・アップ・ショウ」 ご来場ありがとうございました。

大変大変 楽しいイベントでした。the PINK PARTY POODLES の皆さま、YOUicTHi-raw くん、KC さん 、SHIRROW さんありがとうございました。

結成当初はほんとにしょっちゅうやってた LOFT BAR SPACE でしたけど、なんだかちょっと懐かしくもあり、新鮮さもありで楽しかったな。


こないだ書きましたけど、今回ちょっとおもしろいカバーにチャレンジ!

そう、まさかの DISCHARGE です!!






DISCHAGE 子供の頃、たいそう刺激をうけました。

今でもいつも聴いてます! ・・・・・っていうとウソになりますが、ことあるごとに聴いてます。これはホント。

しかし、まさかカバーするなんて思わなかったわね。永久にそんな日はないかと思ってましたわよ。



こないだ久々に新曲のアイデアが浮かび、禁じ手、反則の 「曲が途中でスピードアップする」 ってのをやってみようかなと思い立ちまして。あの、メロコアとかサイコビリーでよくあるやつね。一周まわって今やったら斬新なんじゃないのかなと。

そんでもってよくわかってないくせに D-BEAT 叩いてとか言い出しちゃって。

で、やってるうちに、あれ? もしかしたら、逆に DISCHARGE をスピードダウンしてグラム化できんじゃないのかしら? っと思ってやってみたら、とんでもなく面白い仕上がりになりました。

自分的に大発見、久々に大興奮だったのですよ。


DISCHARGE をややテンポダウンさせるとモーターヘッドになり、それをさらに原則させるとハードロックなブギーになるってことがわかりました。
故に、GBH なんかよりスラッシーなイメージのある DISCHARGE ですが、そこにはキッチリとロックンロールが存在するということが再確認できました。

あの歌詞の少なさなんてもしかしたらスピードアップしたブルースなのかもしれません。



まぁ、そんなわけで、とても楽しいライブでした。途中、突然裏声が出なくて泣きそうになりましたが。

共演者もみなさん独自の世界観を表現しててそこがとってもよかったです。

また出たいなと思っちゃうイベントでした!



10668407_959639264053134_349197828_n.jpg

10711655_959638754053185_2040963954_n.jpg

企画者の一人、柳谷睦 & RAT BONES でもおなじみ KC さん。かっこいい。
10647193_959639404053120_2559655570671196004_n.jpg

BATTLE OF NINJAMANZ の エマくん!
10403691_959639977386396_2901999714086353111_n.jpg

九州パンクレジェンド! CONFUSE の パッシーさん!
10624595_959976654019395_8013112236305794339_n.jpg

PEEL & LIFT の 細谷先生
1907822_959963717354022_1561315404105659838_n.jpg

先生、T-SHIRTS をくださいました。ジョニーロットンが着てた IGGY T
10714641_959958704021190_1599116354_n.jpg

http://peelandlift.blogspot.jp/2014/07/iggy.html


うれしい。

みなさんありがとうございました
posted by TSUNEGLAM SAM at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

レコ発 第一弾のこと。

あらためまして、先日のレコ発 第一弾 ご来場ありがとうございました。

柳家睦 & THE RAT BONES そして the Hi-Hopes の皆さまありがとうございます。
どちらもホントにカッコよかったです。

イベントをオーガナイズするにあたり、やっぱり思うのはこのバンドをみなさんに見せたい! そして、ほらカッコイイでしょ! っと得意げになりたいってとこで、自分らのことと同じくらいそこは重要なんですよ。

だから、「Hi-Hopes 初めて観たけどカッコよかった!」 とか 「柳家さんの CD 買っちゃった!」 とか言われると凄くうれしいです。



まず Hi-Hopes ですが、KUBO さんが在籍した RETRO GRETION はホントによくライヴを観てました。これは私だけではなく他のメンバーも。いわば青春といってもよいでしょう。

RETRO〜 の活動停止は残念でしたが、昨年、Hi-Hopes のステージを遅まきながら観て、こんなすごいことやりたかったんならしょうがない!! って納得したわけです。いや、RETRO〜 が凄くなかったわけではないし、比べてどうのって言うんじゃないですが、とにかく納得せざるを得ないものだったのです。

南米っぽさ、ラテンっぽさがあり、そこに BOW WOW WOW みたいな感じもあったりしてとても楽しかったです。またライヴ観てみたいですし、みんなにも観てほしいです。



そして柳家睦 & THE RAT BONES !!

圧巻のステージングでした。観る者すべてをトリコにするエンターテインメントショウです。
演奏も最高で基本アコースティックなのにこのビート感はすごいです。

柳家さんはごぞんじ BATTLE OF NINJAMANZ のシンガーでもあり、我が国のサイコビリーシーンを築いてきた方です。

そんな人物と一緒にレコ発やるなんて昔は思ってもみなかったです。

実に光栄でした。


ロックンロールの世界にセンパイとかコウハイとかないとは思ってますけど、やっぱりバンドはじめる前やはじめたばっかりの頃に客席で観てた方々とやれるのはうれしいもんです。そしてその方々が今もバリバリでおもしろいことやってるのがまた最高なのです。


さて、我々ですが、ゲストにそんな柳家さんと KUBO さんを迎えて一曲やりました!

YOUNG PARISIAN with 柳家睦&KUBO 「BLACK CATS 1950 (ホンコンナイフver.)」 from makilino on Vimeo.



撮ってくださった方、ありがとうございます。


原曲はこちら。




私が BLACK CATS を初めて聴いたのはたしか 10 歳くらいだったと思いますが、最初に聴いたのがこの曲でしてとても思い入れがあります。
後に誠一さんとオットーさんにもインタビューさせていただいたこともあり、BLACK CATS はラフィンノーズと並んで私のヒーローです。いまだ。


しかし。

やったのはこっちのバージョンです。



これまた我々 YOUNG PARISIAN のヒーロー HONG KONG KNIFE のヴァージョンです。

オットーさんのパートを歌ってるのは EDDIE ALCOHOL さんです。


ぶっつけ本番のセッションでしたが、楽しかったです。KUBO さん、睦さん参加してくれてありがとうございます。

またこの曲に違う思い入れができました。



さて、レコ発 第二弾も決定しました。

主戦場 そしていつまでたっても憧れの場所 下北沢 SHELTER です!!

6月21日(土)@下北沢 SHELTER
YOUNG PARISIAN 「LAST TIME BOOGIE」 EP MIDNIGHT RELEASE PARTY!
W/JOE ALCOHOL, FLASHLIGHTS
※スーパースペシャルゲストあり。
OPEN & START 24:00〜
¥2000 (当日のみ)
問)SHELTER  03-3466-7430


ぜひいらしてください!!!
posted by TSUNEGLAM SAM at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

ライヴは楽しいです。

なんだこのタイトル。


もう忙しくて、書くひまがなーーーーい。でも、頑張って書きます。



先々週のライヴの写真あげわすれてました。せっかくレインボー着たので。

1508133_828140607203001_51743172_n.jpg


1656285_828139840536411_1823780671_n.jpg





で、一昨日のライヴ。全部観れなかったけど、観れたバンドはすべてかっこよかったです

CAR CRASH はいつもスリリング!
1940109_832329763450752_1450040856_n.jpg


MANDES! とにかくギターの音がかっこいいし、曲も最高、立ち姿もクール! なんか外国のバンド観てるようでした。
1940106_832329696784092_2058888207_n.jpg


FLASHLIGHTS はメーキャップタイムで観れなくてホント残念でした。。。。。


そんで我々。ニューシングル 2曲も新曲 2 曲もやれて楽しかったです。
1960082_832647103419018_127677260_n.jpg



楽しいライヴでした。NOV さんありがとうございました!

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX


以下、告知

私、TSUNEGLAM SAM トークイベントに参加いたします。

◎「ヘドバントークショー VOL.2」
■開催日時: 3月5日(水)19:30〜20:30
■開催場所&問い合わせ: BIBLIOPHLIC & bookunion新宿 TEL03-5312-2635
■参加方法
BIBLIOPHLIC & bookunion新宿にて、
ヘドバン Vol.1〜3 の内どれでも1冊ご購入の方にイベント参加券を差し上げます


脂ギタギタな特濃怪気炎を上げ続けている NO.1 音楽カルチャー誌 『ヘドバン』。 Vol.3 発売を記念して、昨年大好評を博した伝説のイベント『ヘドバントークショー』の開催が急遽決定!
登場メンバーは、前回も大暴走を繰り広げた“ヘドバン不動産代表取締役”の掟ポルシェ氏と、
“V系魔人捜査隊隊長”の恒遠聖文氏、それに“懲りないBABYMETALクレイジーラヴ”な編集長の梅沢直幸の3人!「メタル異種格闘技戦 開幕!」を掲げた『ヘドバン』Vol.3 の世界をよりディープにえぐるのか、はたまた異次元ワールドへワープするのか、それはイベント開始のゴングが鳴るまで誰にもわからない!!


前回の模様
http://diskunion.net/book/ct/news/article/1/42805?dss_mode=pc
untitled.bmp




それから Keiji Ronson の別バンドライヴ情報!

3月14日(金)
Back From The Grave Returns presents
"BAT IS BACK from The BATSVILLE"
THEEE BAT
TEXACO LEATHERMAN
THE GREAT MONGOOSE
96粒の泪
SOUTA & BLITZ ATTACK BOYS
MELVINS
Winstons
Ric Zeppeli & The Heartbreakers
"ケイジロンソン(YOUNG PARISIAN)ブローノ(The Shallows)オマオ(ex Jim Jams)リック(Loulou Lily Loved)

DJ
Jimmy Mashiko
Mr.Death
Daddy-O-Nov
gust DJ
WILD OX
Fumie (London)

Venue UFO CLUB
open / start 22:00
adv 1500+D door 2000+D
*23:00までに入場の方は前売料金になります

posted by TSUNEGLAM SAM at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

march of the mods

MARCH OF THE MODS 最高に楽しかったです!

どのバンドもよかったな

我々のは DESDEMONA と新曲 2 曲をやりました。

そのどっちでもないですけど、ある御方が動画あげてくださってたので貼っときます



GENO 大好きです! ホントに! 最高だったなー


すごく盛り上がってとても楽しいイベントでした。


次回はコレ!

rps20140219_074549_163.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

グラム活動

グラム本体はもちろん、グラムの先祖も仲間も子供も調べ倒すのが我がライフワーク!


そんなグラム活動の一環として行ってまいりました SEX GANG CHILDREN !!

いや、そんな回りくどい言い方しなくてもいいです SEX GANG CHILDREN 大好きです。新譜が出たらいつも買ってます。

「SEBASTIAN」 生で聴いたら即死しそうです。



そんなわけで、私、SEX が、いや SEX GANG CHILDREN が大好きではあるんですけど、もっと大好物は Vo の ANDI SEX GANG のソロ!!


まずミックロンソン仕事なのに無視され気味のコレ!



かっこいい!!!  ヤングパリジャン結成当初の 「カバーしたい曲テープ」 に入れてたくらいです。



それから愛するマークアーモンド様とのデュエット!





ピアフのカヴァーも素晴らしい!




そんなわけで SEX GANG CHILDREN っていうより ANDI が観れる!! っと興奮してたしだいです。


寒空の下、雪道を歩きながら SEX GANG CHILDREN のライヴに向かう。共演はオートモッドやサディーサッズやソドムなど、、、って今いったい何年ですか?? っと考えてたら楽しくなっちゃって、コンビニでアイライナー買ってそのままトイレでアイメイク。

会場に入りまずは T-shirts 購入。かっこいい。

1900137_823352037681858_888027776_n.jpg


そんでもってライヴですが、とても素晴らしかったです!

とにかく ANDI の動きから目が離せませんでした。

1902268_823266787690383_1007664582_o.jpg

素晴らしいパフォーマンス! 唯一無二の歌声!

私もヴォーカリストの端くれとしまして、かなり勉強になりました。

1902374_823267607690301_992261634_o.jpg


オリジナルメンバーでドラムのケヴィンさんもかっこよかったです。

1937565_823266727690389_2019612792_o.jpg



終演後は当然 我がグラム活動の一環であります ミーハー活動を。

いっぱいもってるんですけどよりすぐりました。

1927162_823365191013876_113406127_n.jpg

これプロデュースだけじゃなくて ミックロンソン ギターでも参加してます。
1904064_823295047687557_14717491_n.jpg

1901307_823295184354210_651526413_n.jpg

1620965_823293694354359_1655256703_n.jpg


当然 写真も。

ANDI と感動の 2 ショット
1661223_823290964354632_762847345_n.jpg

KEVIN とも!
1796532_823299441020451_1536496444_n.jpg


まさか SEX GANG CHILDREN をこの目で観ることができるとは思ってませんでした。感動です!



xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

そんなグラム活動ポジパン編を終えました私は、明日、グラム活動モッズ編です。
出番は 21:30 くらい。ぜひいらしてくださいな

2march.jpg




posted by TSUNEGLAM SAM at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

STONE FOUNDATION

The Stone Foundation なるバンドを観にいってまいりました。アンド 取材も。

まず感想からいいますと最高すぎました。予想をはるかにはるかに上回って。





知らない方にも知って欲しい故   何曲か動画をごらんください。








そもそもこのバンドを知ったのは、LRF および Pounds magazine の射延博樹さんの一本の電話からでした。

なんでも、博樹さんのところにその世界では超有名なフーリガンだった Cass Pennant 親分から Stone Foundation なるバンドが日本に行くから日本のメディアで紹介できねえか? っとの連絡が入ったとのことで。

1463976_10151751411052047_1990236092_n.jpg

因みに CASS さんはフーリガンからギャングになってそっからまぁいろいろあって、本も書いたり映画にもなってる人で、日本で言うところの安部譲二的な方です。


間接的とはいえそんな CASS 親分の頼みときたからにはそりゃあ私もいろいろ捜しますよ。どっかで紹介できるアレをね。アンド どんなもんかと聴いてみたら・・・・わ、かっこいい! ってなりましたからね。なんていうかバブリーな匂いをとりのぞいたスタカンっていうか、あとデキシーズの匂いもしますし。こりゃあ私の周りでも好きそうな人がいっぱいいるんじゃないか、と。

そんでいろいろ探ってみたらノーザンソウルのロゴをモチーフにしたバンドロゴを使ってたり、そのへんの大御所とからんでたり、スペシャルズやビートやブロウモンキーズとかと共演してるばかりか、コックニーレジェクツや 999 などが出演するパンクフェスにも名を連ねとります。こりゃあ昨日今日じゃないなと。

そんでもっていろいろ動きまわりましたけど (つってもググりまくっただけですが)、どうも招聘元がわかりかねる。告知もあまりされてない。一体全体 誰が呼んでらっしゃるのかしら? っと思いながら調べてたところ、なんとびっくり 英国観光庁が呼んでらっしゃっておりました。で、ライヴも招待制みたいな感じなもんで一般的な告知はなかったわけです。

そんなこんなの中で、博樹さんが動いてくださり まずは pounds の web 版で事前インタビュー。私も何問か質問させていただきました。

ご覧ください。
http://sweeeteh.blogspot.jp/2014/01/a-stone-foundation.html

そっからまぁいろいろありまして、いろいろな方にご協力いただき、なんとかひとつインタビューを掲載できる媒体がみつかりました。これはまた発売される際にでもお知らせさせていただきます。



そんなわけで共同インタビューの THE PRISONER 潤一郎くんと一緒にいってまいりました!
その日の潤一郎くんのブログはこちら。
http://the-prisoner.jugem.jp/?eid=2047

インタビューもいろいろ聞けましたけど、それよりなによりほんとにほんとにライヴがよかった! メンバー全員かっこよくてあっち見たりこっち見たりで大忙しです。予習でさんざん聴いた音源とほとんど変わらない演奏に驚きました。歌もすごい! とにかく あの人やあの人にも観ていただきたい! もっと多くの方に知ってほしいバンドです。


62982_821965837820478_375750882_n.jpg

1798735_821970637819998_887608444_n.jpg

1902802_821971237819938_1088102082_n.jpg


また来てほしいなぁ。



xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

さて、ライヴ予定が二つ。出来立てホヤホヤの新曲できるかな???

前売り予約ご希望の方は youngparisian@hotmail.com までよろしくおねがいいたします。

2march.jpg

rps20140219_074549_163.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

naona & k.ron

書きたいこといっぱいあるけど、とりあえず 2.7 のこれから。

ぷあかうでやったロンサムタウン仲間の naonao さんの弾き語り。

天城越えから始まってスミスとかキンクスとかもうサイコーでした。

この人ほんとドラム叩かせても最高なのに、歌もギターもすごい。

ただものじゃないです。


我らが K.RON との共演の動画を撮ったのでごらんあれ。




1964 年にヒットした Motown の soul singer Brenda Holloway がオリジナルのこの曲。

NAONAO さんいわく CLASH バージョンってことで

あわてて CLASH のボックス買って聴いたらサイコーでした。




JAM もやってますね。






こちらは二人の共通点。ハノイロックスのナンバーです。




またこの二人、今度はお互いソロかな? で、ライヴやるらしいのでまた告知いたしますね。
posted by TSUNEGLAM SAM at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

虹の彼方に




先週の土曜日は大雪の中ライヴに来てくださってありがとうございます。


せっかく雪だったんだから全身真っ白のコスチュームにすればよかったなとちょっと後悔した次第です。

SE もなんか雪にちなんだ曲にしようかなとかおもいまして、シャンソン好きなんでアダモの 「雪がふる」 にしようかなーとかいろいろ考えたんですけど、イマイチいいのが思いつかずで。

そんな時に、Google の検索ページトップのロゴがソチ冬季五輪の特別ロゴに変わったことを思い出しまして。ロゴは LGBT (レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)のシンボルカラーである虹色で、ロゴの下にはオリンピック憲章の差別を排除するオリンピック精神をうたう一節が表示されております。

yu_doodle.jpg

これは、五輪開催地であるロシアが昨年 6 月に、同性愛関係の宣伝行為一般を禁止する連邦法を施行したことを批判するものとみられております。


私もロシアのソレには憤りを感じておりまして・・・・っとなれば SE はコレにするしかないでしょ。



これ最高のアルバムなんですよ。ルーファス・ウェインライトもまるまるカバーしたやつ出しててそっちもいいです。


ジュディ・ガーランドはゲイ・アイコンの中心的な存在で、映画 『オズの魔法使』 でドロシー役で知られるジュディ・ガーランドのゲイ・アイコンとしての敬愛度は高く、1950 年代のゲイの間では、"Is he a friend of Dorothy?" (彼はドロシーの友達?) という言い回しは、「彼はゲイ?」という隠語として使われるほどだったそうです。

またジュディは同性愛者に対して理解を示していた数少ない有名人の一人であり、彼らのアイドル的な存在でもあり、ジュディ自身もバイセクシュアルでした。そのため彼女の死のニュースは同性愛者のコミュニティに大きな悲痛をもたらしたそうで。史上初のゲイの暴動である 「ストーンウォールの反乱」 の原因の一つは、彼女の死によるショックが影響していたとも言われてます。よって同性愛解放運動の場では必ずと言っていいほどこの 「虹の彼方に」 がかかるようです。


そんでこの曲はグラムロック的にはもう一個意味がありまして。

とりいそぎ、これ聴いてみたらわかります



♪ スタ〜マ〜ン ウェイティング・インザスカ〜イ ってのと ♪ サームウェ〜イ オバーザレインボ〜 って同じなんですよね。


そんなわけでこれにのって登場しました。オリンピック終わるまではこれでいきたいかな。



で、なんでしたっけ?  もうライブの中身は忘れました。


全バンド初共演でしたし、私たちを観たことないお客さんも多数みてくださって楽しかったです。


SIX 何度も観てるけど、改めてかっこいいバンドでした (袖からしか観れませんでしたけど)。いただいたフロントの御二人がやってる別バンド THE ROYAL NINE MINUTES の音源もすごいよかったです。また一緒にやりたいし、観にいきたいな。

すっかりファンになったので写真撮ってもらいました。
1559672_819478068069255_1095976317_n.jpg


トリのバイオレッツですが、Vo のパッチさんとは、私がヤングパリジャンをやる遥か昔にヒンズーハリケーンというバンドをやってまして、その企画に GYOGUN RENDS で出てもらって以来の共演です。なんだかんだ17、8 年くらい前だと思います。

一緒にやれてうれしかったな。

さぁ、次はこれだ!

2march.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

GLAM GOD SCUM GOD その3

続き。


放火魔的役割を果たしてくれたカークラッシュ、そしてテキサコの事故現場のようなライヴの後、我々の出番。

おそらくお腹いっぱいであろうお客さんへのデザートとして登場する気なんてまるでないです。

更にお腹いっぱいにしてあげようじゃありませんか。

今回は GLAM GOD としての出演ですので SE もコレに変えました。



今回もニュー衣装。ちょっとウェインカウンティを意識しました。

1004684_720483194635410_1469019891_n.jpg

毒々しいでしょ?

1002618_720475811302815_1550499816_n.jpg

1185367_720481917968871_1688850965_n.jpg

1230049_720467101303686_314944711_n.jpg



写真にはないですけど、久々にホークウインドのウルトラグラムロックナンバー 「シルバーマシーン」 をプレイし、テキサコの王様にシンセで参加していただきました。

動画がなくて残念!!


それから予告してた意外なパンクロックカバーはアンコールでやりました。

コレです!



意外と言いましても実はこの曲、ヤングパリジャン結成当初の課題曲のひとつでして。11 年前からなんとなくスタジオであわせてたりしてた曲なんです。

まぁ、GG もやっぱり NEW YORK DOLLS に憧れてたクチですので、そんなにかけ離れたアレでもないのですよ。

これとかね。グラムロックでしょ?



ってなわけで、ニットキャップ、タレサン、首輪で TG・アリンに変身しました!

1235371_721180934565636_1518667980_n.jpg

そっからサーチ & デストロイにつなぎ、ヤンパリ狂暴ヴァージョンです。

1232696_720496417967421_987192895_n.jpg


最後は CAR CRASH よりタカダマくんを招き入れ めったにやらない YOUNG PARISIAN 最初期のオリジナル 「Violent Goldmine」 をやりました。

1232626_720404944643235_1807207102_n.jpg


いつだったか忘れましたが、もう結構前のライヴにてこの曲をプレイした際に、客席のタカダマくんのノリ方がこれまでと明らかに違った激しいもので、ライヴ後も 「気が狂いそうになった。ステージに上がって暴れそうになった」 的なことを興奮気味に言ってたのを覚えておりましたので、今回、急遽参加していただきました。

いきなり半裸で出てきて大暴れしてくれるもんだから、我らが Keiji Ronson にも火がついたようで、ふたりでフィードバックしあって最高にカオスなムードを立ち上らせてくれました。


まぁ、そんな感じで楽しいライヴだったんですが、実はリハもやってないもんで蓋を開けてみないとどうなるんだかまったくわかんなかったんですよね。ある意味、危険な賭けではありました。しかし、私もフロアのみならず花道やステージと自由気ままに立体的に動いて歌いまして、とても楽しかったです。

写真でみてわかりますとおり、ステージで歌うとその周囲に普通にお客さんが立ってる状態になるので絵的にもかなりおかしなかんじです。

1174905_672280856134798_2013674240_n.jpg

真.JPG


今回のこのチャレンジ、一回こっきりになっちゃいますが、カオスを生み出すという意味においては大成功だったのではないでしょうか。

皆様も楽しんでくださったようですし。


ライヴより数日後、ある友達が私におもしろいことを言ってきました。

あれは皮肉? と。

それはどういうことかと言いますと、先日あるイベントにおいて、メインアクトの際にステージ上にたくさん関係者や客の一部がいて、非常にそれが見た目的に鬱陶しく私はものすごく嫌悪感を覚えたわけです。なぜ、客席でみないのか!? と。そんなに関係者面したいのかと。

友達は今回の試みを 「それに対する皮肉」 だと思ったようで。。。。

なるほど、そいつはおもしろい。


さすがプロレスファンは深読みが素晴らしすぎる。


そんな気持ちはサラサラなかったですが、その意見いただきます。




それにしても毎回こんな無茶ぶりに賛同してくださるシェルタースタッフの皆様、それから面白がって出演してくださった カークラッシュ、テキサコレザーマン、それから DJ のパックマン、ご来場の皆様、ほんとにありがとうございました!

今後も皆を驚かせること、楽しませることを目一杯考えてやっていきたいと思います。


目をはなさないでね!


真夜中シリーズもまだまだ続きます!



posted by TSUNEGLAM SAM at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

GLAM GOD SCUM GOD その2

さて、お次は 待ってました!  TEXACO LEATHERMAN !!

このバンドが登場すれば いつ何時でもどこでも エニタイムエニウェアでカオスな空気が立ち込めるのはわかってますが、真夜中のシェルターでそれを最大に発揮していただけるよう舞台を整えました!

前から思ってましたけど、イベントを企画するってのは、ある意味、企画バンドが他の出演バンドをプロデュースするようなつもりでやらなきゃならんのではないかと。自分の好きなバンドが (←これは大前提ね) どんな場所でどんなシチュエーションでライヴをやったらよりよく見せれるか。それはもうバンドに声をかけ、イベント名を考え、チラシを作る段階から当たり前に考えてることなのですよ。これはプロレスから学んだことね。興行全体を考えるってこと。

つうわけで、カークラッシュ、テキサコという最高の選手を揃えたんだったらこういうカオスな空間を作り上げなきゃいけないわけです。そうなるとおのずと DJ も PACKMAN センセイしかいないだろうとなってくるわけです。


って、前置きが長くなりましたけど、とにかく 「なにかが起こりそうな夜」 という皆の期待に応えすぎるくらいに応えてくれたテキサコレザーマン!  やはりこの方々はリヴィング・レジェンドです!

なんせ王様は 一曲目からギターを破壊しはじめて 二曲目ではもう全壊!! ネックやシールドを持って徘徊する様は神がかっておりました。

真.JPG

そんなことまるでおかまいなしにクールに演奏するメンバーと、日本刀片手に自由奔放 好き勝手にいろんなとこで歌う Vo のイブさんのコントラストがなんとも言いようがない素晴らしさです。

IMG_6176.png

写真.JPG


やる側がここまで発狂してればお客さんも発狂するのは当然。

なんだか変な酔い方し始める人 続出!

「服がネ、汚れるとネ、帰り道に恥ずかしいでしょ? だ、か、ら、ネ」 っとなにやら突然脱ぎ始めて、パンイチならぬオムツ一枚のオムイチになって大暴れしてる方も出現。この人もまた裏 SCUM GOD !

IMG_6117.png

これなんかもうライヴの写真だと思えません。前衛劇団みたい。



ってなわけで、これホントに 十年に一度観れるかどうかわかんないような壮絶なライヴでございました。

本気のテキサコレザーマンには誰もかなわないなと思ったしだいです。


あと、テキサコ T-shirts がかっこよすぎた!  テキサコが T-shirts 作るってだけでも事件なのに、このデザイン!

1174827_720475434636186_683984142_n.jpg


それからイブさんのボルグっぷりがやっぱカッコよかった!

真1.JPG

昔はいつもスーツ着ててそれがめちゃくちゃカッコよかったのに最近ずっと半裸でやってるから、この日は 「久々にスーツでやってくださいよー」 っとお願いしたんだけど、ボルグスタイルもかっこいいから全然 OK!

やっぱ FILA はいいなー。

関係ないですけど、FILA といえば、先日も書きましたように私の大好きな映画 「the firm」 の T-shirts が FILA から出てるのですが、海外のサイトみまくっても SOLD OUT! という悲しい文字が並ぶ中、私が日本一好きな大阪の服屋にいきなり入荷しておりました!

1167920_722001324483597_1107358415_n.jpg

もちろん捕獲!

タグまでかっこいいので、切るのがもったいないです。。。


あと、この日、対戦気分を盛り上げようとして私はタッキーニを着ていったんですが、ライヴ前にぷあかうに寄ったら、某リズムバンドの Y 下さんが FILA をガッツリ着て座っておられましておもしろかったです。

いきなり知らない方々にいっぱい 2 ショット写真撮られました。

1229836_720482967968766_908536969_n.jpg


話がそれましたが、とにかくテキサコがますます好きになった夜。私だけではなくみなさんにとってもそうだったんじゃないでしょうか。

大暴れのお客の被害をうけたベースのアコさんが客にクールに蹴り入れるとこも名場面のひとつでしたね。

テキサコとは次回のライヴでも一緒です。超楽しみ!

557092_501844283232213_874369933_n.jpg

posted by TSUNEGLAM SAM at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

GLAM GOD SCUM GOD その1

金曜日の深夜興業におこしいただいた皆様、出演してくださった皆様、シェルタースタッフの皆様、ありがとうございました。

あっ! と驚く仕掛けをやりますと予告しておりましたが、


なにをやったかと言いますと


フロアライブです!


写真だとわかりづらいですけど、これ開場前の様子。
写.JPG

ステージ上は DJ と物販。
IMG_6080.jpg


こりゃあもうみんなが驚いて、ライヴが始まりゃカオスになること間違いなしでしょ?


そんなわけで私は落とし穴を掘って誰かが落っこちるのを待ってるような気分でいたわけですよ。


入ってくる人 入ってくる人 こちらの思惑どおり 明らかに困惑してる様子で実に痛快でした。


PACKMAN の DJ で、かっちょいい、彼ならではの選曲が続き



トップバッターの CAR CRASH 登場。

IMG_6094.jpg

このバンド もーーーーー観るたびにカッコよくなっていきます! 

キラーな初期パンクと ヒリヒリしたハードパンクと キリキリするポストパンクが渾然一体となった感じがたまんない。

あまり観たことがなかった人、初めて観る人、口々に こんなかっこいいんだ! びっくりした! と言っておりました。

CAR CRASH はこの日から 三連ちゃんでライヴ。土曜はいけなかったですけど日曜のライヴも最高でした。


金曜日の写真がないので、日曜日に撮った写真でも。

天才タカタマくん

真.JPG

最近、劇的にカッコよくなったホンマくん

真.JPG

写真ないですけど、チグちゃんのドラムも最高です。

なんだかわかんないけど、なにをしでかすかわかんない魅力、緊張感が彼らのライヴにはあります。

今後も要注意です。


ライヴ後、突然 立ちションする タカダマクラッシュ
写.JPG


続きはまた。


posted by TSUNEGLAM SAM at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

COZY最高!!! 

COZY 最高!! 本当に大好き!! 

1097989_323828851087623_1931922247_n.jpg

もともとスティーブとはプロレス好きなんで意気投合として仲良くしてましたが、そんなことはおいといてもめちゃカッコイイ! スティーブ以外のメンバーも全員最高!!

曲もステージングも素敵すぎて

嫉妬します!!


だから ホントに一緒にやれてうれしかったです。

THE ノウのみなさん、出演者の皆さん、それからアツシくんありがとう!


場所は初めての DYNAMO。

995468_710138532336543_1408214805_n.jpg


さて、DYANMO はかなり狭い。つーか、バーですので狭いのなんか当たり前。


身動きとれないくらいの場所でのライヴはヒジョーーーーーにエキサイティングでした。

ご覧の通りのカオスっぷりです!

526462_709810945702635_1190241665_n.jpg

581750_710081922342204_469704155_n.jpg

1011447_709810592369337_460123811_n.jpg

ライヴ終わった後、興奮した様子のスティーヴが 「ツネ! チョーヤバイヨ! オレ勝テナイヨ〜!」 って言ってくれてすごい嬉しかったです。

出てるバンドも全部最高でした!!

とにかくすんごい楽しかったな。

さてさて、本日 高円寺の GREEN APPLE で STEVE 以外の COZY のメンバーがやってる REAL NUMBERS と 新進気鋭のパワーポップバンド GORILLA のライヴがあるので観に行ってきます!!

スティーヴもいるから COZY もやるんじゃなかろうか。

見逃した方はいってみたらいいんじゃないかしら。

REAL NUMBERS かっこいいね。楽しみ。






posted by TSUNEGLAM SAM at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

最近いったライヴ その1

最近行ったライヴのこと


つってももう随分前のことですけど、FLAMIN’GROOVIES 観に行ってきました。

欝病の真っ只中でしたもんでこんな遠くからの写真しか撮ってませんけどね。
IMG_0654.jpg

あの曲やあの曲が生で聴けて嬉しかったです。

共演の FADEAWAYS もあいかわらず最高でしたし

FIRESTARTER も言うまでもなく最高でした!!  しびれました。
真.JPG

こんなこと言うのもなんですけど、私より FLAMIN' GROOVIES に思い入れがある方は山ほどいらっしゃいます。

つうわけでお絵描きコーナー。

シリルと SUPERSNAZZ のトモさん
907774_648769118473485_37852325_n.jpg

シリルと金沢からわざわざ観に来てたペイチャンネルのトクノくん。
197821_656951147655282_1843837674_n.jpg


あと、LITTLE ELVIS RYUTA & THE S.R.P vs Joe Alcohol & the Wonderful World の タイマンライヴを観に行ってきました。

395687_649408008409596_530104747_n.jpg

どちらも気合入ってて最高でした。ジョーさんのステージ、アンコールの 「ボーン・トゥ・ルーズ」 に RYUTA さんが参加したりしてレアなものが見れました。

RYUTA さんといえば、「GREASE UP MAGAZINE」 最新号でました!
PNK1304-108.jpg

JOE さんのインタビューも載ってますし、私もいろいろ書いてます! すごいおもしろいので読んでみてくださいな。


続きはまたあすにでも。
posted by TSUNEGLAM SAM at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

FLASHLIGHTS

遅くなりましたが、ふりかえります。

なんせ病人ですからね、いろいろ時間かかっちゃいます。




まずはこの日がデビューライブとなりました FLASHLIGHTS から。

私はリハと本番中モニターからしか観れてないんですけど、まぁ レオさんがやることに間違いなんかあるわけないと私は思ってますし、しかもこのメンバーですから絶対にかっこいいだろうと思ってお誘いさせていただきましたけど、やっぱりかっこよかったです!


とにかく見た目からしてカッコイイです。

私がインスタからかき集めてきた写真をどうぞ

378337_647498461933884_883687034_n.jpg

11683_647505255266538_1175612118_n.jpg

935093_647499861933744_681550515_n.jpg



いろいろ動画があがってますけど、この曲めちゃかっこいいです!  

velvets も velvets children のもろもろも感じさせてくれるようなバンドですね。


そういえば SE はパステルズでした。



これにはこのバンドの意思を感じました。



ずっと前の話ですが、レオさんが私にこんなふうに熱く語ってました

「オレンジジュースはパンクなんです。そして、パステルズはオンリーワンズの続きなんです!」 と。

FLASHLIGHTS はまさにこの言葉を体現するバンドではないでしょうか。


今回はその名のごとく閃光を放ち瞬く間にライヴが終わってしまいましたが、次回はじっくり拝見させていただきたいと思います。


おおいに期待してます!


出演してくださってありがとうございました。





今後に期待してます!!
posted by TSUNEGLAM SAM at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

土曜のライヴ。写真と動画。

すごく楽しかったです。ありがとうございました。

ライヴのことはまた書くとしまして、とりいそぎ、写真と動画。



人生初のカラーコンタクトに挑戦。ツネリン・サムソンです。
62170_625238177493246_1213980673_n.jpg

カラコンどころかコンタクト自体はじめてでした。超たいへんなのね。コンタクトしてる人、全員尊敬します。

メークもなんだかよくわかんないですけど、鳥みたいでいいかな。
480632_625320604151670_1438203778_n.jpg

FIFI さんが撮ってくれた ROCK で FUCK してる一枚。
734520_625312930819104_775714402_n.jpg

いわゆる猪木 アリ状態。
581928_625777017439362_59100425_n.jpg


新曲その1 Kevin Ayers に捧げました。「You can't shine If you don't burn」


新曲その2 「RED & BLACK」。できそうでできないシンプルなロックンロール。



そんでもってビックリカバーは FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD の RELAX!!  


ちょっと歌が走りすぎちゃったな。 またやります!


いつかサーチライト片手に!
posted by TSUNEGLAM SAM at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Live日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする