2010年06月03日

失われた名盤




失われた名盤、知られざる名盤 っていうと大袈裟だけど、いろいろありますよね。


ヤングパリジャン結成当初に私が目指したりお手本にした音楽の中にはそういうレコードが多々ふくまれております。


アンディ・セックスギャングのソロだったり、ジグジグ・スパトニックのマーティンのソロだったり

今やちゃんとCD 化されて一安心な JOBRIATH や CUDDLY TOYS とかもそうだけど、まぁいろいろあります。



そんな中で、昨日ひさしぶりに聴いてて、これはもっと評価されなきゃいけないなと思ったのがコレ。


写真.jpg

私のヒーローである、チャーミーさんのソロ。1992 年発売


一旦ラフィンが解散したのが 91 年だから、その翌年に待ってましたって感じでのリリース。

発売当時、あまりにも暗黒ムードなアルバムだったもんで POP なパンクロックを期待するラフィンファンには理解されなかったと思いますが、今ならばもっとわかる人がいるのじゃないかしら?

ジャケットをみていただいたらわかるように、SISTER OF MERCY の影響がかなり色濃い作品なんですけど、初めから終わりまでひたすらダークで美しい曲が詰まったアルバムです。


AA 時代のラフィンの曲 「LASTIN' MEMORY」 のアレンジを変えた曲も入っております。


ダークでどことなく気品のある感じがそれこそシスターズやミッションみたいで最高です。



とりいそぎゴシックファンには聴いてほしいし、そういう DJ の方にはその手のイベントで爆音でプレイしてほしいです。

カルトやビリーアイドルが好きな方に聴いてほしいヘビーでハイパーなナンバーもありますし、デジタルD−ビートなディスチャージ・インフルエンスな曲もあります。


ジャケもインナーの写真も全部かっこいい。


ともかく、私は、今のも昔のも日本のゴスとかポジパンって言われてるもののほとんどの歌い方が苦手なんですよ。まぁ、チャーミーさんは別にゴシックをやろうとしたわけじゃないんだろうけど、コレはほんと海外のそういうレコードを聴いてるのと同じ感覚で聴けます。





動画がないので代わりに SISTERS OF MERCY をはっておこう。


ロマンポルシェ。にも影響大。



この曲大好き。



カヴァーもいい。



posted by TSUNEGLAM SAM at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Gothik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

ROZZ WILLIAMS




ゆらゆら帝国のこと、先日の HILLBILLY BOPS のライヴのこと、新潟ライヴのこと、SMALL SPEAKER のこと、KILLED BY GLAM 2 のこと、新曲のこと、それから 「DOLL」 に許可をいただいたので、かつて私がやったインタビューの掲載などなどなど、いろいろ書きたいことが山ほどあって、一日一項目じゃあ間に合わないなぁ。




さて、命日マニアみたいで嫌なんですけど、4 月 1 日は CHRISTIAN DEATH のヴォカール ROZZ WILLIAMS の命日でした。

Christian_Death_Rozz_Williams.jpg

ROZZ 大好きなんですけど、あんまりここで触れる機会もなかったんで、彼の魅力について書いておこうかと・・・・・とか言って、いつものように YOUTUBE をぺたぺた貼るだけなんですけどね!


とにかく ROZZ はゴスとかポジパン、デスロックの文脈のみで片付けられるにはあまりにももったいない魅力的なシンガーなのです。


因みに ROZZ は少年時代は David Bowie, Roxy Music, T.Rex, Alice Cooper, Iggy Pop, そして New York Dolls のファンだったそうです。


だからいろいろカヴァーもやってるね。



Bowie のカヴァー



ROXY MUSIC のカヴァー。


意外にも 10cc のカヴァー。


最後に最高にスリリングな CHRISTIAN DEATH の代表曲。

この頃、ROZZ はまだ弱冠 16 歳だったとのこと。マジか!



暗闇を単なる暗闇としてしか認識してないと見えてこないものがあるな。

じっと目をこらし、耳を澄ましてると、ROZZ の歌や CHRISTIAN DEATH の音楽にはキラキラとした光がみえてくる。





posted by TSUNEGLAM SAM at 01:20| Comment(2) | TrackBack(1) | Gothik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

SPECIMEN



SPECIMEN の再結成ライヴ盤が出てるじゃないか! 

しらなかった!! ほしい!!


alive-at-the-batcave-maxi.jpg

しかもオリジナルメンバー!

一昨年に出たアルバムは残念ながらヴォーカルは OLLIE (ex UNWANTED) じゃなかったんだけど、このライヴ盤は彼らの主戦場である BATCAVE の 25周年とかで、OLLIE も参加しております!!



いまだにかっこいい!!
specimen-whitby-2848.jpg


あと、編集盤のアナログも出てた!!  
Specimen-Batcave_gr.jpg

こんなの出てたのぜんぜん知らなかったよ。誰かおしえてくれよ!



前にも書きましたが、
http://youngparisian.seesaa.net/article/58144149.html


YOUNG PARISIAN 結成当初は 70 年代ど真ん中のリアルグラムなんか出きっこないって思っておりましたから、CUDDLY TOYS を超お手本にし、あとはまぁ ADAM ANT とか ANDI SEX GANG、SIGUE SIGUE とかドクター&ザ・メディクスや POLE CATS とか GLAM の 80年代解釈みたいにしてやろうかな、なんて勝手に思っておりました。

そんな中で、この SPECIMEN もかなり意識したなぁ。

まぁ、あくまで個人的なんで他のメンバーに話したりはしてないんですけどね。




SPECIMEN は他のゴシック / ポジパン勢と比べると格段にポップで、グリッター感があるところが好きです。


久しぶりに SPECIMEN 熱があがってきたので検索したら、観たことない動画が増えてる!


この曲なんかサビが後期のマークボラン風ですねえ。



これも好き。



今となっては、結成当初よりバンドに余裕も出てきたんで SPECIMEN カヴァーに挑戦してみたいかも。やれそうな気がする。
posted by TSUNEGLAM SAM at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Gothik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

かかわりあったのかぁあああ



Stiv Bators の誕生日だってんで動画をみてたらこんなものがアップされてた!!

超びっくり!!


この Stiv Bators、あまりにも Stiv Bators 過ぎて本物かよ!っと疑ってしまうよ。



Jad Wio と繋がりあっただなんてしらなんだ。


何年か前に某ゴシックマスターに 「なんかグラムっぽいゴス / ポジパンはないですかい?」 っとたずねて教えていただいたのが、この フランスの “暗黒のグラマラス帝王” Jad Wio。


http://www.jadwio.com/
http://www.myspace.com/jadwio

そっからゆっくりじっくりねっとりレコードや CD を買い集めております。

ジャケがすげえかっこいいのよ!

ちょっと楠本まきの漫画っぽいけど……
jad%20wio%20-%20la%20monnaie%20vivante.bmp


ついでに Jad Wio の動画を。








13th のアレのカヴァー。壺の音を口で。


ロックンロールニガー



DAS IST L' HISTOIRE DIE LILITH VON SIRIUS

JAD WIO | MySpace動画
posted by TSUNEGLAM SAM at 20:27| Comment(0) | TrackBack(1) | Gothik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

31日の金曜日




† 13th Moon † を観に青い部屋へ。

45.jpg


ポルトガルのゴシック・フェスに出演するなど、その活躍っぷりは気になってはいたもののなかなかタイミングがあわず、随分久しぶりに拝見いたしました。すばらしくハラショーでした!

ゴシックだと言うから期待して観たり聴いたりしてみれば、インダストリアルだったり単なるヴィジュアル系だったりがほとんどの中、彼らはあの 80's のポジティヴパンク、デスロックの妖しげで呪術的な魅力を見事現代に蘇らせてくれます。
CHRISITIAN DEATH のあの最強ナンバー 『ROMEO'S DISTRESS』 のカヴァーが聴けるのも嬉しいな。パンクで言えば 『LEXICON DEVIL』 や 『NERVOUS BREAKDOWN』 くらいの殺傷能力の高いナンバーなんで、燃えます。


そんなわけでかなり楽しかったんですが、残念ながらしばらくライヴがないそうで……またすぐにでも観たいです。

Vo の †nAo12xu† 君と。
5013.JPG

†nAo12xu† 君と遊びにきてたケヴィンちゃん。
090801_050145.jpg



私は久しぶりに ALIEN SEX FIEND T-SHIRTS を着用。10 年くらい前 「一人ポジパン・リバイバル」 が巻き起こったことがありまして、「黒く塗れ」 ならぬ 「白く塗れ!」 を心のスローガンにしながら頭の中では蝙蝠が羽ばたきまくっておりました。そんなこんなで ALIEN SEX FIEND の T-SHIRTS をやたらいっぱい持ってます (あまり自慢にならない自慢)。

高校生の頃、「BLOOD ON THE CATS」 のビデオで観た時はどこがいいんだかさっぱりわかりませんでしたが、後にすごいはまってしまいました。



ALIEN SEX FIEND ってチャカポコしたダンスビートのイメージがあるでしょうけど 1st 以前の 「The Legendary Batcave Tapes」 って音源はもっと CRAMPS っぽい感じですごいカッコイイんですよ。しかも ALICE COOPER の 『SCHOOL'S OUT』 をやってまして、そのヤケクソな感じが最高です。
Alien_Sexthelegendary_batcavetapes.jpg

ALIEN SEX FIEND の代表曲であるこの曲 ↓ も


ALICE のこれのオマージュです。


ALIEN SEX FIEND は 86 年に ALICE COOPER のツアーのオープニングもつとめたようで、さぞかし嬉しかったことでしょう。


また、ALICE COOPER 以外にも彼らのカヴァーの選曲はおもしろく、PINK FLOYD の『Echoes』 や RED KRAYOLA の 『Hurricane Fighter Plane』、 JOHNNY CASH の 『I Walk the Line』、HAWKWIND の 『Silver Machine』 なんかをすごくかっこよくやってます。



さて、Vocal の Nik Fiend さんは ALIEN SEX FIEND 以前は DEMON PREACHER というパンクバンドをやっておりました。

http://www.punk77.co.uk/groups/demonpreacher.htm
http://www.boredteenagers.co.uk/DEMONPREACHER.htm

残念ながら私は 2nd シングルしかもってないんですけど、これがめちゃ欲しいです。


こっちが 2nd ですが、B面の DUB ヴァージョンがすでに ALIEN SEX FIEND の原型の感じがします。
DemonPreacher21.jpg
http://strangereaction.com/2007/05/20/demon-preacher-little-miss-perfect/


なお、DEMON PREACHER には、なんとあの RAZZLE が参加していたこともありました。(ギターは BABYSITTERS ?)
demon%20preacherlive.jpg


HANOI ROCKS と ALIEN SEX FIEND が一緒にやってたって、すげえな!
posted by TSUNEGLAM SAM at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Gothik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

7 Ways To Kill A Man



結成当初、いつかこの曲をカヴァーしよう!! っと心に誓ったものの いまだにやれてないままである

SEX GANG CHILDREN のヴォーカル、Andi Sex Gang のソロであるこの曲。プロデュースはかの Mick Ronson

PV もめちゃかっこいい !

大好きな SEX GANG CHILDREN のヴォーカルが T.REX 風の曲調のナンバーを、しかも M.Ronson プロデュースでやっているという事実は我々の口元を永久にゆるませ続ける



グラムとゴスの切っても切れない関係……


T.REX や Bowie をカヴァーした BAUHAUS を筆頭に、ALIEN SEX FIEND は Alice Cooper、JAD WIO は Rocky Horror Show のテーマ曲を。そして CHRISTIAN DEATH の Rozz Williama は ROXY MUSIC をカヴァーしている



……ってな具合にゴシックムーブメントってやつは “漆黒のグラムロック” であり、地続きだったりもするのです (上記のバンドを一括りにするのはたいへん危険なことではありますがね)


そんな中でもっともグラムロックへの愛情を惜しみなく直接的に表しているのが、Andi Sex Gang の上記の曲だと思う




話は変わるが、Andi Sex GangPiero Balleggi のユニット DIRTY ROSEANNE の 『GHOST OF TOMORROW』 というレコードを長年にわたってゆるりと探しているのだがなかなか出会えない。どなたかもし見つけたらご一報を


こんな感じです



また、この Piero Balleggi というピアニストがなかなかおもしろい御方で、元々は NEON という名のバンドに在籍し、「DARK AGE」 なんて曲をやるようなどっかで聞いたことのあるセンスのダークウェーヴァーだったのだが、Andi Sex Gang とのタッグ後の 80 年代後期からは、何故かすっかりパンピン・ピアノマンに変貌し、こんな風にブギウギピアノを叩いているのです → http://www.perrysboogie.com/



最近のゴシック事情はまったくわからぬ私ですが、グラムロックの血を引くようなバンドはいるのでしょうか? いたら聴いてみたいなぁ。私はグラムのルーツと末裔を、グラムの現在、過去、未来をすべてやるつもりでいますんでね

というわけで、敬愛する Andi についてやっと書いたので、そのうち JAD WIO について書くとしよう
posted by TSUNEGLAM SAM at 04:06| Comment(7) | TrackBack(0) | Gothik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

ハロウィン その3



昨夜は PADDY & FRIENDS で知り合った YUKINO さんのお誘いで、YUKINO さんが在籍する AUTO-MOD 主催のハロウィン・パーティー


tdc34.jpg



私は本日も仮装せず


でも、マスクは着用

マスクつってもタイガー〜とかマスカラスとかじゃなくて、鼻と口を覆うやつ


2日前くらいから風邪なんですよ


鼻水が滝のように流れてきて困ったもんで、仮装どころじゃないぜ

鼻水ってどっから出てくるんだろう? 鼻水が出ると思考が鈍ります。脳みそが溶けて液状になって流れてるんではなかろうか



そんなわけでマスクの中は凄いことになっており、一刻も早く鼻をかみたいところ
会場に着くなりトイレへ直行

ドアをガラッと勢いよく開けると……


ギャーーーー!!


っとは、声に出して叫びませんでしたが、ドアの向こうには、いきなり白塗りで血だらけ、包帯を頭に巻いた女の子が立っており、かなり驚きました


そうだ。今日はハロウィンパーティーだったよ


それから AUTO-MOD のステージを拝見。かなり久しぶり。
暗黒舞踏 (っていうのかな?) の人やソプラノヴォイスの女性なども参加し、妖しげなステージが繰り広げられておりました。YUKINO さん、カッコよかったです


あと、今日はスペシャルゲストでアメリカから CINEMA STRANGE が来日しております

Cinema-Strange.jpg

CINEMA STRANGE は現在欧米の Goth/Death Rock シーンで圧倒的な人気を誇るバンドなのです

私はあまり詳しく知らないのですが、アルバムは1枚持ってまして。
VIRGIN PRUNESSEX GANG CHILDREN を彷彿させるもんで気にいっておりました

CINEMA STRANGE のライヴは大変素晴らしく、特にヴォーカルの方には目を奪われました

Image001.jpg

少年にも老婆にも、悪魔にも天使にも見える表情  
CDで聴くよりも遥かに透き通り、夢見心地にさせられる声

素晴らしかったです


MARILYN MANSONNINE INCH NAILS みたいなへヴィーな音が主流な中にもこういうバンドがいて、嬉しいです



というわけで、仮装はせずとも楽しめたハロウィン・デイズでした
YUKINO さん ありがとうございました



昨日、某所にてずっと探してた本をやっと手に入れた。ありそでなかなかないもんです

softcell_bio.jpg


posted by TSUNEGLAM SAM at 12:51| Comment(4) | TrackBack(0) | Gothik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

SPECIMENの……新譜!




今宵は我々も以前に招いていただいた †lloy† のイベント 「IMMIGRANT HAUS」 に行ってきました。 DARKSIDE MIRRORS も出てまして、漆黒のアリス・イン・ワンダーランドってな感じの雰囲気でステキなイベントでした


ライヴ後、某 CD 屋に置かれてるフリーペーパーに我々のことがちょっと載っているらしいので取りにいったのですが、ついでになにか新譜は出てないかしら?っと思って物色開始

お、 SIOUXSIE SIOUX のソロ新譜発見! 試聴してみると、けっこーいいっす。買おうかな、どうしようかな、っと思ってたところ……その周囲に驚くべきブツを発見したのです。


なななななななななんと SPECIMEN の新譜じゃありませんか!!

SPECIMEN_0060.jpg




一時期、私は猛烈に80年代のポジパン/ゴスを聴きまくってたのですが、そんな中で最もお気に入りだったのが、この 「SPECIMEN」 でして
“ゴシック版ロッキーホラーショー” とも言えそうな毒々しきルックスも眩く、ついついトリコにされてしまいました


SPECIMEN_0014.jpg


曲は非常に POP ですし、どことなく GLITTER 感もあるとこもまたたまりません
YOUNG PARISIAN 結成当初に作成してメンバーに配った 「やりたい曲テープ」 にも SPECIMEN の 『BEAUTY OF POISON』 を入れてたくらいでして


さて、そんなわけで新譜です

cover-this-one.jpg

残念ながらヴォーカルの OLLIE (ex UNWANTED) はメンバーではないのですが(それどころかオリジナルメンバーはほとんど在籍しておりません)、2曲ほどゲスト的に参加しております


ダメじゃんソレって普通思いますね


しかーし、これがなかなかカッコイイのです。GLAM っぽさ、BOWIE っぽさもないことはないです



しかし、2007年にまさかSPECIMENの新譜を聴けるとは!
っていうか、SPECIMEN ってたしかシングルとミニアルバムしか出してなかったはず。ってことは……これ1stフルアルバムだよ!!
すげぇな、それも

というわけで YOUNG PARISIAN 結成時に CUDDLY TOYS と並んで、私が一人で勝手に脳内で目指していたバンド、SPECIMEN を是非聴いてみてくださいな



SPECIMEN MYSPACE
http://www.myspace.com/specimenbatcave

新生 SPECIMEN MYSPACE
http://www.myspace.com/specimenofficial


BEAUTY OF POISON


Kiss Kiss Bang Bang










posted by TSUNEGLAM SAM at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Gothik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする